下地美人TOP > クレンジング > お風呂で使えるクレンジング!「時短+肌に良い」を両立する使い方が知りたい

お風呂で使えるクレンジング!「時短+肌に良い」を両立する使い方が知りたい

2018.12.21

出来るだけ時短できて手間がかからず、メイク汚れをきれいに落としたいという人から人気なのが、「濡れた手でもOKのお風呂で使えるクレンジング」です。

お風呂で使えると洗い流しも簡単ですよね。

最近はメイク落としと洗顔が1回で終わる、W洗顔不要のタイプも発売されており、便利なので利用しているという人も多くいます。

しかしいざ買ってみたけれど、なんだか使い方がいまいち分からないという意見が見られました。

  • シャンプーやトリートメントの前に使うのか、後に使うのか分からない
  • お風呂を出る直前にクレンジングした方が、肌が乾燥しないって本当?

確かに、このように質問されても正しい答えが浮かびません。

美しい肌を目指すのであれば、「濡れた手でも使えるクレンジング」の正しい使い方を知っておきたいところ。

そこで今回は、お風呂で使えるクレンジングはどのタイミングで使うべきなのか、汚れがしっかり落とせるクレンジングの順番はどれが正解なのかなどを調査します。

お風呂でクレンジングを使うタイミングはいつ?

濡れた手で使用できるクレンジングなら、基本的に入浴中どのタイミングで使用しても大丈夫です。

いくつかのコスメブランドに問い合わせましたが、どのメーカーもタイミングに関しては利用者にまかせているとのこと。

ただし肌に負担を与えずメイク汚れをしっかり落とすためには、いくつかの注意点があります。

濡れた手OKのメイク落としをお風呂で使うためのポイント!

濡れた手OKのメイク落としをお風呂で使う時のポイントは3つあります。

  • 顔が濡れている場合は一度タオルなどで水分を拭う
  • 32~34℃のぬるま湯を使う
  • 顔を洗う時は手ですくったお湯を使う

濡れた手でも使えるクレンジングを販売しているコスメブランド数社に問い合わせをしたところ、ほぼすべてのブランドから乾いた肌に使用した方が、メイクが落ちやすいという返答をもらいました。

乾いた肌の方が、メイクとクレンジングのなじみがよく、しっかりとメイクが落ちるそう。

洗髪で顔が濡れた場合は、タオルなどで一度顔を拭いてから使用すれば問題ありません。

肌を乾燥させたくないなら、温かいお湯のシャワーを浴びながらついでにクレンジングを流すのはNG。

シャワーの水圧と温かいお湯が肌の負担になってしまい、肌が乾燥する原因になります。

お風呂で使えるおすすめクレンジング

お風呂でも使いやすい、おすすめのクレンジングを紹介します。

ファンケルマイルドクレンジングオイル

落とすとうるおうを両立!
定番のファンケルマイルドクレンジングオイル

  • 価格(税込)1,836円
  • 容量120mL(約2ヶ月分)

入浴中の濡れた手でも、メイク汚れや毛穴汚れ、角栓をしっかり落とすファンケルのマイルドクレンジングオイル。

洗顔が必要なタイプなので、シャンプー後に顔を洗いたい派の人におすすめです。

顔を濡らす前に「クレンジング→洗髪→洗顔の順」で使うとすっきり汚れを落とせます。

今ならマイクレ1ヶ月分が500円で買えるキャンペーン中!

アテニアスキンクリアクレンズオイル

肌のくすみが気になる人にもおすすめ!
アテニアスキンクリアクレンズオイル

  • 価格(税込)1,836円
  • 容量175mL(約2ヶ月分)

アテニアのスキンクリアクレンズオイルはW洗顔不要のオイルクレンジングです。

くすみの原因とされる、肌ステイン(古い角層)を洗い流すので肌に透明感を出したい人におすすめ。

手頃な価格で美肌を目指せると人気のクレンジングです。

アロマタイプと無香料タイプの2種類があるので、好みで使い分けられます。

メディプラスクレンジングゲル

さらっとした使用感
メディプラスクレンジングゲル

  • 価格(税込)3,888円
  • 容量160g(約2ヶ月分)

ゲルタイプのクレンジングで、オイル系メイク落とし独特のヌルつきが嫌いな人も苦手意識なく使えます。

さっぱりとした洗い心地なのに乾燥しにくく、オイリー肌から乾燥肌まで、どんな肌タイプの人でも使いやすいクレンジングです。

敏感肌用ブランドという訳ではありませんが、パラベンやフェノキシエタノールといった肌に負担を与えやすい防腐剤を使っていないので、肌が弱い人も比較的安心して使える仕様になっています。

手のひらで温めて使うとメイク汚れとなじみが良くなるクレンジングゲルなので、湯船で温まった状態で使うのもおすすめです。

今だけWEB限定で1,648円オフ、2,888円初回送料無料のキャンペーンが始まっていますのでお見逃しなく!

シュウウエムラ アルティム8∞スプリムビューティクレンジングオイル

素早くメイク汚れを落とす
シュウウエムラ アルティム8∞スプリムビューティクレンジングオイル

  • 価格(税込)4,752円 / 12,420円
  • 容量150mL / 450mL

デパコスのクレンジングで高い人気を誇るのが、シュウウエムラのアルティム8∞スプリムビューティクレンジングオイル。

自然由来成分98%、8つの植物オイルを配合し乾燥しにくい洗い上がりが特徴です。

「濡れた手で使え、W洗顔不要なのに驚きのメイク落ち」「ずっと使い続けています」などリピーターによる口コミが評価が高いのも納得のアイテムです。

お風呂で使えるクレンジング、使えないクレンジングの違いって何?

実はお風呂で使えるクレンジングも使えないクレンジングも、乾いた状態の方がメイクはしっかり落とせます。

ただ、手が濡れても使用できるクレンジングは、少量の水であれば問題なくメイクを落とすことができる洗浄力があるのでお風呂でも使用可能です。

一方お風呂で使えないクレンジングは水で濡れると、水分に邪魔をされメイク汚れを浮かして落とす力が弱まります。

たとえ顔が濡れていなくても、蒸気が肌をしめらせてしまうため、乾いた肌に使うよりもクレンジング力が落ちてしまうのです。

メイク汚れが顔に残っていると、ニキビや肌荒れなど様々な肌トラブルを起こす可能性がありますから、美しい肌を守るためにも使用方法は守りましょう!

クレンジングはお風呂で使わない方がいい?

肌が乾いた状態の方が汚れが落ちやすいなら、お風呂でクレンジングを使わない方がいいのではないかと思うかもしれません。

確かに肌が乾いた状態の方がクレンジングには向いています。

しかし、毎日洗顔のためだけに洗面所に行くのは面倒ですし、お風呂で落としたほうが楽だというのも事実。

それに、お風呂で落とすクレンジングは手が濡れている程度であれば問題なくメイクを落とせます。

お風呂でメイクを落としたほうが、毛穴が開くなどのメリットもあります。

濡れた手OKのクレンジングであれば何も問題ないので、是非お風呂で使ってくださいね。

お風呂で使えるクレンジングのメリットとデメリット

お風呂で使えるクレンジングのメリットとデメリットを挙げてみました。

お風呂で使えるタイプが向いているのか、それとも通常のクレンジングの方が向いているのか迷っているなら、選ぶ時の参考にしてください。

お風呂で使えるクレンジングのメリット
  • 入浴中、手が濡れていてもメイク汚れが落ちる
  • 夜入浴する人は手間が省ける

お風呂で使えるクレンジングのデメリット
  • 顔が濡れたら一度タオルで水分を取る必要がある
  • 朝シャワー派の人にはメリットが少ない
  • 帰宅後すぐにクレンジングする人にはメリットが少ない

夜お風呂に入る人なら、濡れた手OKのクレンジングは、わざわざクレンジングをするよりも手間が減るのでメリットがあります。

逆に朝シャワー派の人にとっては、洗面台に向かう時間が必要で、手間が減らずメリットがないので、おすすめしません。

朝シャワー派の人は、ふき取りタイプのクレンジングなどの方が疲れた日は便利かもしれませんね。

拭き取りタイプのクレンジングを選ぶ時は、シートタイプより、クリームタイプやミルクタイプのクレンジングの方が負担が少ないでしょう。

お風呂で使えるクレンジングに関するQ&A

入浴時に使えるクレンジングに関する質問や疑問をまとめました!

お風呂で使えて、アイシャドウのラメやマスカラ、アイラインがさっと落ちるクレンジングを教えてください。

シュウウエムラのアルティム8∞スプリムビューティクレンジングオイルは濃いメイクでもさっと落ちやすいと評価が高い商品です。

もう少し手頃な価格のものだと、ファンケルのマイルドクレンジングオイルがおすすめ。

ただ、ウォータープルーフのマスカラなどで目元にしっかりメイクをした日はポイントメイクリムーバーを使用した方が肌負担が少なく安心です。

入浴しながら使ってもしっかり落ちるクレンジングはありますか?

上で紹介しましたが、ファンケルのマイルドクレンジングオイルなどがおすすめです。

もしもさっぱりと落としたいならば、メディプラスのクレンジングゲルはベタつきがすくなくさっぱり仕上がります。

W洗顔不要ですし、短時間でメイク落としと洗顔を終わらせたいのならおすすめです。

お風呂を上がる直前にクレンジングした方が肌が乾燥しにくいと聞いたのですが本当ですか?

どちらとも言えません。

いくつかの化粧品メーカーに問い合わせてみましたが、はっきりした返答は得られませんでした。

実行してみて最後にクレンジングするのが最も乾燥しないのなら最後に洗顔を行って良いと思います。

ただし、お風呂を上がる直前は肌が濡れた状態かと思いますので、クレンジングは一度タオルで顔と手を拭いてからがおすすめです。

また、熱いお湯は皮脂を洗い流してしまうため肌が乾燥しやすくなります。

入浴時のお湯の温度が高すぎないか見直ししても良いかもしれませんね。

お湯の温度は38~40度程度が良いと言われています。

またお風呂上りは肌表面の皮脂が流れてしまっていますので、お風呂上り2分以内には化粧水やクリームなどのスキンケアアイテムを使い保湿するようにしましょう。

乾いた手で使ってくださいと書いている化粧落としをお風呂で使ったらどうなりますか?

メイク汚れの落ちが不十分になることがあります。

お風呂の蒸気や手についた水分が邪魔をして、メイクの汚れをしっかりと浮かすことができません。

乾いた手で使うように書かれているクレンジングクリームは、使用方法に沿った使い方をするのがおすすめです。

バスルームでクレンジングクリームを使うと、メイクが落ちたときに軽くなるはずの感覚がありません。どうしてですか?

転相という反応が起きにくい可能性があります。

クレンジングクリームのほとんどは水分多い状態です。

そこにメイクに馴染ませると、体温で水分は蒸発、メイク汚れである油分とクレンジングクリームが混ざり油分の割合が増えます。

油分の割合が増えると、クリーム状からオイル状に変化するので指が軽くなる感触があるのです。

これを転相といいます。

ところがお風呂でメイクを落とすと、水分の多い状態が続いてしまうため、転相(オイル化)しにくいのだと考えられます。

濡れた手OKのクレンジングの保管場所はお風呂場でいいですか?

実はお風呂場におきっぱなしはおすすめできません。

お風呂場は高温多湿になりやすく、化粧品が劣化しやすい環境なので、本当は保存場所としておすすめできません。

できるなら浴室の外などに出しておくと良いでしょう。

角栓をお風呂でクレンジングを使いながらマッサージしてもいいですか?

濡れた手で使えるタイプのクレンジングを使ってのマッサージはおすすめしません。

マッサージ可能なタイプのクリームクレンジングなどであれば、お風呂でマッサージもおすすめです。

ただ、マッサージ前に一度メイクは落としておいた方が良いでしょう。