下地美人TOP > 化粧下地 > プリマヴィスタとマキアージュの下地を徹底比較!乾燥肌にも使えるの?

プリマヴィスタとマキアージュの下地を徹底比較!乾燥肌にも使えるの?

2019.11.22

汗や皮脂でお化粧がドロドロに!そんなピンチを救ってくれるのが皮脂崩れ防止下地です。

口コミナンバーワンのロングセラー商品のプリマヴィスタ、スーパーヒアルロン酸などの美容成分入りで塗りながらスキンケアできるというマキアージュ

プリマとマキアージュはドラッグストアでも購入でき、同じような値段設定なので、いざ購入しようと思うとどちらにしようか迷ってしまう方も多いはず。

そこで、最新の口コミを調査し、それぞれの特徴や肌質別のおすすめ、崩れないメイク方法までを徹底的にレクチャーいたします!

化粧崩れが気になる方、どちらを購入しようか迷っている方は是非参考にしてくださいね!

プリマヴィスタとマキアージュの基本情報

ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地

  • 価格2,800円(税抜)
  • 容量25ml
  • UVカット率SPF20・PA++

マキアージュ ドラマティックスキンセンサー ベース UV

  • 価格2,600円(税抜)
  • 容量25ml
  • UVカット率SPF25・PA+++

プリマヴィスタとマキアージュは同容量。
価格はマキアージュが200円ほど安く、UVカット率も1歩リードです。

マキアージュをお得に試したい人に朗報!

現在、資生堂通販サイトWatashi+では、数量限定でドラマティックスキンセンサーベースミニサイズを880円で購入できちゃうんです!

1,000円以下でマキアージュの下地を試せちゃうまたとないチャンス!

ドラマティックスキンセンサーベースのミニサイズはいつのすぐに売り切れてしまうので、気になる人は今すぐチェックしてくださいね!

プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地の口コミ

ずっとリピートしています。リニューアル前より乾燥しにくくなりました。

気温が高い日でも夕方までテカりません。さらっとしたつけ心地が最高です。

ドラマティックスキンセンサー ベース UVの口コミ

崩れないのにツヤ肌。混合肌の強い味方です。

プリマよりは崩れやすいですが、キレイに崩れて乾燥しません。

プリマvsマキアージュ比較対決!
より崩れないメイクを作るには?

メーカーの推奨使用量は、プリマもマキアージュも約1.5センチの円形で顔全体分ですが、こちらはUV機能を守るための量です。
この量だとちょっとファンデがつきすぎて、厚塗りになってしまいます。

メイクがキレイに仕上がる下地美人のおすすめ量はパール1粒(約1センチ)で十分。
部分塗りする場合は、少量ずつ伸ばしてベストな量を見つけてみてください。

夏はさっぱりとした使用感のオールインワンゲルやジェルタイプの日焼け止めを使用する方が多いと思いますが、ジェルタイプの化粧品にはカルボマーが配合されていることが多く、使用後すぐに下地を重ねると消しゴムのカスのようなモロモロが出てしまいます。

スキンケアが肌になじむまで時間をおくか、ティッシュオフしてから下地を塗りましょう。

化粧崩れをなくすには、いかに化粧品を肌に密着させるかがポイントです。

スポンジを濡らしてかたくしぼり、下地を塗った段階でスポンジに圧をかけ、ずらさないように密着させてください。

リキッドを重ねた後も同様に行いましょう。
使用したスポンジは洗って清潔にしてくださいね!

メイク中も汗をかいてしまうという方は、首筋に冷たいタオルをかけてメイクしてください。
太い血管を冷やすと一時的に毛穴が収縮するので皮脂がでにくくなります。

プリマヴィスタとマキアージュ
使いやすい使用感で薄付きの下地

プリマもマキアージュ両方とも水に強く、肌に密着してくれる二層式タイプ。
カチャカチャと音が鳴るまで振ってから使用します。

写真の上がプリマ、下がマキアージュです。
両方とも薄めのベージュ色ですが、プリマのほうがオレンジがかったベージュ色。
マキアージュはピンクがかったベージュ色です。

赤みの強いブルーベース色白スタッフの手の甲に塗り伸ばしてみました。

左側がプリマ、右側がマキアージュです。
どちらも乳液のようなテクスチャー。

普段は無香料のコスメを使用しているため、どちらも日焼け止め独特のにおいと、アルコールのつんとしたにおいが気になりました。

よりアルコールのにおいが強いのはプリマです。

伸ばしてみるとアルコールが揮発したのか、どちらもすぐににおいが気になりなくなりました。

カメラのピントをあわせているほんの数秒間にマキアージュは、少しとろみのある化粧水のように垂れてきました。

特別に塗りにくいわけではないのですが、手早く塗り広げる必要があります。

メイク初心者さんは推奨使用量の1.5センチの円形を手のひら全体に伸ばしてから、肌を抑えつけるようにプッシュして塗るのがおすすめ。

手のしわに入り込んだ分、下地美人おすすめの使用量になり、ムラなく薄づきに仕上がります。

伸ばしてみると、マキアージュよりプリマのほうが油分が多いのか、するすると伸びて均一に肌に伸ばせます。 コツがいらないので、メイク初心者さんや部分別に使いたい場合に便利です。

どちらも塗った瞬間は強い被膜感を感じましたが、伸ばし終わった直後にはサラサラの仕上がりに!
ヨレにくくファンデとの相性を選びません。

下地を塗った段階ではどちらも同じような感覚で、塗りながらスキンケアができるというマキアージュがとくに保湿されるとは感じませんでした。

どちらともニキビやしみ、毛穴の凸凹や色ムラを隠すほどのカバー力はありません。
強いていうと、プリマのほうがほんの少しだけ色が濃いめなので、小鼻周りの薄い赤み程度の色ムラならカバーできるでしょう。

トラブルをしっかり隠したいときは、カバー力の強いリキッドファンデやコンシーラーとの組み合わせがおすすめです。

どちらもセミマットタイプの下地で、伸ばすと透明になるので、どのパーソナルカラーの方も問題なく使用できます。

わずかにトーンアップしてくれ、触り心地がさらっとしているのに適度なツヤが出てうるうるして見えます。

ほんのわずかな差ですが、マットよりなのがプリマ、ツヤよりがマキアージュといった印象です。

肌の色みを隠しすぎず、良い意味でお化粧の邪魔をしない薄づき。
どちらも見た目はどちらも甲乙つけがたいほど優秀です!

プリマヴィスタとマキアージュはウォータープルーフ?水に強いのはどっち?

梅雨シーズンで雨に濡れてしまったとき、ウォーターレジャーに耐えることができるのかを実験してみました。

トレーの上に下地を広げ、その上にスポイトで2滴水をたらしました。
水滴が下地の上にのっているのが分かります。
両方とも水を見事にはじいてくれました!

放置して10分後の写真がこちらです。
ここで変化があらわれました。

マキアージュは水滴が残ったまま、プリマは水滴を吸収して、水滴を乗せた部分の色がほんの少し薄くなりました。

湿度による皮脂の分泌量や環境にもよりますが、下地だけでいうと水により強いのはマキアージュ!

水もはじいてしまうので、お化粧なおしでスプレータイプの化粧水で保湿するという場合はプリマを選んだほうが良いでしょう。

梅雨の時期やプール、海などでのメイクは、マキアージュがおすすめです♡

プリマヴィスタとマキアージュ 
毛穴落ちしないのはどっち?

皮脂に強いか、毛穴落ちしないかを試すために脂性肌のモデルさんに協力していただきました。

とにかく暑がり、汗っかき!
顔のテカりが年中気になるとのことです。

今回は特に気になる鼻周辺の化粧崩れをチェック!
肌トーンは、イエローベースの標準色。
皮膚が分厚く、角質や毛穴落ちにお悩みとのこと。
すっぴん時の写真を撮影させていただきました。

写真の左側にプリマ、右側にマキアージュの下地をパール1粒ほどそれぞれ塗り広げました。

下地のみのお写真がこちら。
同じ条件で撮影したにもかかわらず、どちらも毛穴の存在を忘れさせるほどつるんとした仕上がりに。

小鼻まわりの赤みとほくろも目立たなくなり、きれいにトーンアップしてくれました。
標準色の方はここまで白くなるのかとちょっとびっくりしましたが、時間がたつと自然になじんできました。

下地を塗った後、肉眼で見たときはどちらも大差ないと思ったのですが、撮影した画像を拡大してみると写真の右側、マキアージュのほうが小鼻周りの赤みと皮脂の白いブツブツが目立ち、カバー力が弱い様子。
仕上がり度はプリマのほうが1歩リードです。

この後、カバー力がほとんどない保湿重視のリキッドを重ね、透明パウダーをブラシでさっと重ねた写真がこちらです。

飲食店勤務の方なので、室内で配膳をしたり料理を作ったりと常に動いていて、メイクなおしもする暇がないとのこと。

汗もかいて顔全体がヌルヌルして気持ち悪いので、仕事が終わったらすぐにクレンジングと洗顔をするそうです。

せっかくなので、崩れ方を見せてもらいたいので、いつも通りメイクなおしはなしでようお願いしました。

メイクしてから10時間後がこちら。
いつもより肌ベタつかずさらっとしていると好評でした。

お化粧の崩れにくさはプリマのほうが優秀!
マキアージュもなかなか優秀ですが、小鼻脇の角栓から皮脂が出てしまい、左側のプリマより目立ちました。

仕上がりの様子からは脂性肌の方にはプリマがおすすめです!

プリマとマキアージュを使った脂性肌の様子は…?

脂性肌の友人に、プリマとマキアージュの下地を使ったときのお肌の水分測定もお願いしました。
脂性肌なので、いつも肌が脂っぽいと思っていて、乾燥を感じたことがないそう。
プリマもマキアージュも両方さらさら状態が続いて使い心地が良かったとのコメントでした。

洗顔後、スキンケアして15分たったときのお肌の状態は、ご本人の予想通り水分・油分ともに多めの状態。

メイクアップして10時間後に、頬の一番高い部分をふき取って計測させてもらいました。
水分量はどちらの下地も同じでしたが、皮脂量の変化が現れました。
皮脂量はプリマが3ランクダウン、マキアージュがすっぴん時より2ランクダウンしました。

肌の油分をより少なくするのがプリマ、油分をある程度残してくれるのがマキアージュという結果でした。

皮脂崩れ防止下地を使用して乾燥したことがあるという方は、マキアージュを試してみる価値がありそうです!

プリマとマキアージュの下地は乾燥肌や敏感肌でも使える?

皮脂崩れ防止下地は乾燥するという口コミが多く、乾燥肌や敏感肌の方は使用を戸惑ってしまうと思います。

ということで、乾燥肌と敏感肌のスタッフが実際に使用してみました!

使用日は初夏。昼間は蒸し暑いのに夜になると寒いという寒暖差の激しい季節です。

乾燥肌スタッフがプリマを使用してみた!

乾燥肌の下地美人スタッフがプリマを使ってみたところ、とくに乾燥を感じませんでした!

スキンケアはメディプラスゲルを使用。
メディプラスゲルのセラミドがお肌の潤いを守る働きをしてくれたのではないかと予想できます。

乾燥肌がベースにあり、Tゾーンだけテカるという方は、美容成分が豊富な化粧水やオールインワンゲル、または美容液でお肌の水分量を増やすことが大切。

ストレスや自律神経の乱れによって皮脂崩れしてしまうこともあるので、睡眠をしっかりとり、クーラー冷えしないように寒さ対策をすることも大切です。

乾燥肌を含む混合肌のお手入れのコツは、皮脂をとるケアを頑張りすぎないこと。
スクラブ入りの洗顔や洗浄力が高いクレンジングの使用を控えましょう。

メイク直しのときは、あぶらとり紙ではなくティッシュオフすると、適度な油分が残るので肌が乾燥したと勘違いして余分な皮脂を出すのをストップさせてくれます。

スキンケアをしっかり行えば、その日のお肌の状態や過ごす環境によって乾燥肌の方も使用できると考えられます。

敏感肌スタッフがプリマとマキアージュを使用してみた!

敏感肌の場合、プリマの下地を使用したほうが乾燥と肌のごわつき感じ、を感じました。

マキアージュは保湿機能もある皮脂崩れ防止下地ということでもっと潤いを感じるのかと期待していましたが、保湿系の下地ほどの潤いを感じられないものの、プリマより目元や口元のつっぱりは少なく、皮脂崩れ防止系の下地としては乾燥が少なめの商品です。

アトピー性皮膚炎や敏感肌の方の日常使いには強くおすすめできませんが、どうしても崩したくない!という日には、化粧水や美容液の量をいつもより増やしたり、二度づけしてしっかり水分をチャージしてあげるか、お化粧前にパックシートを使用するなどスキンケアで保湿対策をしっかり行いましょう。

敏感肌で肌に赤みがあり皮脂が出るという方は、炎症によって皮膚のバリア機能が弱くなってしまっています。

角質層の乱れにより、肌の水分がすぐに蒸発してしまい、肌自らが保湿が必要と皮脂を出そうと頑張っている状態です。

そんなときは、無理やりに皮脂を抑え込まずに、スキンケアに重点を置くか、ベースに保湿下地をしこんでから、部分的に少量マキアージュを使用するのがおすすめです。

皮膚のバリア機能をなるべく早く回復させるためは、洗浄力の強いクレンジングを毎日使用しないことや成分構成がシンプルな化粧水やクリームで保護してあげるなど、一時のケアではなく気長に肌本来の力が出せるように応援してあげる姿勢が大切です。

マキアージュでも乾燥してしまう、成分が肌に合わないような気がするという敏感肌さんにおすすめなのはセザンヌの皮脂テカリ防止下地です。

こちらはコントロールカラー機能つきで仕上がりの好みが分かれると思いますが、成分的にはプリマやマキアージュよりお肌に負担が少ないシンプル設計になっています。

乾燥肌さんで顔全体の皮脂崩れを防止したい時や、敏感肌さんの部分使いにおすすめです。

皮脂崩れ防止下地はクレンジングで落ちないの?ニキビができるってホント?

水や皮脂にも強い皮脂崩れ防止下地は、その分クレンジングで落としきれるのか不安が残ります。

皮脂が毛穴に残ると、毛穴づまりによるニキビが大量にできてしまったり、皮膚のターンオーバーが乱れてしまうことも。

余分に出過ぎた皮脂を放置しておくと、皮脂が酸化してしまい、くすみやシミのトラブルになってしまうことも。
きちんとメイクオフするのが美肌への近道です。

ということで、クレンジングで落とせるか実験してみました。

上がプリマ、下がマキアージュです。
分かりやすいように、多めにトレーに伸ばしました。

油分が多い構造なので、クリームやミルクタイプのクレンジングでは落ちないと予想し、エステル系オイルクレンジングを選びました。

エステル系オイルは、洗浄力が高めですが肌に負担のかかりにくいタイプ。
敏感肌スタッフが濃いめのメイクのときに使用している私物です。
ラメ入りのシャドウやクリームファンデは簡単に落ちてくれます。

全体にオイルクレンジングを1プッシュたらし、3分経過した写真がこちらです。

水道水で洗い流した状態がこちらです。
摩擦は家庭用のシャワーによる水圧で10秒間流した状態です。

エステル系オイルクレンジングがはじかれてしまいました。

水にも油にも強く日中の化粧崩れを守ってくれる分、落とすのも大変ということが分かりました。

マキアージュのほうがやや落としやすいかなという印象ですが大差はありません。

クレンジングによる肌の負担は思ったよりも大きく、そのときの肌の状態や使用した化粧品との相性でクレンジングの洗浄力を強めたり弱めたりして使い分けるのが賢い選択です!

プリマとマキアージュの皮脂崩れ防止下地の場合は、しっかり落としてくれて保湿もしてくれる油脂系オイルか目元専用のリムーバーを使用し、夜はしっかり保湿をしてあげましょう。

プリマvsマキアージュ 
成分と肌タイプから見る使い分けを解説

どちらにも皮脂崩れ防止下地によく使用されるトリフルオロアルキルジメチルトリメチルシロキシケイ酸が配合されています。
こちらはシリコーンとフッ素加工を施した樹脂をあわせた成分になります。

この成分の特徴をイメージ化すると、水や油をはじいてくれるテフロン加工のフライパンのようなもの。
被膜力がとても高い半面、汗や皮脂を出しにくくしてくれ、化粧崩れやテカりを抑えてくれます。

成分表を見たところ、プリマのほうがフッ素変性シリコーンが多く配合されていました。

プリマは皮脂崩れ防止としては大変優秀ですが、先述の実験でも分かった通り、洗浄力の強いクレンジングが必要です。

プリマは脂性肌の方や屋外に出る時間が多いときに、マキアージュは混合肌の方や室内にいることが多い方におすすめです。

仕上がりが良い分、毎日使用したいところですが、紫外線吸収剤とエタノールが多く配合されているため、時間が経つと肌に必要な水分も蒸発させ乾燥を招いてしまうことも。

乾燥が気になる場合は、事前のスキンケアをしっかりと行った上で、顔全体に塗るのではなく、皮脂分泌量が多いTゾーンや口周りとあごをつなぐOゾーンがテカる方の部分使いが良いでしょう。

プリマvsマキアージュ 皮脂崩れ防止下地を辛口採点!

化粧崩れの原因は大きく分けて2つ。
皮脂の過剰分泌によるタイプと、乾燥によって余計に肌が油分を出そうとするタイプです。
自分がどちらのタイプか簡単な見分け方をお伝えします。

皮脂崩れ:脂性肌タイプ
小鼻周りのパウダーが浮いてくる、顔全体がテカる、毛穴落ちしやすい、外出や動いていることが多い


乾燥崩れ:混合肌タイプ
小鼻周りのパウダーがムラになる、頬は乾燥するのにTゾーンはテカる、冷房がかかっている室内で過ごすことが多い

乾燥による化粧崩れの場合は、スキンケアをしっかり行い、保湿系下地と皮脂崩れ防止下地を部分使いすることによって解決できます。

お肌の状態は刻一刻変化するもの。
女性の体はとても敏感で、生理前の黄体期に油分が出やすくなります。

脂性肌の方も皮脂崩れ防止下地を使用した後は保湿ケアをしっかりと行いましょう。

その日のスケジュールや環境、体調によって上手に下地を使い分けるとメイクの仕上がりやお肌の調子がアップします!

肌質やファンデとの相性も考えてそれぞれ優先したい項目を参考にしてくださいね!

プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地

  • 皮脂耐性力★★★★★
  • 水分耐性力★★★☆☆
  • 保湿力☆☆☆☆☆
  • UV★★★☆☆
  • 使いやすさ★★★★★
  • コスパ★★★☆☆
19点/30点

マキアージュ
ドラマティックスキンセンサーベース UV

  • 皮脂耐性力★★★★☆
  • 水分耐性力★★★★★
  • 保湿力★★★★☆
  • UV★★★★☆
  • 使いやすさ★★★★☆
  • コスパ★★★★☆
25点/30点

下地美人独自の視点で点数化してみました。

30点満点中、UVと保湿力、コスパで6点差でマキアージュがリードしました。

脂性肌の方は皮脂崩れに強いプリマがおすすめ!
スキンケアは夜を重点的に行うと、UV機能つきのファンデやパウダーを重ね、マキアージュの保湿力とUV機能に近づけます。

乾燥肌や混合肌の方はマキアージュがおすすめです。
乾燥と皮脂崩れのお悩みを同時に解決してくれるので、テカりが気になる部分のみ使用し、かさつきやすい頬や目元・口元は保湿下地を使用すると一日中乾燥せずに快適な肌状態を保てます。

数量限定!ドラマティックスキンセンサーベースをミニサイズでお試しできる!

この記事を読んでマキアージュが気になった人に朗報です♡
現在、ドラマティックスキンセンサーベースミニサイズが数量限定・880円で購入できちゃうんです!

ミニサイズはいつも人気で売り切れやすいので、気になる人は今すぐチェックしてくださいね!