下地美人TOP > 化粧下地

化粧下地の今更聞けない基本!人気のアイテムも紹介

化粧下地とは、肌の色ムラを隠してメイクの仕上がりをアップさせたり、化粧崩れを防止する効果のある化粧品です。

ベースメイクの一種ですが、ファンデーションやBBクリームなどのように肌に色を乗せて彩るアイテムではありません。

ですが、化粧下地を使うだけで、今のメイクをワンランクアップできます。

化粧下地は色の有無+3つの機能に分類できます。

ほとんど色のつかない化粧下地
(白、ベージュの水っぽいさらりとしたタイプ)

  • ・化粧崩れ防止効果(テカリ、皮脂、汗)
  • ・毛穴や凹凸を目立たなくする効果


薄く色がつく化粧下地
(ピンク、イエロー、オレンジ、ブルー、パープル、グリーンなど。クリームタイプが多い)

  • ・カラーにより、肌の色悩みを補正する効果
  • ・ブルーベース、イエローベースなど肌色による悩みに応えやすい

それぞれの化粧下地の機能についてとその特徴、これから化粧下地を使う方にもお勧めできる商品を紹介していきます。

化粧下地で広い年齢層に人気!崩れ防止や毛穴をカバー

メイクが汗や皮脂で崩れるのを防いだり、毛穴の凹凸を上手に隠してくれるタイプの化粧下地。

たいていの商品は色がほとんど付かないので、失敗も少なく簡単に使えます。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

化粧下地で一番人気のメイク崩れ防止機能

化粧下地と聞くと、テカリや皮脂防止の効果を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

以前は後ほど紹介するコントロールカラータイプが知られていましたが、SNSでバズってからは、一気に人気が出ました。

テカリや皮脂防止=化粧崩れ防止ということ。時間が経った時に皮脂が浮いてしまたり、皮脂によってメイクが落ちてしまうのを防いでくれます。

このタイプの化粧下地には、撥水効果や撥油効果がある成分が配合されているので、水や皮脂に強いという特徴があります。

化粧崩れ防止効果のある化粧下地に入っている成分

  • ジメチコン(撥水性)
  • シクロペンタシロキサン(撥水性)
  • パーフルオロヘキシルエトキシジメチコン(撥水性・撥油性)

こうした汗に強い撥水性や皮脂に強い撥油性を持った成分を、メーカーごとに種類や配合量を変えています。それにより、値段や効果が変わってきます。

原材料を見てみると、化粧崩れを防ぐ化粧下地の場合、プチプラの商品は配合されている崩れ防止効果のある成分の種類が少ない傾向がありました。

化粧崩れ防止効果で優秀、ランキングでも人気が高いのは、プリマヴィスタとマキアージュ。

どちらも崩れ防止成分がしっかりと配合されています。価格は3,000円ほどでちょっと高くに感じるかもしれませんが、どちらも2ヶ月以上持ちますので、実は結構お手頃な商品なんです。

プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地

プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止 化粧下地

本体価格 3,024円(税込)


崩れ知らずNo1!
皮脂吸着パウダー配合で、時間が経つと鼻や額まですぐテカテカになってしまう皮脂テカリが気になる人にお勧め。全顔ではなく、鼻だけに使うというように部分用の化粧下地に使う方も。

残念ポイント
初めてだとちょっと塗りにくい、アラサー女子は乾燥する!という声もあり。


マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV

マキアージュ スキンセンサーベースUV

本体価格 2,808円(税込)


つっぱらないサラサラ感が人気
皮脂が出やすい鼻などは夕方になるとちょっとテカリます。伸びの良さは秀逸で失敗なし。乾燥しにくい点も人気のポイントです。

残念ポイント
脂性肌(オイリー肌)で20代前半の女子はもうちょっとテカリ防止が欲しくなるかも。気づいた時にティッシュで軽く触れてオイルオフを。

時間が経過した時に出てくるテカリを抑える効果はプリマヴィスタがやっぱり優秀!

一方でマキアージュは顔全体に塗った時にもトラブルが少なく塗り伸ばしやすく、簡単に使える点が人気です。

どちらも初めて化粧下地を買う人でも失敗しにくく、また下地をプラスする効果を実感できる製品ですので、気になった方は是非試してみてください。

マキアージュは資生堂の公式サイトから1,000円でお試しできる限定セットを購入できます。

また、1,620円で下地+パウダーファンデーションの限定セットもあります。ファンデーションスポンジつきで、持ち運び用にも重宝しそうです。

資生堂公式サイトは送料も無料なので、おすすめです。

崩れ防止とウォータープルーフは違う?

ウォータープルーフは、撥水効果が特別高いものです。

ウォータープルーフ効果のある化粧下地もありますが、ウォータープルーフのファンデーションとは異なり上に塗ったメイクが落ちないようにする機能はありません。

塗らないよりは多少落ちにくくなりますが、海に入る時や絶対にメイクを落としたくないシーンにはウォータープルーフのコスメを選びましょう。

下地の他に日焼け止めを塗った方が良い?

断然塗った方が良いです。

化粧下地の紫外線を防ぐ効果は十分ではなく、また、塗りムラが起こるためです。

ただ、好みもあると思うので、厳密ではありません。外に出る日は日焼け止めを塗る、というように使い分けても良いでしょう。

ただ、首は日焼け止めを塗っておきましょう。焼けるのはもちろん、年齢とともにくすみがちなパーツです。

最近では飲む日焼け止めも出ているので、上手に組み合わせるのも良いでしょう。

最近、NHKの情報番組あさイチで、化粧下地の日焼け止め効果だけでは不十分だと紹介されていました。

ひと手間は面倒ですが、美肌のためには是非取り入れてほしいです。

化粧下地で毛穴や凹凸をカバーできる!

ポアカバーなどの化粧下地を使うと、気になる毛穴もカバーできます。

ポア=毛穴、なので、毛穴カバー専用だと商品名からもわかるものが多いです。

このタイプの化粧下地は、重みのない、ふわっとしたテクスチャで、塗り伸ばすとパウダーのようなさらさら感を感じられます。なかなか口で説明するのが難しい使用感です。

毛穴を隠すのは、ポリマーと呼ばれる粒子の効果です。

極小のポリマーが毛穴や小さいシワの間を埋め、一時的に肌の凸凹を隠してくれます。

また光拡散効果もあります。

光が当たると、毛穴などを目立たなくしてくれます。プリクラなどで強い光をあてると肌が綺麗に見えるのに似ているでしょうか。

ちなみに、ポリマーは毛穴を埋めるとはいえ、きちんとクレンジングをすれば、毛穴を塞ぐこともありません。優しくしっかりとメイクを落とし、十分に保湿もしてあげましょう。

この効果は化粧崩れに効果のある化粧下地にも配合されていて、プリマヴィスタやマキアージュにも同じ効果があります。

また、それ以外に、毛穴を埋める効果をメインにした化粧下地があります。

特に皮脂が多くて困っている方は、普段のメイクにプラスしてみてください。

塗る時は少量+薄めに
単品でメイクが終わるわけではなく、後でファンデーションなどを重ねるので、薄めに塗りましょう。

資生堂 リファイニング メーキャッププライマー

資生堂 リファイニング メーキャッププライマー

本体価格 4,104円(税込)

資生堂の商品らしく、乾燥しにくさが人気です。

多少テクスチャが重いので、全顔に塗るというよりは、毛穴の気になる部分を中心に使うのがおすすめです。

ツヤ肌というよりは、マット肌を作るのに向いています。

 

「プライマーって?」
プライマーは下地の意味を指す英語からきています。最近は色々な商品の名前に使われていますが、紹介したような下地だけではなく、ベースメイクの意味合いとして使用されているようです。

コスメデコルテ ラクチュール パーフェクト ポアカバー

コスメデコルテ ラクチュール パーフェクト ポアカバー

本体価格 2,916円(税込)

部分用下地として人気の商品。

ちょっと値段は上がりますが、少量で効果が出るのでコスパが良いです。

濃いシミなどを隠す効果はないので、あくまで毛穴やテカリ用として使ってみてください。

リンメル マジカル ポア ミニマイザー

リンメル マジカル ポア ミニマイザー

本体価格 1,296円(税込)

プチプラの割には毛穴が隠れると人気の商品です。

本当に毛穴に悩んでいて鏡を見るのも嫌、という方には物足りないかも。

小さい毛穴に悩んでいる方にはオススメです。

テカリが出ることもあるので、皮脂崩れ防止効果のある化粧下地を先に使うと良いでしょう。

 

メイク崩れ、毛穴隠し効果のある下地は肌質により注意
ほかの化粧下地と比べ、どうしても乾燥しやすい傾向があるのが、メイク崩れや毛穴を隠す効果のあるポリマー系の化粧下地です。
特にプリマヴィスタは乾燥するという口コミも多いので、敏感肌や乾燥肌の方は気をつけて使っていただきたいです。

化粧下地のコントロールカラーは難しくない!

色のつく化粧下地を使って、赤み、くすみ、クマ、といった色による肌の悩みを抑えられます。

化粧下地なので、単品で隠すというよりも、ファンデーションと組み合わせると、メイクが厚くなるのを防ぎながら、肌を綺麗に見せてくれます。

レッド、オレンジ、ピンク、イエロー、ブルー、グリーン、パープルといったように様々な色が各ブランドから出ています。

また最近では1本でコントロールカラーや皮脂防止、毛穴カバーといった様々な効果がある下地も出ています。

最近流行りなのは透明感アップできるパープルです。以前に比べ、コントロールカラーとしての下地も広まっている気がします。

それぞれのカラーの効果をご紹介します。

パープル、ブルー:透明感のある肌に

ピンク:自然な血色感を出したい時に

オレンジ:目の下の茶色いクマを隠したい時に

グリーン:肌の赤みが気になる方に

イエロー:肌がくすんできたなと感じる時に

気になるものを1本使うほか、悩みのパーツごとに使い分けることで美肌を演出できます。

特に年齢肌が気になってきた女性は、上手に使い分けをしたいですね。

最初に取り入れやすいのは、パープルやブルー、そしてピンクです。

隠すというよりはプラスするものですし、全顔に塗っても失敗しにくいです。

今回は流行りのパープルをご紹介します。

エリクシール エンリッチド プロテクター CB

エリクシール エンリッチド プロテクター CB

本体価格 4,104円(税込)

ベージュとパープルの2色展開から選べる化粧下地。ジメチコンも配合されているため、メイク崩れを防止する効果もあります。

少量でも色がつくので、薄めにつけるのがおすすめ。テクスチャが固めなので、指の腹全体で伸ばしてあげてください。

首が黒くて気になる時に薄く伸ばしてあげると、くすみが薄くなります。

RMKベーシック コントロールカラー

RMKベーシック コントロールカラー

本体価格 3,780円(税込)

@コスメでの評価は星5つと高め!

白くなりにくく、伸びやすい、そして透明感ももちろん出ると評価はかなり高め。

エリクシール同様、崩れ防止効果もあります。

カラーはシルバー、パープル、グリーン、コーラルの4色。どの色が1番合うか気になる方は、カウンターで試して選んでみてください。

濃いクマやシミもコントロールカラーの下地で隠せる?

濃い色はコンシーラーで隠して!

コントロールカラーはカバー力が高いわけではありません。

オレンジのコントロールカラーは茶クマに効果があるように、青みのあるくまもコンシーラーがオススメです。

またスキンケアでしっかり保湿するだけでも隠れやすくなります。

コントロールカラーの化粧下地とCCクリームは何が違う?

自分の肌にあったCCクリームを選ぶことが一番ですね。

実際の使用感としてはそれほど変わりませんが、一般的にCCクリームはファンデーションを兼ねている商品になります。

これ1本で!というキャッチコピーを聞いたことがあると思います。

ただ、どちらじゃないとだめ、というものではなく、自分が使いやすい商品であれば、化粧下地でも、CCクリームでも良いと思いますし、上手に組み合わせるのも良いでしょう。

化粧下地を使う順番をおさらい

化粧下地は基本的にスキンケアの後になります。

できれば、化粧下地の前に日焼け止めを塗っておくと、シミや肌荒れ防止になります。ひと手間かかりますが、将来的に絶対プラスになります。

そのあと、化粧下地を5点置きします。

皮脂が出やすい場所や、肌悩みのある部分に気持ち多めに乗せてあげると良いでしょう。

コントロールカラーの場合は、頬と額が気持ち多めがおすすめです。

そのあと優しく、手早く顔全体に伸ばします。

注意点は何度も顔をこすらないこと。また強くこするのも厳禁です。

塗ってから手の甲で肌に触れてみてべたっとしなければ次のメイクに移りましょう。
もしベタつきがある場合はティッシュオフしても大丈夫。

こすらずにティッシュを軽く乗せてはがすと、不要な水分だけがとれます。

乗せるメイクもあまり力を込めすぎないようにしましょう。肌にもよくありませんし、赤みが出たり、綺麗にのりにくくなります。

もし化粧下地を使うのが初めてであれば、時間がある時に1度だけ練習すると良いでしょう。

化粧下地に関するQ&A

アラサーから40代におすすめの化粧下地はどれ?

化粧下地は何の効果を求めているかによってオススメは大きく変わります。

ただまだ自覚の薄い20代後半〜年齢肌が気になり始める女性は、やはり保湿に注目してほしいです。

肌がしっとり潤いのある質感になります。またツヤ感や立体感も出しやすくなります。

つけた瞬間だけよくても、時間が経って顔がつっぱったりする化粧下地は、素肌に負担をかけています。

素肌に負担がかかれば、皮脂が出やすくなったり、乾燥が進んだり、くすみの原因になったりします。

絶対にしっかり保湿をしている!という自信がある人以外は、プチプラは避けた方が無難です。

保湿力の高い美容成分は高価なので、プチプラの化粧下地にたっぷり配合されていることは少ないです。

下地美人のスタッフとしては、プリマヴィスタよりはやはりマキアージュがおすすめ。

プラスして、エリクシールのようなコントロールカラー系のしっとりとしたクリームタイプの化粧下地を乗せてある程度下地で補正をして、載せるファンデーションなどを控えめにすると、メイクも楽だし、崩れにくくさも増し、乾燥もしにくくなりますよ。

BBクリームやCCクリームで化粧下地の代用ってできるの?

自分の肌にあったCCクリームを選ぶことが一番ですね。

肌色の補正という点では商品によっては代用できます。1本で済むのはやはりオールインワンタイプのBBやCCクリームです。

ただ、メイクのキープ力を期待するなら、やはり化粧下地がおすすめ。キープ力に特化しているので、化粧もちが全然違います。

もちろん、お手持ちのBBやCCで十分に満足している場合はプラスしなくても大丈夫です。

ただし、UVケア機能がないアイテムを使う場合は、将来のお肌のために、必ず日焼け止めか下地を塗ってほしいです。

化粧下地で毛穴をカバー!今買うべきおすすめ毛穴レス下地ランキング
2018.09.11
化粧下地で日焼け止め効果はある?化粧崩れを防ぐ正しい順番は?
2018.09.11
敏感肌は化粧下地の使用がおすすめ!肌荒れしない厳選アイテム紹介
2018.09.11
ちふれの化粧下地、アリかナシか徹底検証!最も優秀なのはどれ?
2018.09.11
化粧下地で乾燥肌の悩みに応えるアイテムを選ぶ!保湿成分は必要?
2018.09.11
おすすめの化粧下地を紹介!1度使ったら手放せない人気化粧下地からプチプラ、30代・40代向けまで…
2018.09.11
化粧下地の口コミで人気の商品は本当に買いなのか、徹底調査してみた!
2018.09.11
化粧下地の塗り方が1日の肌を決める!
2018.09.11
123