下地美人TOP > スペシャル > 下地美人×寺田チカさん コスメ&メイク対談企画

下地美人×寺田チカさん コスメ&メイク対談企画

2019.02.08

モデルさんにおすすめコスメやメイク術をお伺いする下地美人の対談企画!

今回は第6回。
寺田チカさんと対談させていただきました!

コスメにはあまりお金や時間をかけないという寺田さん。
コスパよく、時短したい方にぜひ読んでいただきたい対談内容となりました。

プチプラコスメで簡単に可愛く、優しい印象に見せるメイク術とは?

大ボリュームの対談で可愛くなるヒントを見つけちゃいましょう!

混合肌ならではの悩み、寺田さん的対策法は?

下地美人スタッフとーる(以下とーる):それでは寺田さん、よろしくお願いします!

寺田チカさん(以下寺田さん):よろしくお願いいたします!

とーる:では、肌質をお伺いしてもいいですか?

寺田さん肌質は混合肌ですね。乾燥と脂です。頬のあたりが乾燥して、というか突っ張っちゃって。あとはベタだけどTゾーンと顎の油分がひどいので。

とーる:それはご自身で気づかれましたか?

寺田さん:私最初自分では敏感肌だと思ってたんですけど、コスメカウンターのお姉さんに調べてもらったら混合だよって言われて。その日の肌の調子によっても変わってくるんですけど、それでもやっぱり混合肌って言われることが多かったので納得しました。

とーる:ご自身の肌質に気付くまでは時間がかかった感じですか?

寺田さん:どうだろう。でも、15年くらい前には気付いてましたね。

とーる:大変失礼なんですけど…、お歳をお伺いしても…?

寺田さん:35歳です(笑) アラフォーですよね(笑)

とーる:全っ然見えないです…。お肌がほんとにキレイで…。

寺田さん:本当ですか? 嬉しいです。

とーる:じゃあ、20歳くらいにはもう気付いてたってことですね。

寺田さん:そうなりますね。

とーる:ありがとうございます。次に、お話できる範囲で大丈夫ですので、お肌に関する悩みやコンプレックスはありますか?

寺田さん:赤ら顔です。赤くなりやすくて。それと、ちょっと肌質とは離れちゃうんですが、顔に肉が付きやすい。食べるとむくみとか肉がつくのが全部顔から始まるんです。

とーる:なるほどー…。それに対してなにか対策をしてることはありますか?

寺田さん赤ら顔はコントロールカラーとファンデーションを赤くなりやすいところに多めに塗ってカバーしています。輪郭に関してはメイクではないんですけど、サイドの髪を短めにして、輪郭を隠せるようにしていますね。髪をアップにするときも必ずサイドの髪は残すように上げたり。

とーる:簡単にできることですね。

寺田さん:そうですね、誰でも。顔に関しては何年も小顔矯正とコルギに通ってて、そのときは小さかったんですけど、辞めちゃって1年くらい経ったらみるみる大きくなって…。

とーる:やっぱり効果あるんですね?

寺田さん:あります。顔が小さくなるから相対的に目も大きく見えるし鼻も高く見えるんです。1年前の写真見るとほんとにぜんぜん違うので、また通わなきゃなって。

コルギとは
コルギは、骨気と書く韓国の美容小顔法のことです。
骨と筋肉に圧力をかけて骨の位置を矯正する、という手法。

新陳代謝が上がり、むくみが取れる、顔全体が引き締まるなどの小顔効果が期待できるものです。

とーる:小顔矯正に通うきっかけになったことって何かあったりしますか?

寺田さん:大体エステとかこういうのって1回目が安いじゃないですか。そういう体験に色んな所に行ってて、痛かったり効果を感じなかったりなかなか合うところがなくて。でも通っていたところは磁器みたいなもので押していく感じの施術で、それがすごい効果が出たんですよね。2時間の施術でびっくりするくらい顔が変わって、もうすぐに契約しました。そこから20回通ったかな。

とーる:頻度はどの程度?

寺田さん:最初は週1くらいなんですけど、ちょっとずつ良くなってくると月1とかになりますね。

とーる:そうなんですね~…!

寺田さん:いくらキレイになれるとはいえ、痛いのって嫌じゃないですか(笑)

とーる:通われてたところは痛みもなく?

寺田さん:そうですね、そこは全然痛くなかったです。

コスメはプチプラでOK!時短&低価格でキレイを作る!?


アイテム詳細はこちら

とーる:早速ですが、普段お使いのコスメをお見せいただきたいです!

寺田さん:プチプラばっかりなので、全然良いものじゃないですよ。

とーる:いえいえ。プチプラでもぜんぜん使えるもの多いですもんね。まずはベースメイクから。

寺田さん:下地はINTEGRATEの下地を使ってます。そしてそのままBBですね。

とーる:今日はコントロールカラーは使われてないですか?

寺田さん:赤みが気になるときだけなので、今日は使ってないですね。普段はキスミーのコントロールカラーを使ってます。緑色のコントロールカラーですね。

とーる:ありがとうございます。BBはこのプレストの…。

寺田さん:そうですね。Benoaってブランドの。韓国のものなんですけど。

とーる:見たことないブランドでした。これは愛用しているってことですか?

寺田さん:すごい良いです。今までいろんなファンデーション使ってきたんですけど、リキッドだとヨレちゃうし、パウダーだと厚塗り感がすごくて。でもこのBenoaのBBパウダーは薄付きでめっちゃキレイに付くんです。

とーる:薄付き良いですね!

寺田さん:安いし、ちょっと塗るだけですごいきれいに付くから時短にもなるし。

とーる:すっごい興味出ました。ほしい(笑)

寺田さん:もう5年くらい変えてないですね。それまで結構コロコロ変えてたんですけど。

とーる:これはどこで見つけたんですか? たまたま…?

寺田さん:韓国コスメとかが売ってるバラエティショップというか、コスメ屋さん?というか、そういうところで見つけて。

とーる:じゃあ事前知識なしに。

寺田さん:そうですね、特に知っていたわけじゃなく。韓国ブームだったので買ってみようかなって気まぐれで買ってみたらめっちゃ良かったっていう。

とーる:奇跡の出会いですね(笑)

寺田さん:本当に(笑) ツヤ系のベースメイクは私、更に脂性肌に見えちゃうのでだめだったんですけど、これは陶器肌的な。さらっとしつつ重すぎない感じです。


ぼかして優しい目元に!こだわりアイメイク


とーる:では続いてアイシャドウを。これは2種類使われているってことですか?

寺田さん:使いたい色があるので2つ持ってますけど、実はちゃんとアイシャドウ塗ってないんですよ(笑)

とーる:えっ!?

寺田さん:CEZANNEの1番左の薄い色を目頭の下にあたりに入れて、1番右の濃い色を目尻に入れてます。たれ目に見せたいので、目尻が下がって見えるように。

とーる:アイホールの方には塗らないんですね。

寺田さん:塗らないですね。自分でメイクするときは基本。

とーる:RIMMELの方はどこに使ってるんですか?

寺田さん:左上の薄い色を、涙袋に引くためだけに使ってます。

とーる:本当にそれだけ。単色シャドウじゃだめだったんですか?

寺田さん:全然単色でも良いんですけど、色んなシャドウ試行錯誤してるうちに「これ1番いい色だな」ってたどり着きました。

とーる:アイホールに塗らないのはどうしてですか?

寺田さん:目の下側にまぁまぁ塗ってるじゃないですか。上の方にも塗るとどうしても「メイクしてます」って感じが出てしまって。シャドウをしっかり塗ったほうが二重幅ってはっきりするんですけど、私の場合はっきりしすぎてケバくなってしまうんですよね。

とーる:確かに。

寺田さん:仕事柄、カメラアプリで写真撮って投稿することが多いんですけど、めっちゃメイク濃いねって言われちゃったりして。

とーる:目が大きく見えすぎちゃって、ってことでしょうか。

寺田さん:そうですね。二重がぐっと強調されすぎちゃうので。できる限りナチュラルに見せたいし、だったら塗らないでおこうって。

とーる:目が大きい方ならではというか。逆に目を大きく見せたいとか、二重幅をはっきりさせたい人はシャドウをしっかり塗ったほうが良いってことですね。

寺田さん:そうだと思います。特にブラウン系ですね、はっきり見えがちなのは。

とーる:アイライナーは使われてないですか?

寺田さん:使ってないですね。アイラインが似合わなくて…。目尻に使ってるシャドウをアイライナーっぽく引いてます。シャドウをライナー代わりに。目元の印象をぼかしています。

とーる:シャドウ使うとラインの色味が可愛いですね。パープルっぽく見えておしゃれ。

寺田さん:本当ですか? 良かった(笑)


顔の印象が変わるメイクアイテム


とーる:こちらはコンシーラーですかね?

寺田さん:そうです。KATEのスティックコンシーラー。これはクマとかシワを隠すって言うよりは、目元のホクロを隠すためだけに使っていますね。目のキワにあるホクロなので嫌だなって思って隠してます。

とーる:クマとかシミは隠さないですか?

寺田さん:隠したいと思うほどではないので、今までほとんどないですね。寝てなかったり疲れがあったり、不安があると出てきちゃうんですが、普段気をつけていればそこまで…ですね。

とーる:ありがとうございます。次にハイライトとシェーディング、ですかね?

寺田さん:そうです。CEZANNEの。高いものとあまり大差ないかなって勝手に思っちゃって。

とーる:自分で納得できる効果が出れば高くなくてもいいですもんね。

寺田さん:そうですね。Tゾーンの縦の部分、鼻のラインにハイライトを乗せて、鼻の影になる部分にシェーディングを入れます。陰影をつける感じで。

とーる:マスカラは、BROWLASH RiCHアイズリフトマスカラ。

寺田さん:もともとデジャヴュを使ってたんですけど、これは母にもらったんですよね。すごいきれいに付くので愛用してます。

とーる:マスカラも特にこだわりなく、ですか?

寺田さん:こだわらないですね。できればウォータープルーフで、お湯で落ちるのが良いなとは思います。まつげは基本的にマツエクなので、あまりこすりたくなくて。

とーる:そしてチークはCANMAKEですね。

寺田さん:はい。でも、ほとんど使わないです、チークは。

とーる:それはどうしてですか?

寺田さん:メイクしてしばらく時間が経つと赤みが出てくるので、チークをしてると頬が色づきすぎちゃって。だからいいかなって思ってしてません。

とーる:最後にリップですね。

寺田さん:リップはキスミーのものをずっと使ってます。ピンクの。


お肌作りは無頓着!?


とーる:季節ごとにベースメイクを変えたりしますか?

寺田さん:しないです。

とーる:それはこだわってるから…?それとも気にしてないです?

寺田さん:気にしてないですね。あまり化粧品とかスキンケアに対して神経を尖らせてないと言うか…。この前もスキンケアの試供品を頂いたんですけど、クレンジングミルクと乳液を間違えて使ってたんですよね(笑) このクレンジング全然落ちないな?と思ったら乳液で(笑)

とーる:それ結構焦りますけどね(笑)

寺田さん:普通はそうですよね。しかもそれに気付いたのが翌日だったので、乳液だと思ってクレンジング塗って寝てたんですよね(笑)

とーる:無頓着と言うかなんというか…。

寺田さん:いやもう、無頓着です。こんな感じだけど肌トラブルもないしニキビもできないし。

とーる:もともと肌がすごい強いというか、良いものをお持ちなんだなという感じですね…(笑)

寺田さん:本当ですか? でももっと荒れるタイプならもっと真剣だったかも知れません。そう思うとこの肌でよかったなとは思います。でも、皮膚は薄いほうだと思うんですよね。

とーる:え、そうなんですか?

寺田さん:はい。私すぐ痒くなっちゃう体質で、皮膚科でヒルドイドを処方してもらってるんですけど、ヒルドイドを塗ると余計に痒くなっちゃって、結局塗らないで我慢するしかなかったり。

とーる:同じですね。私もすごい痒くなります。アトピー系で。私の場合ストレスが原因だったみたいで、嫌いだった地元から出た瞬間に治ったんですけど(笑)

寺田さんやっぱり気持ちの持ちようって大事ですよね、本当に。私も、「今日はスキンケア忘れた、もうダメだ」って思うんじゃなくて「まあ大丈夫かな」って前向きなのが多いから…(笑)


スキンケアは朝夕使い分け


とーる:日々のスキンケアはどういうアイテムを使ってますか?

寺田さん:これもこだわりがないので頂きものを使うことが多いんですけど。今はマルクパージュってオールインワンジェルを使ってます。

とーる:オールインワンジェルなんですね。

寺田さん:クレンジング、洗顔、オールインワンジェルのセットで頂いて。ただ、朝これ塗ったあとにファンデーションを塗るとノリが悪いので、朝はアミノモイストを使ってます。昔からアミノモイストのトロっとしたテクスチャが好きで、自分で買うとしたらこれかな。

とーる:今まで商品提供などで頂いたものの中で良かったなって記憶に残ってる商品はありますか?

寺田さん:LISSAGEですかね。

とーる:リサージ。

寺田さん:はい。これも一式ラインで使っていて、高ランクの青いボトルのものを使ってたんですけど、このときは肌の調子が良いなって思いました。

とーる:オールインワンジェルも全然躊躇いなく。

寺田さん:全然、効果があればオールインワンジェルのほうがむしろ楽ですよね。フェイスマスクするときはちゃんと化粧水乳液ってやりますけど。

とーる:フェイスマスクは何を使ってます?

寺田さん:ルルルン。

とーる:一緒だ。私も。ルルルンいいですよね。

寺田さん:ルルルンのエイジングケアのやつ使ってます。たまたま今赤いやつ使ってるんですけど、ルルルンだったら何でも良いかな。これもこだわりなく。

とーる:そうなんですね。そういえばルルルンのクレンジング出てるのご存知ですか?

寺田さん:え、そんなのあるんですか?

とーる:11月に出たんですよね。

寺田さん:へぇー! 人気ですか?

とーる:まだ出たばっかりなんですけど、スタッフは結構落ちる!って高評価でしたね。

寺田さん:ジェルとバーム2種類? どっちが落ちるんですかね、これ。

とーる:使い勝手はジェルのほうが好きだけど、落ちるのはバームの方だって言ってました。

寺田さん:私もクレンジングはジェル派なんですよね。

とーる:それはどうしてでしょう?

寺田さん肌に優しいから。多分、ミルクが1番優しいんだと思うんですけど、クレンジングミルクって少ない量だとすごいこすらなきゃいけない気がして…。ジェルってすごい伸びやすいから。オイルはマツエク使ってるから使えないし、ずっとクレンジングジェルですね、無印の。

とーる:無印のクレンジング良いらしいですね!


日焼け止めは安いものを塗り直し


とーる:メイクの前に日焼け止めは塗りますか?

寺田さん:顔には、コスメに入ってるものだけで済ませちゃいますね。SPF30の化粧下地だったらそれで、みたいな。

とーる:身体には塗らないですか?

寺田さん:身体はビオレの安いやつ。薬局でカゴにもられてる感じの…(笑)

とーる:よくあるやつですね(笑)

寺田さん塗り治せる日は3時間ごとくらいに塗り直すので、夏の間に2本とか買うことになるかもって思うと、高いものはしんどいかなと。

とーる:確かに。ANESSAとかアリーはちょっとしんどいですよね。

寺田さん:そうなんです。しかも私、自分の肌にはANESSAとかよりビオレのほうが合うんですよね。塗りやすいし、テクスチャも水っぽくて。


寺田さんの可愛く見せるメイク小技


とーる:では続いて、メイクする順番をお伺いします。

寺田さん

  • 1.スキンケア
  • 2.化粧下地
  • 3.ファンデーション
  • 4.アイブロウ
  • 5.アイシャドウ
  • 6.ノーズシャドウ、ハイライト
  • 7.リップ

です。

とーる:ありがとうございます。メイクが完成するまでに何分くらいかかりますか?

寺田さん:大体15~20分ですね。

とーる:サクサクっと終わらせる感じなんですね。では、こだわりのメイクポイントってありますか?

寺田さん:さっきもお話した、たれ目に見えるように目尻に濃いアイシャドウを塗ることと、涙袋メイクで優しい印象にしてます。写真映えもよくなります。あとは、鼻と唇の間が狭いほうが可愛いので、上にオーバーめにリップを塗ってます。

とーる:リップをオーバーめに。なるほど。

寺田さん:鼻と唇の間が広いとのっぺりして見えちゃうので。

とーる:では、ここのメイクが上手くできたら嬉しい!ってポイントはありますか?

寺田さん:眉毛です。

とーる:それはなぜですか?

寺田さん:眉毛を描かなくてもいいくらいきれいな眉毛の方が羨ましくて、キレイに眉毛を描いてる方を見ると「メイクうまいな」って感じるので、私もうまくいくと嬉しいです。

とーる:なるほど。

寺田さん:例えばアイメイクとかリップがすごい上手でも、眉毛の形が変だったり、剃りすぎちゃってる眉毛だったりすると残念に思っちゃうので…。これは個人の感覚なんですけど。眉毛がキレイだと品も出そうだし知性も出そうだしって思って。


メイクやコスメの情報はSNSから!


とーる:メイクとかコスメの情報とかって、どこで仕入れることが多いですか?

寺田さん:ほとんどインスタですね。可愛い子がやってるメイクとかコスメだと試したくなっちゃう。

とーる:SNSだと、ご自身と同じ年齢層の方を参考にすることが多いですか?

寺田さん:あまり気にしないですけど、10代、20代前半あたりの明らかに若すぎるなって子は飛ばしちゃいますね。そもそも作りが違うので、20代後半から30代前後が多いかな。

とーる:撮影現場でメイクさんにメイクしてもらう機会もあると思うんですけど、参考になったメイク方法とか、取り入れたメイク方法とかありますか?

寺田さん:本当に申し訳ないんですけど、ないですね。ベースメイクはすごいツヤっぽくキレイに、ナチュラルなのにしっかりカバーしてくれて、すごいなーとは思います。

とーる:自分でやってみよう!とはならなかったですか?

寺田さん:撮影のときって、すごい時間かけてベースメイクを作ってくれるんですよね。いろんなファンデーションを混ぜて色を作ってくれるので、さすがにそこまではできないなって思います。

とーる:あくまでやってもらうときは、って感じですね。

寺田さん:本当にキレイなんですよ。下からずっとレフ板当てられてるみたいで。でも、真似はできないですね(笑)

とーる:メイクさんが使ってたアイテムで良いなって思ったものはありましたか?

寺田さん:あります。今は使ってないんですけど、KATEのアイブロウは真似して使ってました。いろんなメイクさんが持ってて、「これ良いよ」って教えてくれて。メイクさんが持ってたコスメの中で唯一プチプラだったので、本当に良いものなんだなって思って買いましたね。


リピコスメはBBパウダー


とーる:リピート買いしてるコスメはありますか?

寺田さん:BBパウダーですね、Benoaの。アイシャドウとかリップは似たような色であれば同じブランドじゃなくても良いんですけど、これだけは買い始めてから1回も浮気してないです。

とーる:他のものを試そう、とはならなかったですか?

寺田さん:ならなかったです。自分にあってるからいいなって。BenoaのBBパウダーの中にも、ラメ入りだったりオークルとベージュで色が違ったりって色々あったんですけど、それをいくつか試したくらいですね。

とーる:好きなメイクの色味はありますか?

寺田さん:アイシャドウは塗らないんですけど、もし塗ってくれるならピンクとかブラウンが良いですね。リップやチークはピンクが好きです。

とーる:それはもう単純にご自身に似合うから?

寺田さん:そうです。ピンクってパッとするし、女の子って感じがするじゃないですか。

とーる:華やかになりますよね。

寺田さん:私はカッコイイ感じよりもフェミニンな方が好きなので、髪型も服装も。なので、ピンクが合うなって。


コスメは低価格なものを多く持つ


とーる:コスメはどこで買うことが多いですか?

寺田さん:ドラッグストアとか、コスメの専門店ですかね。通販で買ったりはしないです。

とーる:店頭に行くほうが良いですか?

寺田さん:デパートとかドラッグストアとか、買い物のついでに見ることが多くて。ついでに買っとこうって。

とーる:今気になってるブランドやコスメはありますか?

寺田さん:ないです(笑) ないですっていうのも申し訳ないんですけど。

とーる:いえ全然! むしろ今のメイクに満足してるってことなので、良いことだと思います。

寺田さん:満足してるわけではないんですけど探究心がないというか…(笑) コスメに関しては「今日アイシャドウ塗ってみようかな」とか「チーク違う色にしてみようかな」とか、プチプラの商品をいくつか買ってその日の気分や遊びで変えるくらいですね。高いやつを1つ買うよりも、安いものをいくつか買って気分で変えるほうが好きです。

とーる:メイクする時の道具でおすすめのものってありますか?

寺田さん:ちょっと前にブラシでファンデをポンポンって塗る方法が流行ってたのかな。それを私もやってみたんですけど、すっごい良かったです。鼻周りもキュっと毛穴ゼロになるし。

とーる:それは今はやられてないですか?

寺田さん私にとってメイクで大事なのは時短なので、ベースメイクはすぐにスポンジに戻しちゃいました。ブラシだとどうしても時間がかかっちゃうので…。


リアルな使用感が分かる人を目標にする


とーる:メイクで目指してる芸能人やモデルさんっていますか?

寺田さん:芸能人というか、インスタで可愛い子を見てます。読者モデルとか。芸能人さんとかモデルさんって、メイクさんにメイクしてもらってるじゃないですか。でも読者モデルとかSNSで人気の子って、自分が持ってるアイテムで自分でメイクしてる感じが良いなって。身近に感じます。

とーる:なるほど、確かに言われてみればそうですね。

寺田さん:インスタでメイク動画とかも載ってるので、そういうのを見て参考にすることが多いです。

とーる:では続いて、特にお金をかけていいなと思えるアイテムはありますか?

寺田さん:私はどっちかって言うとメイクするものよりもスキンケアにお金をかけたいですね。そんなに高いものを買いたいわけじゃないんですけど、かけるとしたらそこが良いです。

とーる:逆にプチプラでいいと思えるものは?

寺田さん:アイシャドウとアイブロウはプチプラでいいかな。上手に描ければ100均でも良いと思うし、アイシャドウもCANMAKEとかで十分だと思います。


はっきり思い出せる、初めてメイクをした日


とーる:ここからは過去のお話になるんですが、初めてメイクをしたときっていつ頃か覚えてらっしゃいますか?

寺田さん:15歳です。

とーる:すごいはっきり覚えてらっしゃるんですね!

寺田さん:すごい覚えてますね。お母さんのメイク道具が置いてあるところでマスカラを見て、これなんだろうって思って。そのあとお母さんがメイクしてるのを見て真似してやった記憶があります。あとはリップですね。リップしたら1発でメイクしてるって感じが出るじゃないですか。だから口紅をすごいはみ出しながら塗ってた記憶あります(笑)

とーる:印象的な出来事として残ってるんですね。ではそれに関わるんですが、メイクしようと思ったきっかけはお母さんが塗ってたから?

寺田さん:そうです。お母さんがいつも私の横でメイクしてて、可愛くなるのを見て、自分もやりたいなって。

とーる:お母さんは協力的だったんですね。

寺田さん:協力的でした。一緒に髪型も可愛くしたほうが良いよとか。

とーる:このときって周りのお友達でメイクしてる子はいましたか?

寺田さん:中学ではあまりいなかったです。この頃はまだ眉毛を整えるくらいで。高校1年生くらいで浜崎あゆみちゃんが流行って、そのときにみんなやるようになったかな。ぱっちりまつげと赤リップっていう、ドール系のメイク。

とーる:それは寺田さんもやられてましたか?

寺田さん:やってました(笑)

とーる:では、ベースメイクもしっかりやって…と現状のようなメイクができるようになったのはいつ頃でしたか?

寺田さん:高校1,2年ですね。私高校生くらいからギャルだったので、メイクが結構濃くて。メイクしてるっていうのがはっきり分かるほうが良いから、リップから買って、アイシャドウもアイホールまでしっかり塗ってました。

とーる:そこから落ち着いてきたと。

寺田さん:大学生くらいの頃にエビちゃんの「大人カワイイ」みたいなメイクが流行って、結局流行りに流されやすかったので、そっちに流れました。

とーる:メイク初心者の頃、つまづいたことってありましたか?

寺田さん:その時眉毛用のシェーバーとか持ってなかったので、お父さんのカミソリ借りて、手が滑って眉毛全剃り!とかありました(笑) でもそれくらいかな。

とーる:メイク技術でつまづいたことはなかったですか?

寺田さん:特になかったと思います。記憶に無いですね。私は母が化粧品会社で働いていて、人にメイクしているところを近くで見ていたので、なんとなくわかってたんだと思います。

とーる:感覚なんですね。


自分に合わないメイクも学びにする


とーる:では、今のメイクが確立するまでに経験したことって何がありましたか?

寺田さん:メイクさんにメイクしてもらう時、絶対自分じゃやらないぞってメイクをしていただくことがあるんですよね。そういう時に、「これ自分には似合わないな」って思ったらやらないようにしようって。アイライナーが似合わないから引かないとかはまさにそれですね。

とーる:教わったものを取り入れるわけではなく、逆なんですね。

寺田さん:すごいメイクさんに失礼だと思うんですけど、逆ですね。

とーる:でも学びにはなりますよね。

寺田さん自分は30年以上この顔と付き合ってきてるので、自分の顔の変化もすぐにわかるじゃないですか。だから、メイクさんがメイクしたほうがきれいに仕上がるのは間違いないんですけど、似合うか似合わないかは別問題だなって。

とーる:ありがとうございます。ではこれで最後になるのですが、下地美人をご覧くださってる、メイク初心者の方や自分のメイクを変えたい!と思ってる方に対して、なにかアドバイスが有ればお願いします!

寺田さん完全に持論ですけど、眉毛は本当に大事だなって思います。眉毛だけで顔の印象ってガラっと変わるんですよ。位置とか形で。初心者の方って疎かにしやすい部分だと思うんですけど、ちょっと気を使ってみると変わるんじゃないかなって思います。

とーる:眉毛ですか、たしかに印象変わりますよね。

寺田さん:メイク始めたばかりの子って若い子が多いと思うんです。そんなに背伸びしなくても、眉毛整えてグロス塗るだけでも垢抜けてきれいに見えます。まだまだ肌もキレイだし、そんなに頑張らなくても大丈夫だよって思いますね。

とーる:なんだかハっとさせられるアドバイスでした。本日はありがとうございました!

寺田さん:こちらこそ、ありがとうございました!

寺田チカさんプロフィール