下地美人TOP > 化粧下地 > ちふれの化粧下地、アリかナシか徹底検証!最も優秀なのはどれ?

ちふれの化粧下地、アリかナシか徹底検証!最も優秀なのはどれ?

2018.10.17

プチプラ化粧品メーカーの中でも、人気のちふれ。

スキンケアからメイク用品まで数々の取り扱いがありますが、SNSで話題になっている商品の1つが化粧下地。

「安いのに保湿できてテカらないから最高♡」との噂が^^

ちふれで一番安い化粧下地は、なんと300円。

あまりに安すぎるので、
「化粧下地として使える商品なのか?」
「肌荒れの心配はないのか?」
不安になっている人も多い様子。

そこで下地美人スタッフが、実際にちふれの化粧下地を使ってぶっちゃけアリかナシか徹底検証してみました!

複数あるちふれの化粧下地の中で、一番優秀だった商品も合わせてご紹介していきますね♪

プチプラ代表格のちふれ!化粧下地、口コミはいいの?

ちふれの化粧下地は以下の3つ。

  • ちふれ メーキャップベースミルクUV
  • ちふれ メーキャップベースクリームUV
  • ちふれ メーキャップベースクリーム

この3つにくわえて、カラーコントロール効果のある、グリーンのカラーメーキャップクリームがあります。

まずはちふれの化粧下地全体の口コミをチェックしてみました。

上記3商品の@コスメの口コミの点数を見てみると、平均は7点中3.8点!

良くもなく悪くもなく、普通の評価といったところです。

一番口コミの点数が高いのは、ピンクのメーキャップベースクリームUVの4.2点。

良い評価で特に多かったのは、

  • 値段が安いこと
  • 肌のトーンアップができること
  • 保湿できること

プチプラの化粧下地で乾燥したという人も多いのですが、ちふれの化粧下地は意外にも保湿できるという点で評価されていました。

「これ1本でバッチリ!」というわけではないようですが、「安いから試し使いには良い」という値段相応の評価になっています。

ちふれの化粧下地で一番優秀なのは?徹底比較してみた

@コスメの口コミではピンクのメーキャップベースクリームUVの評価が高かったのですが、実際に一番優秀なのはどの化粧下地なのか?

下地美人スタッフがあらゆるポイントから比較してみました!それぞれどのような人におすすめの化粧下地なのかも合わせてご紹介していきます♪

ちふれ メーキャップベースミルクUV

  • 価格(税込)756円
  • 容量30mL
  • SPF PASPF34 PA+++

ちふれの化粧下地で唯一のミルクタイプ。皮脂をおさえてくれるのが特徴で、ウォータープルーフタイプなので汗をかいても大丈夫。

ボトルタイプで、ちふれの化粧下地の中で一番紫外線カットの数値が高い商品です。

ちふれ メーキャップベースクリーム UV

  • 価格(税込)648円
  • 容量35g
  • SPF PASPF18 PA+

ちふれの化粧下地の中でも、トーンアップ効果で肌を明るく見せられるアイテム。

毛穴隠しやくすみを隠すにはおすすめの化粧下地です。

クリームタイプなのでミルクタイプよりも保湿成分が多く、紫外線カットしつつ乾燥を防いでくれます。

ちふれ メーキャップベースクリーム

  • 価格(税込)324円
  • 容量35g
  • SPF PAなし

ちふれの化粧下地の中で一番安い商品です。値段はなんと300円!
他のプチプラの化粧下地と比べても破格です。

ピンクのメーキャップベースクリームとの違いはUVカット機能があるかないか。

ホワイトベースのクリームなので、肌に色がつくのが嫌な人にもおすすめです。

ちふれの化粧下地、自然な色づきでテカらないのは?

化粧下地を使うにあたって、一番求められているのがテカリにくさ。夕方までメイク崩れしにくく、皮脂に強いものを使いたいという女性が多いんです。

またファンデーションをのせた後にテカらないようにしたいならば、ベタつきの少ない化粧下地も選びたいところ。

ちふれの化粧下地のテクスチャを比較してみました。

それぞれを1cmくらいの量、出して伸ばしてみました。

それぞれを伸ばしてみると…

メーキャップベースミルクUVは、ミルクなので広がりやすい水っぽいテクスチャ。

ピンクのメーキャップベースクリームは、ミルクよりは少し固めですが、固すぎずするっと伸びやすいです。

少しのプッシュでかなり大量のクリームが出るので最初は使い始めに注意が必要かもしれません。

メーキャップベースクリームは真っ白のクリームで、ピンクのメーキャップベースクリームUVよりも固いテクスチャでした。

かなり固めのテクスチャで、オロナインやニベアのハンドクリームに近いクリームです。

スタッフの腕に実際に塗って、色合いとベタつきを調査!

メーキャップベースミルクはすっと伸びて、自然な肌の色合いに。
サラサラした仕上がりで不快感ありません。

ピンクのメーキャップベースクリームUVは、少量でかなり色がついてしまいました。
自然な仕上がりにするためには、肌にしっかり馴染ませないと色ムラができてしまいます。

肌にしっかり馴染ませたあとは、ほんのりトーンアップ。透明感のある美白肌を作りたい人にはおすすめです。

ホワイトベースのメーキャップベースクリームは、色づきこそピンクのものより薄いものの、ベタつきがかなりあります…。

下地美人スタッフとしては、正直このベタつくクリームの上からファンデーションを塗るのは避けたいと感じてしまいました。

ただ保湿力でいうとホワイトベースのメーキャップベースクリームが暖突で評価できます。

今回自然な色づきでテカリが少なかったのは、ちふれのメーキャップベースミルクUV!

ベタつきも少なく、色も肌色で肌にしっかり馴染んでくれるのでベースメイク初心者にも使いやすい1本です。

日焼け止めとしての数値も一番高く、普段使いにぴったりの化粧下地だといえます。

正直、メーキャップベースミルクUV以外のちふれの化粧下地はナシだと感じてしまいました…。

同じプチプラの化粧下地を選ぶなら、セザンヌの化粧下地をおすすめしたいです。

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

  • 価格(税込)648円
  • 容量30mL
  • SPF PASPF28 PA++

セザンヌ化粧品の皮脂テカリ防止下地は、カラー展開が2種類あり、気になる肌悩みにあわせてトーンアップも可能。

紫外線吸収剤不使用なので、肌荒れの心配もありません。

また、保湿できるけどベタつきのない化粧下地を探している人は、少し値段は上がりますがスキンケア効果もあるマキアージュの化粧下地をチェックしてみてください。

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベースUV

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベースUV

  • 価格(税込)2,808円
  • 容量25mL
  • SPF PASPF25 PA+++

肌の水分バランスと皮脂をコントロールしてくれる独自のセンサー効果を持つ化粧下地。

さらっとした仕上がりで、なんとメーカーで13時間の化粧持ちデータがあるんです。

乾燥肌の人でも安心して使えて、毛穴レスな美肌を作ることができます。

UV機能ももちろんあるので、紫外線対策もばっちり。

皮脂くずれしたくない、使い心地が良いやつが良い、保湿もしたい、そんな人におすすめの商品ですよ^^

ちふれの化粧下地で気になる疑問Q&A

ちふれの化粧下地で肌荒れしたって噂が…敏感肌でも使える?

成分面では少々難あり…。敏感肌の人は必ずパッチテストを!

ちふれの化粧下地は値段が安いので肌荒れしないか少々不安が残りますよね。

ちふれの化粧品全般が安い値段なのは、パッケージのシンプルさと広告を使わないことを徹底しているため。

安いからと決して悪い成分を使っているわけではないのですが、防腐剤や乳化剤など添加物が含まれているのが気になるところ。

敏感肌の人は顔に塗る前に、二の腕の内側でパッチテストを行うことをおすすめします。

ちふれのオールインワンは化粧下地代わりになる?

化粧崩れしたくないなら化粧下地を別で使用するのが◎

ちふれから販売されているオールインワンジェル「うるおいジェル」はスキンケアと化粧下地の役割があるんです。

一緒に使えたらとても手軽ですが、化粧崩れを気にするのであれば、化粧下地を別で使うようにしましょう。

オールインワンジェルはあくまでも化粧下地を簡易化したもの。化粧下地として使うのは避ける方が綺麗な肌をつくれます。

ちふれの化粧下地とBBクリーム、どっちがおすすめ?

手軽さを求めるなら断然BBクリーム

化粧下地とBBクリームはそもそも用途が違うので、手軽さを求めるのであればBBクリームがおすすめです。

ただちふれのBBクリームはカバー力がないので、カバー力を求めるのであれば、化粧下地+ファンデーションを使ってあげましょう。