下地美人TOP > クレンジング > メディプラスクレンジングゲルを使ってみた!口コミと評価

メディプラスクレンジングゲルを使ってみた!口コミと評価

2018.09.03

肌に優しいコスメで人気のメディプラスから販売されていたオイルベースのクレンジングに、新しくオイルフリーのクレンジングゲルが追加されました(2018年9月3日新発売)。

メディプラス クレンジングゲルの特徴


  • 添加物フリーで敏感肌にもやさしい
  • ジェルタイプでも本当にしっかり落ちる
  • ダブル洗顔不要。ぬるつきが残らない
  • 濡れた手でもクレンジング出来る
  • マツエクでも使える

公式サイトに明記されている特徴を見ると、肌にやさしいクレンジングゲルだとわかります。

敏感肌用の商品を展開している、とてもメディプラスらしいアイテムです。

下地美人では、メディプラス クレンジングゲルを実際に試し、口コミと気になるメイク落ち実験結果をまとめてみました。

また、おすすめの使い方や、成分から解析した商品の特徴もご紹介していきます!

メディプラスの
新しいクレンジングの口コミ

メディプラスのクレンジングゲルは新商品のため、残念ながら参考に出来る購入ユーザーの口コミはまだありませんでした。

そこで、今回は下地美人スタッフが実際に使ってみた口コミをご紹介します。

今回メディプラスのクレンジングを使用したのは20代からアラフォーまでの女性でした。

肌質は、脂性肌(オイリー肌)、混合肌、乾燥肌と様々。花粉などで肌荒れをする敏感肌のスタッフも試しました!

メイク落ちも合格!
メディプラス クレンジングゲルの口コミ

まずはクレンジングで一番大事な、メイク汚れの落ち具合の口コミを紹介します。

ジェルタイプのクレンジングなのに、マスカラやラメ入りのアイシャドウまでしっかり落ちた!

プライベートタイムでの使用に加え、公式サイトでも紹介されていたメイク落ちの実験を、下地美人でも行ってみました。

メディプラス クレンジングゲル メイク落ち検証

メディプラスのクレンジングゲルを馴染ませていきます。マスカラだけは擦る回数が多く必要でしたが、まつげにはここまで分厚く塗らないので、その分だけ落ちにくく感じたという結論になりました。またお風呂で体を温めてからクレンジングすると、マスカラも落ちやすかったという意見も。


コットンでメイクを拭き取ってみました。拭き取り回数は一度ですが、ゲルとは思えないほどの落ちです!

化粧品が落ちにくいと言われるジェルタイプのクレンジングですが、さすがの結果だったメディプラス。

オイルフリーなのに、ここまで落ちるのは優秀!とスタッフからも口コミ評価の高かったです。

また残りやすいマスカラも、まつげに塗った場合は意外にもしっかり落とせます。

激しく擦る必要はなし。

やさしく目元をくるくる撫でたり、毛の流れに沿って指で撫でて馴染ませると、きちんとメイクが浮いてきます。

もしも化粧が残っていると感じたら、手が濡れた状態で大丈夫なので、クレンジングをまつげに馴染ませてみてください。

クレンジング使用後のさっぱり感は
口コミも高評価!

使用後のぬるつきがない、メディプラスのクレンジングゲル。

クレンジングゲルといっても実はオイルを使用しているメーカーもある中、メディプラスのクレンジングは完全オイルフリーとなっています。

すすいでいる最中は保湿成分で肌がふっくらとしているからか、クレンジングゲルが落とせているか一瞬不安になるほど…!

でも、タオルで水分を抑えた後で手のひらで肌に触れてみると、とてもさっぱりとしていてベタつきはありませんでした。

しっかりと落ちてベタつきなし。スキンケアした分だけ、肌にもぐんぐんと保湿成分が入っていく!

ライン使いも考えて設計されているのか、メディプラスゲルとの相性も抜群。

クレンジングとオールインワンジェルという2つでスキンケアが完了する手軽さも、評価が高かったポイントです。

メディプラスのクレンジングゲルは
本当にダブル洗顔不要!

メディプラス クレンジングゲルはダブル洗顔は本当に不要だった!というのが下地美人スタッフ全員一致の口コミでした。

乾燥肌、敏感肌といった肌トラブルを起こしやすい肌質のスタッフだけではなく、ニキビができる脂性肌(オイリー肌)のスタッフも同意見。

むしろクレンジングゲルの後に洗顔料まで使ってしまうと、皮脂を落としすぎてしまうので、ダブル洗顔はしない方がおすすめ!という結論です。

メイクが落ちているのはもちろんですが、皮脂残りや黒ずみも落とせている実感があるという口コミも出ました。(中には1度の使用で黒ずみに効果を感じたスタッフも!)

メディプラスのクレンジングゲルの口コミ
温感もやさしい

肌温パックで肌表面の温度を上げる効果がある、メディプラスのクレンジングゲル。

肌の血行を促進し、コンディションを整える効果があります。またクレンジング後の保湿ケアを浸透しやすくしてくれます。

化粧水はもちろん、オールインワンジェルの浸透がいつもより良いと感じる口コミも出ました。

ライン使いを意識しているのか、クレンジングのあとにメディプラスゲルを使うと、浸透しやすかった!

温感タイプのクレンジングは温度が上がりすぎると肌への刺激になり、かゆみや赤みが出てしまう人もいます。

しかし、メディプラスのクレンジングゲルはかすかに暖かさを感じるくらいの温感パックで、ひりつきもなしで好印象。

もともと肌表面が冷えていない20代の混合肌のスタッフは、温度の変化をほとんど感じませんでした。

メディプラスの新クレンジングは
予想以上に高評価だった

スタッフが自分の顔でメイクをした口コミを見てみると、高評価が本当に多かったです。

でも実は、予想外の結果でした!

リアルな口コミを伝えたいと自宅でメディプラスのクレンジングゲルを使ったり、腕にメイクを乗せるといった実験をしましたが、実はその前に社内で手のひらに出して使用感をチェックしていました。

その際、手や腕に伸ばして水で洗い流してみると「潤いを感じないかも」「これで本当に落ちるか微妙」と、あまり美容な評価の口コミが多かったんです。

しかし、実際にクレンジングゲルを顔に使ってみると、商品への印象が変わり、高評価にひっくり返る結果に!

皮膚が薄い顔で、しかも肌質や年齢に偏らずに試したからこそ商品の良さがわかった、とても良い検証でした。

メディプラス クレンジングゲルの
使い方

メディプラスのクレンジングゲルの使い方は簡単。

顔に伸ばして、手のひらで数秒温めて、馴染ませて、すすぐ。これだけです。

パッケージの内側にも図説で書かれています。

今回はプラスして、やってみてよかったおすすめの使い方をご紹介します。

メディプラス新クレンジングのおすすめの使い方

まずは使用量についてです。

手のひらに4プッシュを出します。少し多く感じますが推奨量を使うほうが楽。メディプラスのクレンジングゲルは潤い成分の中に汚れを浮かせるので、たっぷり使ったほうが無理なくメイクを落とせます。

商品説明を見た時は4プッシュじゃいくらなんでも多いのでは?という声が多数でしたが、実際試してみてたっぷりで使ったほうが良いという結論になりました!

また、クレンジングはバスタイムでの利用がおすすめです。

準備として、先に湯船に浸かったり、肩に5分ほどシャワーをかけて体を温めましょう。

体が温まった状態で使うと、メイクが落としやすくなります。

クレンジングを手早く行うのも実は肌のためには大切なポイント。

準備をして、なるべく手早くメイクを落としていきましょう。

メディプラス クレンジングジェルを使う手順

クレンジングゲルを両手に軽く伸ばした後、中心から外側に円を描くように伸ばします。

まだメイクに馴染ませず、ただ顔全体に塗るだけOKです。


両手で顔全体を抑えます。

ジェルを温めてあげる工程。数秒で大丈夫です。


メイクと馴染ませていきます

メディプラスのクレンジングゲルは、はじめは少し重めのテクスチャ。

メイクや汚れと馴染んでくるとオイルのようにするりとした感触に変わります。


一度手のひらについたジェルを洗い流し、そのまま手に付いた水分を顔全体に馴染ませます。1〜2回肌をなでるだけでOK。

その後しっかりとすすぎます。

この時はぬるま湯がおすすめです。


以上でクレンジングは終了!

お好みですが、再度湯船に浸かる時はパックをしたり化粧水やメディプラスゲルを少量塗っておくと、お風呂上がりの肌のモチモチ感が変わってきます。

基本的には一般的なクレンジングと使い方は一緒です。

気をつけたいポイントは、力を入れ過ぎない事と、ぬるま湯ですすぐ事です。

メイクを落としながら、首や腕に塗ったウォータープルーフの日焼け止めと馴染ませて落としてしまうというスタッフもいました。ぬるつきがないからこそ出来る便利技ですね。

メディプラス クレンジングゲルの
成分と特徴

メディプラスから発売された新商品、クレンジングゲルの商品情報をご紹介していきましょう。

肌に良いと言われる秘密にも迫ります。

メディプラス クレンジングゲルの基本情報と成分

メディプラスクレンジングゲル

メディプラス クレンジングゲル (メイク落とし)

  • 価格
    (税込)
    初回3,536円*初回送料無料
    通常価格4,536円
  • 使用量1回4プッシュ
  • 容量160g(約2ヶ月分)
  • 定期購入あり。購入回数制限なしで1ヶ月目でも解約可。
  • 返金保証30日間全額返金保証。使い切っても返金可。
  • こんな人に
    おすすめ
    洗い上がりさっぱりが好き
    肌に負担の少ないクレンジングを探している
    ダブル洗顔が面倒
    マツエクをしている

メディプラスのクレンジングゲルのすごいところは、オイルを使用していないのにしっかりとメイクを落とし、しかも肌への刺激も抑えているところです。

とはいえ、一般的なジェルタイプのクレンジングのような、強い洗浄成分は配合されていませんでした。

メディプラス クレンジングゲルの全成分

クレンジングゲルの洗浄成分を細かく見てみましょう。

メディプラスのクレンジングゲルの洗浄成分は
刺激がほぼゼロ

メディプラスは界面活性剤の中でも刺激が弱い成分であるノニオン型と呼ばれる刺激が弱い成分を1種類だけ使用しています。

メディプラス クレンジングゲルの洗浄成分


ヤシ油脂肪酸PEG−7グリセリル

ココナツ由来のメイクキャッチャー成分。

界面活性剤の一種ではありますが、皮膚や目に対する刺激やアレルギーなどの報告がない、安全性が高いと報告されています。

参考:ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルとは…成分効果と毒性を解説

メディプラスだから
クレンジングゲルも高い安心感

天然成分84.3%でできている、メディプラスのクレンジングゲル。防腐剤やシリコンも一切使用していません。

合成着色料、鉱物油、アルコール(エタノール)も、もちろんなし。

パラベンフリーとは書かれていても防腐剤が使われている商品もある中で、防腐剤フリーとなっています。メディプラスらしい細やかな気遣いが嬉しいですね。

もちろん、美容成分もたっぷり凝縮して配合されています。

美肌に関わるキメやくすみ、女性の大敵毛穴のトラブルから守る成分として、イチジク、アーティチョーク、大豆のエキスを配合。

その他にも、人型セラミド、ユズの種子エキス、ナンバンクサフジ種子エキス、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、コラーゲンといった成分がたっぷり入っています。

メディプラスの
新しいクレンジングに関するQ&A

マツエクをしてても使えるって本当?

接着剤が溶けないので、エクステが付いていても使えます!

メディプラスのクレンジングゲルはまつげエクステをした状態でも使えるクレンジングです。それはまつげの接着剤を溶かすオイルが入っていないから。

ただしゴシゴシとこすってしまうと、物理的な力によりまつげがとれてしまうので、その点は注意してくださいね!

テクスチャが固めだけど肌への負担は大丈夫?

推奨量の4プッシュで使えば肌摩擦も少なく、負担もかかりません。

慣れていないと扱いにくく感じる肩もいるかもしれません。もっと蜂蜜のようなテクスチャのジェルクレンジングもあるので、重さは5段階ならば2くらいでしょうか。キュレルの化粧落としよりは少し重く感じるレベルでした。

メディプラスのクレンジングゲルは8割以上が天然由来成分となっています。たっぷりと使って指を滑らせて化粧を落としてあげれば大丈夫です。

1週間ほど使い続けると慣れてきます!

ジェルよりオイルのほうがメイクは落ちやすい?

一般的にはそう言われていますが、メディプラスのクレンジングはその常識を打ち破る商品でした!

クレンジングにオイルタイプが多いのは、メイクもオイルで作られているため。

油は油と溶け合いやすいため、結果としてメイクが落としやすくなります。

一方ジェルタイプで特にオイルフリーのクレンジングは、洗浄成分が弱くなります。そのため、しっかりとメイクを落とすには強い界面活性剤を入れる必要があり、結果として肌荒れする人もいました。

しかし今回新登場したメディプラスのクレンジングは、そんなオイルクレンジングにも負けない洗浄力ながら、きちんと肌を守るアイテムとなっています。

ジェルクレンジングのさっぱり感にはやはりファンが多いですから、もしかするとこうした商品も今後は増えてくるかもしれませんね。