下地美人TOP > フェイスパウダー

フェイスパウダーの使い方をタイプ別で紹介!毛穴レス・ツヤ肌を叶えるのは?

ベースメイクの仕上がりを左右するフェイスパウダー。おしろいとも呼ばれていますね。

メイク初心者には、ファンデーションほど馴染みがないアイテムかもしれませんが、実はベースメイクを格上げするのに最も重要なアイテム!

「フェイスパウダーってどんなアイテム?」
「自分に合ったフェイスパウダーはどれを選ぶべき?」

そんな悩みを解決していきます♡

フェイスパウダーとは?ファンデーション代わりに使える?

フェイスパウダーの役割はズバリ「化粧もちを良くする」こと。

フェイスパウダーとよく比較されるパウダーファンデーションですが、フェイスパウダーはより粒子が細かく肌の皮脂を吸着するのに優れています。

スキンケアとベースメイクの過程で発生した、

  • スキンケアの油分
  • 化粧下地の油分
  • ファンデーションの油分

これらを吸い取って、肌がテカるのを防いでくれる役割があるんですね。

もちろんフェイスパウダーをファンデーション代わりに使えないわけではないのですが、肌に色を付けることを目的としたファンデーションとはそもそも役割が違うため、種類によっては効果が発揮されないこともあります。

フェイスパウダーの使い方をタイプ別でレクチャー

フェイスパウダーには実は種類があるんです。

理想とするベースメイクに仕上げるには、なりたいイメージに合わせたフェイスパウダー選びがポイント。

どんなタイプがあるのか?おすすめの人と使い方のコツをご紹介します。

  • マットタイプ
  • パール感のないものを指し、パウダーファンデーションに近い仕上がりになります。
    カバー力が欲しい人におすすめのタイプです。粉っぽい見た目なので、毛穴レスで陶器のような肌を作りたい人におすすめ!

  • ツヤタイプ
  • パールが多く、キラキラしたタイプです。パールによって肌にツヤ感が出るため、ツヤ肌を作りたい人には断然ツヤタイプがおすすめ!
    皮脂が多めの人が使うと、余計肌がテカって見えてしまうので注意が必要です。

  • ルーセントタイプ(半透明)
  • 半透明で、ファンデーションの色をそのまま活かすことができるタイプです。
    見た目は白色や茶色をしていることが多いですが、肌につけると色は目立たなくなります。

  • 不透明タイプ
  • 粉の色がしっかり出るタイプです。肌の色があまり反映されないため、立体感を演出しやすいのがメリット!

これらのフェイスパウダーを使用したベースメイクの基本を、「ツヤ肌」「マット肌」でそれぞれご紹介しています。
美容の講師も務めるプロによるレクチャーなので、フェイスパウダーの使い方に迷っている人は合わせてチェックしてみてください♡



無印良品 ルースパウダープレストタイプを使ってみた!透明感のあるナチュラル肌に仕上げるためのコツを公開!
2019.05.24
メディアのブライトアップパウダー はデパコス級の透明感! 崩れにくいブラシの使い方も披露!
2019.05.24
CANMAKEのマシュマロフィニッシュパウダーはカバー力抜群!お泊りメイクにも挑戦してみました♡
2019.05.24
1