下地美人TOP > クレンジング

正しいクレンジングは美肌の土台に繋がる!おすすめクレンジング

なんとなくクレンジングを選び使ってしまうと乾燥や敏感肌など、肌トラブルの原因となってしまうことも。

クレンジングは種類ごとの特徴や使い方を正しく理解することで、自分が思い描く理想の美肌へ近づくことができます。

クレンジングを上手に使い、メイク映えのするキメのある美肌を目指してスキンケアを楽しみましょう!

クレンジングの種類と特徴

自分に合ったクレンジングを選びには、それぞれのクレンジングの特徴を理解することから始まります。

クレンジングには種類は大きく6つ。

  • オイルクレンジング
  • クリームクレンジング
  • ミルククレンジング
  • ジェルクレンジング
  • リキッドクレンジング
  • シートタイプ

クレンジングごとにどんな違いがあるのか、まずは簡単に紹介しますね。

クレンジングの種類と特徴を比較してみた

クレンジングの種類によって洗浄力の高さや、肌への優しさが違います。

各クレンジングの特徴をざっとまとめてみました。

クレンジングの種類比較表

ほとんどのクレンジングは油汚れであるメイクを落とすために、洗浄力が高い界面活性剤を使用しています。

そのため乾燥肌の人が洗浄力の高いクレンジングを選ぶと、乾燥をひきおこします。

逆に、敏感肌用のクレンジングを、ばっちりメイクの人が使うと、メイクをきちんと落としきれず、肌荒れの原因になることも。

クレンジングを選ぶ時は、自分がどんな肌で日頃どんなメイクなのかを把握してから購入しましょう。

表だけでは分かりにくいと思いますので、クレンジングごとに詳しく解説していきます。

 

知っておきたいマメ知識
クレンジングに含まれる界面活性剤ってなに?

界面活性剤は化粧の汚れ「油」と、それを流すための「水」を混ぜるために入れられる成分です。

各クレンジングにはそれぞれその種類に適した界面活性剤が配合されています。

オイルやクリームなどのオイルベースの場合、オイル同士でよく混ざり合う性質を利用してメイクを落としていきます。

メイク汚れそのものを浮かす役割は主成分の油分であり界面活性剤は洗浄用のものではなく水に流れやすくするためのものを配合しています。

それに対してリキッドやミルクの場合、「水」に油を溶かす性質はないため、メイクの洗浄はすべて界面活性剤の力でおこなう必要があります。

リキッドやミルクタイプのクレンジングにはメイクの洗浄に特化した洗浄用の界面活性剤が主に配合されています。

オイルクレンジングは洗浄力NO.1!

オイルクレンジングは洗浄力が強く素早くメイクを落とすのが特徴。

ウォータープルーフのマスカラや日焼け止めもスルリと落としてくれます。
その分、肌への刺激も強いので肌が敏感な方や乾燥肌の方にはかなり負担になってしまうので注意が必要です。

<こんな人がよく使っているクレンジング>


  • リキッドファンデーションや重ね塗りのがっつりフルメイクをしている。
  • ウォータープルーフのコスメ、日焼け止めを使っている。
  • 毎日忙しく短時間でメイクを落としたいと思っている。

ファンケル マイルドクレンジングオイル

※画像は120mLの商品です

オイルクレンジングで評判の
ファンケル マイルドクレンジングオイル

  • 容量60mL 120mL
  • 価格1,058円(税込) 1,836円(税込)

どんなメイクでもこすらずするんとオフしてくれる「マイルドクレンジングオイル」。
石油系界面活性剤不使用、防腐剤不使用。

オイルクレンジングの中では肌への負担が少ない処方でありながら、メイクはもちろん毛穴の汚れや黒ずみまでスッキリできるクレンジングです。

通販限定で、60mLのトライアルボトルを初回限定500円(税込)でお試しできます。

クリームクレンジングは潤いをキープ、肌にも優しい !

その名の通りクリーム状で、オイル成分のほかに水や保湿成分が配合されており、こっくりとしたテクスチャが特徴で、洗い流すタイプと拭き取りタイプの2種類あります。(両用もある)

オイルタイプよりメイクと馴染ませるのに時間がかかりますが、肌への摩擦も軽減されしっとりとした洗い上がりです。

<こんな人がよく使っているクレンジング>


  • 乾燥肌、敏感肌で悩んでいる。
  • クレンジングにゆっくり時間をかけられる人。

トリロジー クレンジングクリーム

使い心地と保湿力を重視したいなら
トリロジー クレンジングクリーム

  • 容量200ml
  • 価格4,968円

ローズヒップオイルを贅沢に使った、抗酸化作用に優れたアイテムが特徴のオーガニックコスメブランド「トリロジー」。

トリロジーのクレンジングクリームは、オーガニック認定を受けたローズヒップオイルを贅沢に10mlも配合。

メイクを落としながら保湿し柔らかい肌へ導きます。

ダブル洗顔不要なので、ダブル洗顔が苦手という方におすすめです。
また、押すとクリームが出てくるポンプタイプなので衛生的にも◎

ミルククレンジングは薄めのメイクに向いてる

ミルククレンジングは乳液タイプで水分と油分がバランスよく配合されたクレンジングで、クレンジングのベタベタ感もなくってさっぱりとした仕上がりが特徴。

オイルクレンジングのように洗浄力は高くないので薄めのメイクに向いています。

また、ミルククレンジングは界面活性剤の配合が最も少なく、肌に優しい低刺激性のものが多いので敏感肌の人でも使いやすいと評判です。

<こんな人がよく使っているクレンジング>


  • ほとんどベースメイクだけの薄化粧の方
  • 乾燥肌、敏感肌の方

カバーマークのミルククレンジング

リピーターが多い
カバーマーク トリートメント クレンジング ミルク

  • 容量200g
  • 価格3,240円

カバーマークのミルククレンジングは、美容液成分を89%も配合し、保湿力も抜群。

数あるミルクの中でもクレンジング力があり、洗い上がりの肌はしっとりすると評判のクレンジングです。

また、まつげエクステをしている方でも使えるのと、塗れた手でも使うことができます。

べたつきが苦手であればジェルクレンジング

さっぱりとした仕上がりでみずみずしいテクスチャが特徴です。

ジェルクレンジングは水性ジェル・油性ジェルなどの違いがあり、種類によって洗浄力は変わってきます。

水性クレンジングジェル(オイルフリー)
油分を一切配合しておらず、洗浄成分として界面活性剤が多めに配合されています。
洗浄力は弱めですが乾燥しやすいことから、乾燥肌や敏感肌の人にはおすすめとは言えません。
マツエク専用のクレンジングと考えておいても良いでしょう。

水性クレンジングジェル(オイルイン)
界面活性剤と少量の油分で、さっぱりとした洗い上がりが特徴です。
一般的にクレンジングジェルはほとんどがこのタイプです。

油性クレンジングジェル / オイルジェル
クリームクレンジングやオイルクレンジングをジェル状にしたクレンジングです。
肌に負担をかける界面活性剤を多く配合したものもあるので、サンプルなどで1度試してみてから購入するのをおすすめします。

マナラ ホットクレンジングゲル

最近注目されているのがホットクレンジングジェル!
マナラ ホットクレンジングゲル

  • 容量200g
  • 価格4,140円

マナラ ホットクレンジングゲルは発熱作用によって肌を温めながらメイクを落とすクレンジングです。
毛穴、ニキビ、疲労回復などの効果が期待できることから高評価となっています。

新商品のメディプラスクレンジングゲルが話題 メディプラスクレンジング

メディプラスクレンジングゲル

オールインワンジェルが有名なメディプラスから新しく発売された待望のメディプラスクレンジングゲル!

容量たっぷりでコスパ良し!肌への負担が少なく、マツエクでも使えるので嬉しいですね^^

下地美人では、実際にスタッフが使ってみたレビューも掲載中!

クレンジングどれにしようか迷っている人は、合わせてチェックしてみてください^^

使いやすさで高評価なのはリキッドクレンジング

リキッドクレンジングはオイルよりもサラサラのテクスチャで洗い流しやすいといった特徴があります。

しかし、界面活性剤が多く含まれていたり摩擦をおこし肌に負担をかけやすかったりするので乾燥肌、敏感肌の方は注意が必要です。

<こんな人がよく使っているクレンジング>


  • ニキビ肌や脂漏性皮膚炎などが原因でオイル成分を避けている
  • ナチュラルメイクの方
無印良品 オイルフリーリキッドクレンジング

肌優先で選ぶなら
無印良品 オイルフリーリキッドクレンジング

  • 容量200ml
  • 価格890円(税込)

天然潤い成分としてアンズ果汁と桃の葉エキスを配合。
濃いメイクを落とす洗浄力はないものの、オイルフリー、無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性、アルコールフリーと肌に優しいのが特徴です。

シートタイプのクレンジングは救世主的な役割

シートタイプのクレンジングは、拭き取るだけでメイクを落とせるので、旅行、出張時だけでなく忙しい日、疲れてしまいすぐに寝たい日などにとても便利です。

また、飛行機に乗る時などの水を使えない時にも便利なアイテム!

しかし、シートタイプのクレンジングは、拭き取るシートと肌の間で摩擦が生まれてしまいます。

摩擦によって肌が傷ついたり、毛穴が詰まって肌トラブルの原因になったり、摩擦は肌にとって大敵です。

また、本来のクレンジングであれば、メイクを浮かせた後にぬるま湯ですすぎ洗浄剤が肌に残ることを防ぐことができますが、拭き取るだけのシートタイプは肌に洗浄剤が残ってしまう可能性がとても高いのです。

なので乾燥肌、敏感肌でなくても、顔に毎日のクレンジングとしてシートタイプのクレンジングを使用することはおすすめできません。

体に塗った日焼け止めを落としたり、メイク直しの時や、メイク後の手を拭いたりとクレンジング以外の目的でも便利に使う方法もあります。

クレンジングとは?洗顔との違いってなに?

クレンジングと洗顔にはそれぞれ大切な役割があります。

クレンジングとは、メイクや日焼け止めなどの油に溶けやすい(油溶性)の汚れを落とすもの。

それに対し、洗顔は古くなり肌に必要のない角層や余分な皮脂や汗、顔についたホコリなどを落とすもの。

油性と水性という性質の異なる汚れを対象としているので、クレンジングと洗顔の「ダブル洗顔」をおこなうのはスキンケアに必須となります。

きちんとメイクを落とせていないと肌に負担をかけてしまいます。

最適なクレンジングを使い、普段から綺麗に落とす習慣を身につけておきましょう。

クレンジングは洗顔よりも肌負担が大きい!

クレンジングはきちんとメイクを落とす役割がある反面、スキンケアの中でも1番と言って良いほど肌に負担をかけます。

汚れを落とす、という役割としては洗顔と同じなのに、なぜクレンジングの方が負担が大きいの?と思うかもしれませんが、それには理由が2つ。

界面活性剤が強い
メイクの油分汚れを落とすため、クレンジングには界面活性剤という水と油分をまぜるための洗浄力の高い成分が入っています。

しかし、界面活性剤は角質層にある潤い成分なども洗い流してしまうため、肌に潤いがなくなり、乾燥を招く恐れもあるので注意したい配合成分でもあります。

洗顔にも界面活性剤が含まれるものは多いですが、洗顔が落とすのは水溶性の汚れのためクレンジングよりも洗浄力が弱いのです。


摩擦によるダメージを受けやすい
洗顔と違い、クレンジングに泡タイプは少なく、指が肌に密着しやすいです。

そのためクレンジングは、摩擦で肌のバリア機能が低下し、敏感肌になるだけでなく、赤ら顔や吹き出物など、ありとあらゆる肌トラブルを招きやすい傾向にあります。

特に使用量が少ないと肌を直接こすってしまい、摩擦がおきてしまうので使用量にも注意が必要です。

クレンジングで知っておきたいポイント

クレンジングを間違った方法を続けていると肌はどんどん痛み取り返しのつかないことになってしまいます。

肌をいたわりながらメイクを落とす基本的なクレンジングのポイントを紹介していきます。

普段の自分がおこなっているクレンジングを見直しながら参考にしてみてください!

使用量は必ず守ること!
クレンジングの量は、各メーカー推奨の使用量を必ず守って使いましょう。
絶対に記載されている量よりも少なく使ってはいけません。
正しい量で使い摩擦を起こさないようにしましょう。

クレンジングは乾いた手で!
顔や手に水分があったり、風呂場など湿気の多い場所だと、メイクが馴染みにくく必要以上に摩擦をすることになってしまいます。
なるべく乾いた状態でクレンジングをおこないましょう。

優しく馴染ませること!
Tゾーン、Uゾーン、口もとの順で、皮膚の強いところから伸ばしていきます。
馴染ませる時は絶対に強くこすってはいけません!
優しく卵を割らない程度の力で馴染ませていきましょう。 クレンジングは肌の負担を考え、40秒〜1分を目安で終わらせるのがベストです。

すすぎはぬるま湯で!
お湯の温度が高すぎると、肌に必要な皮脂まで落として乾燥を招いてしまいます。
触った時にぬるいと感じるくらいの水温がいいでしょう。

タオルで優しく水気をとる!
濡れた肌はダメージを受けやすくなっています。
タオルはやわらかく吸収性のいいものを使い、擦るのではなくポンポン優しく肌に当てて水分を吸収させるように拭きましょう。

クレンジングに関する疑問

よくあるクレンジングに関する疑問にお答えしていきます。

日焼け止めだけの日もクレンジングを使った方がよいのでしょうか?

日焼け止めの種類によります。

PA値やSPF値の低い日焼け止めであれば、洗顔で落とせるものもあります。

しかし、PA値やSPF値の高い日焼け止め、ウォータープルーフタイプの日焼け止めは、クレンジングが必要です。

日焼け止めの説明書などに落とし方が記載されているので必ずチェックしましょう。

クレンジングと洗顔が可能なダブル洗顔不要のクレンジングは本当にメイクが落ちているのか不安です。クレンジングのあと洗顔料を使った方がよいのでしょうか?

ダブル洗顔不要であればその後洗顔する必要はありません。

肌の負担を考えると、一度でクレンジングと洗顔が済ませられるのであればそれが理想です。

しかし、ダブル洗顔不要でも肌の汚れが落ちない場合は、使い方が間違っているか、肌に合っていない、洗浄力が低いことなどが考えられます。

もう一度使い方を見直してみて、それでも汚れが落ちていないようであればクレンジングを変えてみる必要があります。

クレンジングを使ってマッサージやパックをするとよいと聞いたことがありますが実際どうなのでしょう?

クレンジングを長時間肌にのせておくのはよくありません。

クレンジングは、短時間でメイクを落とすものです。

クレンジングを長い時間のせておくと、必要以上に肌の潤いをうばい、負担になってしまいます。

クレンジングはメイクを落とすことだけに集中しましょう。

マツエクでも使えるオイルクレンジングがあると聞きました。本当ですか?

一般的なマツエクのグルー(接着剤)であれば使用できるとして販売されているものもあります。

「マツエクにオイルクレンジングはNG」というのは常識となっていましたが、最近ではオイルクレンジングの中でも「マツエクOK」と表示がある、マツエク対応商品も増えてきました。

しかし、マツエクのモチを考えるとオイルフリータイプを選んだ方がおすすめです。

クレンジングで乾燥肌の毛穴ケアをするためにはどれを使うのが正解?
2018.11.16
マツエクOKの人気クレンジングゲル紹介!市販のプチプラアイテムも
2018.11.16
話題のルルルンクレンジング使ってみたレビュー!おすすめはどっち?
2018.11.05
クレンジングだけで角栓はポロポロ取れない!おすすめのクレンジングと角栓ケア
2018.11.05
クレンジングゲルの口コミから見る人気アイテム
2018.11.05
オイルフリークレンジングの魅力を紹介!敏感肌や脂性肌にもおすすめ
2018.11.05
クレンジングランキング上位アイテム!肌質別のおすすめも紹介
2018.11.05
クレンジングゲルは毛穴に効かない?黒ずみや角栓ケア対策の方法は?
2018.11.05
12