下地美人TOP > クレンジング > クレンジングの中で拭き取りタイプは一番肌に悪いって本当?

クレンジングの中で拭き取りタイプは一番肌に悪いって本当?

2019.11.21

拭き取りタイプのクレンジングは肌に良いのか悪いのかがはっきりしません。

最近、敏感肌には拭き取りタイプのクレンジングが優しいという噂があることに加えて、コットンに染み込ませてメイクを拭き取るタイプのクレンジング、ドクターズコスメのクレンジングウォーターの販売も増えています。

その一方で根強いのが、拭き取りシートタイプのクレンジングを使うのは肌に悪そうで心配だという声。

下地美人スタッフの間で拭き取りタイプのクレンジングに関する噂について話題になったとき、みんなの情報が曖昧であることが話題になりました。

そこで今回は、肌にいいのか悪いのか、正しい使い方など、曖昧で疑問点の多い拭き取りクレンジングについて調べてみました。

拭き取りクレンジングが肌に悪いと言われるのは拭き取り時の摩擦が原因!

拭き取りクレンジングは肌に悪いと言いますが、その全てが悪いという訳ではありません。

そもそも拭き取りクレンジングが肌に悪いとされるのは、拭き取り時の摩擦が原因で、乾燥肌や敏感肌になってしまう可能性があるから。

拭き取りクレンジングは、コットンや専用のシートにクレンジングを染みこませて、メイク汚れを擦って落とします。

メイクを落とす時、肌を擦りすぎると摩擦により必要な角質がはがれて肌が薄くなるため、乾燥や敏感な肌になりやすいのです。

肌が薄いくらいなんてことないと思われるかもしれませんが、乾燥や敏感肌は次のような肌トラブルを引き起こします。

  • 肌の赤み
  • ニキビ
  • 乾燥による小じわ
  • 紫外線影響を受けやすくなり、シミができやすくなる

もちろん、乾燥が原因で化粧ノリが悪くなることもあるでしょう。

拭き取りクレンジングは洗い流さないため、肌に残る成分を気にする人が多いのですが、それよりも実は肌摩擦による負担の方を心配すべきなのです。

拭き取りタイプのクレンジング成分の優しさは商品による

拭き取りクレンジングの成分の優しさは、商品によって異なり、本当に肌に負担をかけにくい成分でできているものもあります。

手頃な価格帯のメイク落としシートにはアルコールや防カビ剤などの成分が含まれているものがあり、肌への負担が大きいためあまりおすすめしません。

しかし、最近人気のクレンジングウォーターや、拭き取りタイプのクレンジングクリーム、クレンジングバームには肌に優しいものも。

拭き取りクレンジングが欲しい時は、皮膚科医に推奨される敏感肌向けブランドのものを選ぶと良いです。

おすすめの拭き取りクレンジング

拭き取りクレンジングで肌に優しいおすすめアイテムを紹介します。

ビオデルマ イドラビオ エイチツーオー

ビオデルマ イドラビオ エイチツーオー

  • 価格(税抜)2,300円
  • 容量250mL
  • その他エチルアルコール無添加、オイルフリー、パラベンフリー、弱酸性、W洗顔不要

ビオデルマ イドラビオ エイチツーオーの成分

ビオデルマはフランスで皮膚科医が推奨しているスキンケアブランドで、肌に優しい拭き取りクレンジングを探す人におすすめです。

イドラビオ エイチツーオーはビオデルマ人気の水クレンジングの中でもっともしっとり仕上がるタイプ。

さっぱりした使用感が好みならサンシビオエイチツーオーDがおすすめです。

フランスは硬水地域のため、水で顔を洗うと乾燥しやすく、基本的にクレンジングは拭き取り、洗顔はしない地域も多いです。


そのため、ビオデルマの水クレンジングは洗顔としての機能が備わっており、メイク汚れを拭き取った後に洗顔をする必要がありません。

ラロッシュポゼ ミセラークレンジングウォーター

ラロッシュポゼ ミセラークレンジングウォーター

  • 価格(税抜)2,600円
  • 容量200mL
  • その他パラベンフリー、オイルフリー、アルコールフリー、W洗顔不要

ラロッシュポゼ ミセラークレンジングウォーター

ラロッシュポゼもフランス発祥の皮膚科医推奨ブランドのコスメです。

敏感肌用のスキンケアブランドのため、拭き取りクレンジングの成分もシンプル。

擦らずとも肌にすべらせるだけで簡単にメイクオフでき、肌荒れしないと口コミで人気の商品です。

敏感肌や乾燥肌、オイリー肌、どんな肌タイプでも使えます。

LUSH 俳句

LUSH 俳句

  • 価格(税抜)2,863円
  • 容量95g
  • その他界面活性剤フリー、アルコールフリー、香料フリー

LUSH 俳句

イギリス発、自然派ブランドのクレンジング俳句はシンプルでナチュラルな成分配合のクレンジングを探す人におすすめ!

適量を手に取りマッサージするようにメイク汚れとなじませます。

汚れが浮いてきたら水分を含ませたコットンやホットタオルで拭き取るクレンジングです。

油分の多いこってりしたクリームのため拭き取り後のベタつきはありますが、クレンジング後に洗顔をすればべたつきはほとんどなくなります。

洗浄成分のメインは油分ですが、界面活性剤不使用のため洗い流しができません。

肌負担最小限!拭き取りタイプのクレンジングを使うコツ!

拭き取りタイプのクレンジングを上手に使うコツは2つです。

  • 推奨量通りにたっぷり使用する
  • ごしごし擦らず、肌に滑らすように使う

拭き取りクレンジングは量が不足すると化粧落ちが悪くなります。

化粧が落ちないとごしごし擦って落としたくなり肌刺激が増しますから、ケチらず、擦らず使用することが重要です!


クレンジングウォーター 使い方のコツ

クレンジングウォーターの場合、アイメイクやリップメイクなど落としにくい所はクレンジングを付けたコットンで数秒なじませた後に下へすべらせるようにして落とします。

コットンでごしごし擦らずとも汚れは落ちますから、できるだけ肌への摩擦を減らすことを心がけてみてください。


拭き取りクレンジングクリーム 使い方のコツ

クリームタイプの拭き取りクレンジングは、コットンに含ませる水をお湯にしたり、ホットタオルを使うとさっぱり拭き取りやすいです。

おすすめの使い方は、拭き取りタイプと洗い流すタイプの併用!

拭き取りクレンジングをお風呂に入る前にわざわざ使うのは、意外とめんどくさいという声もあります。

そこでおすすめなのが、拭き取りタイプと洗い流しタイプの併用!

すぐ寝たい時用に、ベッドの脇に最低限のスキンケアと拭き取りクレンジングを準備しておくと、化粧を落とさず寝てしまうのを防げます。

逆にお風呂に入るときは、洗い流しタイプの方が短時間でクレンジングできて楽でしょうから、上手に使い分けて肌を美しく保ちましょう。

拭き取りタイプのクレンジングを使う時に揃えておきたい道具とは?

拭き取りクレンジングを使った時の肌負担を減らすために、揃えておいてほしい道具を紹介します。

水タイプのクレンジング

コットン

水タイプはクレンジングをコットンに含ませて使用するので、必ずコットンの準備が必要です。

ティッシュで代用できないのか、と思うかもしれませんが、コットンは綿100%。


一方ティッシュは木材パルプでできており、十分にクレンジングを含ませるのに向きませんし、肌摩擦が気になります。


コットンが切れてしまった時の代用として使えないことはありませんが、毎日ティッシュペーパーを使って拭き取るのは止めた方が良いでしょう。


クリームタイプ、バームタイプのクレンジング

コットンorタオル

クリームタイプやバームタイプのクレンジングを拭き取りたい時は、濡らして絞ったコットンやタオルを使用します。


クリームやバームはオイルが多く含まれているため、ホットタオルやお湯を含ませて絞ったコットンだと、すっきり拭き取れるのでおすすめ。

ホットタオルはタオルを500Wのレンジで1分ほど加熱すればでき上がります!

拭き取りタイプのクレンジングに関するQ&A

拭き取りタイプのクレンジングのよくある質問や疑問をまとめました!

ウォータープルーフのアイメイクは拭き取りのクレンジングで落ちますか?

拭き取りタイプで、ウォータープルーフのアイメイクなどが落ちるポイントメイクリムーバーが発売されています。

@コスメなどのおすすめ人気ランキングで上位のポイントメイクリムーバーは「ビフェスタ うる落ち水クレンジングアイメイクアップリムーバー」ですね。

拭き取りタイプのポイントメイクリムーバーで、お手頃価格でコスパが良いのにしっかり落ちると評価が高くなっています。

その他にも様々なメーカーからポイントメイクリムーバーが発売されていますからチェックしてみてください。

顔全体のメイクを落とす用の拭き取りクレンジングだと、ウォータープルーフのアイメイクは落ちにくいかもしれません。

拭き取りクレンジングで毛穴汚れは落ちますか?

水タイプは向きませんが、クリームタイプやバームタイプなら毛穴ケアできるものもあります。

毛穴汚れの原因はメイク汚れだけでなく、角栓や皮脂汚れも含みます。

クレンジングウォーターでしっかり対応するのは難しいですね。

クリームタイプやバームタイプでマッサージしてホットタオルで拭き取るのは毛穴ケアにもおすすめです。

拭き取り用の化粧水と拭き取り用クレンジング、どちらも汚れが落ちるとありますが何が違うんでしょうか?

拭き取り化粧水にはメイク汚れを落とすほどの洗浄力がありません。

拭き取り化粧水は肌表面の角質ケアなどを行うためのもので、拭き取りクレンジングはメイクを落とすためのスキンケアアイテムです。

ビオデルマなど、一部のクレンジングウォーターには、拭き取り化粧水代わりに使えるものもあります。

ちなみに拭き取り化粧水の成分は、保湿用の化粧水成分とも異なりますから、保湿目的の化粧水として代用はできません。

拭き取りタイプの化粧落としの後は洗顔した方がいいでしょうか?スキンケア方法も教えて欲しいです!

洗顔料が必要かどうかは、クレンジングにより異なります。

ビオデルマやラロッシュポゼのクレンジングウォーターはW洗顔不要ですが、クレンジングクリームやクレンジングバームは、洗顔が必要なものが多い傾向にあります。

もちろんすべてがそうとは限らないので、各メーカーの推奨する使用方法を守って使いましょう。

スキンケアは通常通り、化粧水と乳液もしくはクリームでOKです。

拭き取りクレンジングを手に出して、手でメイクになじませ洗い流すことはできますか?

商品によります。

水タイプは肌につけてもそのまま流れてしまうため、メイク汚れとなじませにくいです。

クリームタイプやミルクタイプは拭き取り、洗い流しのどちらにも使えるものがあります。

LUSHの俳句など、洗い流し不可のクレンジングクリームは、水となじまないため流せません。

拭き取りタイプのクレンジングはオイリー肌(脂性肌)でニキビがあっても使えますか?

使っても問題ないとはされていますが、あまりおすすめしません。

悩みが脂性肌だけであれば、拭き取りクレンジングを使用しても問題ありません。

しかし、赤く炎症を起こしたニキビができていると拭き取り時の刺激により悪化することも考えられます。

もちろんすべての拭き取りクレンジングが使えない訳ではありませんし、ニキビに使えるものもあるかと思いますが、できれば避けましょう。

自分にあったクレンジングが
知りたい方必見!

「クレンジングの種類はたくさんあるけど自分がどれを使うのがいちばんいいのか分からない…」

オイル、バーム、ジェル、クリーム…
クレンジングはさまざまなタイプがあって結局どれを選んだらいいのか迷ってしまう。

そんなあなたのために、下地美人公式LINEでは『おすすめクレンジング診断』をご用意しました!

LINEで5つの質問にサクッと答えるだけで、あなたに最適なクレンジングをチョイスします♡