下地美人TOP > スペシャル > 【下地美人×コスプレ】もちやさんのコスプレメイク!メイクのコツやアイテムを聞いてみた

【下地美人×コスプレ】もちやさんのコスプレメイク!メイクのコツやアイテムを聞いてみた

2019.07.06

この人が使っているコスメが知りたい!
この人がやっているメイク術が知りたい!

そんなユーザーの願いを叶える、下地美人の対談企画。

今回は今までの対談企画とは打って変わって、なんとコスプレイヤーさんにお話をお伺いしちゃいました!

コスプレと言えば、キャラクターにより近付かせる2次元的なメイク技法を使いこなしている人が多いイメージ。

今回お話を伺った大人気コスプレイヤーもちやさんは、ナチュラルさを残しつつもしっかりキャラクターっぽく見せるメイクの使い分けがとても上手なレイヤーさんです。

もちやさんの数ある代表作の中でも特に人気が高い、モードレッド&ネロ・クラウディスのメイク術をご披露いただきました❤

最近コスプレを始めたコス初心者さんも、日常的に使えるメイク小技が知りたい方も必見!

読み応えのある対談記事になりました!

コスプレイヤーもちやさん コスプレメイクに関するよもやま話

―――コスプレをし始めたきっかけは何かありましたか?

もちやさん「即売会でコスプレイヤーさんを見て、自分もやってみたいなー!って思ったのがきっかけです。友達と、『とりあえずやってみよっか!w』って感じで。」

―――コスプレはいつ頃からはじめましたか?

もちやさん「イベントの時に年1くらいでやるようになったのは5年前、今みたいに本格的にやるようになったのは3年くらい前です。」

―――コスプレメイクを初めてやってみた頃はどんなメイクでしたか?

もちやさん「もうめっちゃケバかったです(笑)

その頃、コスプレメイクって『とにかく濃くする!』ってイメージが強くて…。

女装キャラだったんですけど、上のつけま2枚、下のつけま1枚で片目につけま3枚つけてたり(笑)

今でもこだわってつけまつけてる方もいて、そういう方は素敵だなって思うんですけど、当時の私はこだわりとかじゃなく、『こうしとけばいいでしょ!』って感じだったので、本当に…(笑)

アイテープとかも知らない時代だったので、目に毛虫ついてますか?って状態でした。」

―――今のメイクができるようになるまで、どんな試行錯誤をしましたか?

もちやさん「今みたいに安定したメイクの基盤ができたのが、FGOのコスプレを始めてからなんです。

それまでは男装が多くて、毎回色々やってましたね。

今でも気分でメイクを変えたり、使う色を変えたりするので、毎回試行錯誤です。」

―――コスプレメイクをする時に困ったことやつまづいたことはありますか?

もちやさん二重を作るアイテープ。奥二重っぽいというか、テープで幅を広げても埋もれがちになっちゃってて。

綺麗に二重幅を作れるようになるまで、深夜とかにめっちゃ練習しました(笑)」

―――これは特に練習した!という行程は他にありますか?

もちやさん「アイテープ以外だと、テーピングです。

もう正直わたしのコスプレはテーピングが最重要事項なので…(笑)

理想の目の形にするにはどうすればいいか?などを何回も練習しました。

今も、『今回こうだったから次回はこうしてみよう』って気付きがあるので、日々成長してます。」

―――コスプレメイクにおすすめのコスメを教えてください。

もちやさん「実はブランドとかあまりこだわりがなくて…(笑)

安くて使いやすいので、KATEは気に入っています。あとマジョマジョかな。

マジョマジョは、ファンデーションを初めて買ったときからずっとリピートで使ってます。

マジョマジョの白いペンシルアイライナーを涙袋用に使ってるんですけど、それも使いやすくて好きです。」

―――コスプレの時、絶対これは外せない!というアイテムはありますか?

もちやさん「女装のときはつけまつげ!(笑)

2つ目はアイシャドウブラシ。これもこだわりなくて、いっぱいブラシ入ってるサンキューマートのやつなんですけど…(笑)

アイシャドウはチップで塗るより、ブラシで塗ったほうが仕上がりが良いので、ブラシ忘れると更衣室で3分くらい放心状態になります(笑)

あとは眉マスカラも重要ですね。眉毛がすっごく大事だと思っているので、眉マスカラは必須アイテム。

―――キャラごとに変化を持たせられるよう意識しているところはありますか?

もちやさんアイメイクですね。目の形とか、眉毛の書き方。これはかなり大事だなって思います。

目の形は、アイライナーの引き方やつけまの付け方でかなり変わるんです。 わかりにくいかもしれませんが、ネロちゃんとモードレッドでは切開ラインの引き方も目尻のラインの形も変えてます。

眉毛は、可愛い系のときは自分の眉の始点を基準に書くんですけど、かっこいいキャラや男装のときは書き始める位置を下の方に下げます。

後藤くん(刀剣乱舞)のときなんかは、もう自分の眉の形無視ですね。
目の近いところから書き始めて、きりっと上に引き上げます。

眉毛が顔の印象を決めると思うので、あんまりキャラごとに差が出ないっていう人は、眉毛の形とか書き方を変えてみると良いかな?と思います。」

―――キャラクターごとに使うコスメや道具は変えていますか?

もちやさん「アイシャドウの色は変えますが、道具自体まるまる替えることは基本ないです。

昔、コントロールカラーとか使ってみたりしてたんですけど、私が使ってた色が私には効果がない色だったのかな(笑)
あまり変化を感じられなかったので、やめました。

極端な色白キャラや褐色キャラをまだやったことがないので、あまり考えなくてよかったのかも。

今後褐色キャラとかをやることになったら、その時考えます(笑)」

―――コスサミや夏コミなど、暑い環境でコスプレをすることも多いと思いますが、化粧崩れ対策は何かしていますか?

もちや「頻繁にメイク直しをするのは心がけてます。

…でも実は、顔にほとんど汗をかかない体質で…。
これとこれは絶対!っていうような工夫は特にしてないんです、参考にならなくてすみません。」

―――普段、質問箱などでもメイクについて質問されることが多いと思いますが、何について聞かれることが1番多いですか?

もちや「結構漠然とした質問が多くて、上手にお答えできないこともあるんですけど、1番多いのはつけまに関することですね。

『どこのつけまですか?』とか、『どうやったら上手につけられますか?』とかが多いかな。

語彙力がないので、本当に上手に説明できなくて申し訳ないんですけど…(笑)

つけまは100均とかドンキで、キャラクターのまつ毛をイメージして『こんな感じかな!』って割とフィーリングで買います。
使い捨てちゃっても良い!ってくらいの気持ちで使うことが多いので、安いものが多いです。

付け方については…、作りたい目の形を想像して貼るんだよ…としかいつも言えなくて!(笑)

慣れればそんなに難しいことじゃないので、100均のつけまとかで練習するのが1番早いと思います。」

―――おすすめのカラコンを教えてください。

もちやさん「カラコンは、絶対このブランド!と決めているわけではなくて、原作の色と目の柄、自分が写真写りが良くなるものか?って基準で選んでいます。

キャラクターごとに変えているので、同じ緑カラコンでもたくさんありますね。
カラコンだけで展示会できそうなくらいあります(笑)

その中でも特に気に入ってるのは、エティアクールエティアジュレエティアクールは、女の子にも使えるし、かっこいいキャラにも使えるので重宝します。 カラバリもすごく多いので有り難いですね。


↑エティアジュレ使用時


↑エティアクール使用時

エティアジュレは、カラバリは少ないですがフチ無しで男装のときにとても使いやすくて好きです。
今日のモードレッドはエティアクールを使うんですが、撮影のときにはエティアジュレも使います。


↑アイスフローラ使用時

最近のお気に入りは、アシストのアイスフローラっていうカラコンです。
これもカラバリが少ないんですけど、直径が15mmあるんですよね。

目線外して撮影する時に、目がほぼ白目になっちゃう!ってときが何回かあったんですが、アイスフローラは直径大きいのでそれがないんです。

個人的には黄色カラコンの発色がとても自然で綺麗なので、そこもお気に入りポイントです。
黄色カラコンって不自然な人外発色になったり、全く発色しなかったりとなかなか良いものがないんですが、アイスフローラは綺麗です。」

―――今後やってみたいキャラクターはいますか?

もちやさん「具体的には挙げられないんですが、タレ目のキャラとかやってみたいですね。

『可愛い!』っていうのが全面に押し出されたキャラと言うか…(笑)

あとは、衣装が可愛いのでパニエでフリルやスカートをもりもりにした女の子のアイドルキャラみたいなのも、やってみたかったりします。

自分がなかなかアイドルジャンルにハマらないのでできないんですけど、憧れますね。」

もちやさんこだわりのコスメイクを実演!

下地美人スタッフとーる(以下とーる):…と、いうことで。実際にもちやさんにメイクをしていただきつつ、こだわりのポイントやコスメの使い方などをお伺いしていこうと思います!

どうぞよろしくおねがいします!

もちやさん:よろしくお願いします!…本当に大したもの使ってないんですけど、大丈夫ですか?(笑)

とーる:全然大丈夫です(笑)

むしろ、購入しやすいアイテムのほうが、参考にしたい!って方は参考にしやすいと思うので!

もちやさん:がんばります(笑)

とーる:すっぴんNGとのことでしたので、今回はもちやさんのコスメイクの重要ポイントであるアイメイクのみ、ノーメイクからメイク後の比較写真を撮影させていただきます。


もちやさんのコスメイクアイテム

キャラクターの印象を決めるテーピング!

もちやさん:もうね、テーピング(笑)

下地美人さんでのメイク企画なのにそんなこと言っていいの?って感じですけど、テーピング命です(笑)

とーる:そうですね(笑)

コスプレイヤーさんがやるテーピングっていうのは、顔の輪郭や目の形を変えるために医療用テープなどで頬やおでこを引っ張ること…を指しますが、やりすぎると歳を重ねた時に肌がたるみやすくなるというのは有名な話なので…(笑)

下地美人的には、やりすぎはほどほどに…とコメントしておくことにします(笑)

でも、本当に顔の印象がガラッと変わるのですごいですよね。

もちや:レイヤーじゃなきゃこんなことやらないですからね(笑)

イラスト:こもとさち(https://conooto.net/

テーピングはそれぞれ頬の側面から上に引っ張るのが1本、頬骨あたりから斜め上に引っ張るのが1本。これが輪郭用です。

目を大きくするためと、目の左右バランスを揃えるために目の上あたり、おでこにもそれぞれ左右1本ずつテーピングします。

キャラクターにもよりますが、ネロちゃんみたいな可愛い女の子キャラは基本これだけ。

モードレッドのような、ツリ目でキリっとしたキャラクターは、目尻の上あたりから斜め上にもう1本追加します。

こうすることでめっちゃキリっとなるんですよね。

テーピングは、専用のテープみたいなのじゃなくてドラッグストアで買った太めの医療用半透明テープを使ってます。

レイヤーさんなら使ってる人多いんじゃないかな。

太いほうが一気に持ち上げてくれる感じがして好きですね。

ベースメイクはCCクリームとパウダーファンデでシンプルに

とーる:ベースメイクはSUGAOのCCクリームなんですね?

もちやさん:そうです。コスプレ始めた頃からずっとこれですね。

SUGAOのCCクリームを塗って、マジョマジョのパウダーファンデ。

コス始めた当時コスメの知識とか本当になくて、店頭で見てた時に「スフレのような軽いつけ心地」って書いてあったのを見て、「軽いのか~!これにしよ!」って感じで(笑)

とーる:でも今まで崩れが気になったりせず、トラブルもなく…ですもんね?

もちやさん:そうですね。

ベースメイクはデパコス使ったほうが良いよ~って言ってる方が結構多いので「マジかぁ」と思いつつ、でも特に困ってないしなぁって、いつもこれにしちゃいます。

とーる:現状もちやさんにとってはベストなベースメイクなのかもしれませんね(笑)

もちやさん:そうか、そうなのかも(笑)

赤のクリームチークでクマと眉毛を綺麗に消す!

もちや:コンシーラーで眉の剃り残しとクマを消すんですけど、コンシーラーだけだと消えにくくて、なんかちょっと薄く残っちゃうんですよね。

だから、赤いクリームチークを先に軽く塗ってからコンシーラーを塗ります。
こうすると、クマとか眉毛とかきれいに消えてくれるんです。

とーる:なるほど! クリームチーク塗る方法は、私も聞いたことがあります。

もちや:おすすめですよ! コンシーラーはKATEのスティックコンシーラーで。特にこだわってるわけではないんですけど、使いやすいので重宝しています。

コンシーラーをしたらマジョマジョのパウダーファンデで整えて、ベースメイクはこれで終わりです。

キャラクターの印象を決める!アイメイク比較やってもらいました

とーる:もちやさん的に重要だというアイメイク、可愛いキャラのネロちゃんとかっこいいキャラのモードレッドさんで比較していただきます!

もちや:大まかなことは変わらないんですが、アイラインの形やアイシャドウの色が変わるので、そういうところで変化がわかるかな?と思います。

行程としては…、まずはアイテープ(笑)
これはどんなキャラでも基本的に変わらないです。

二重幅を広げたいので、自分の元々ある二重の線の上くらいに貼ります。

100均のテープなので、失敗したな~と思ったら遠慮なく貼り直して(笑)

二重テープは片面タイプのものを使っています。

とーる:例えば目の大きさとかバランスがどうしてもアシンメトリーになってしまうことってあると思うんですけど、そういうのもテープで調整しちゃいます?

もちや:基本はテーピングで調節しちゃうことが多いですね。バランスを保つために、片方だけテーピングしない!とか。

でも、アイテープの位置で微調整することもあります。
気合と練習ですね、これは(笑)
アイテープは私も1番練習したところなので。

可愛い活発な女の子のアイメイクはどう作る?

とーる:まずはネロちゃんのアイメイクから解説お願いします!

もちや:ネロちゃんのアイメイクに使うシャドウの色はこの色です。

①の色をアイホールの、目の真ん中から目尻のあたりに塗っていきます。

目尻までいったら、そのまま目の下まで伸ばします。

目の輪郭に沿うんじゃなくて、下つけまをちょっとオーバーに貼るので、下つけまの内側になる部分には塗らないように気をつけます。

とーる:目頭の方はほとんどアイシャドウを塗ってないってことですか?

もちや:そうですね、軽~くアイホール全体に塗る色もあるんですけど、真ん中から目尻の半分だけに塗ることが多いです。

③の色はアイホール全体にさらっと伸ばします。

②の濃いブラウンは目尻だけに、アイライナーみたいな感じで引きます。
細く、ほんとにちょっとだけ…。

⑤番の明るめのオレンジも目尻に塗ります。

ネロちゃんは可愛い感じに仕上げたいので、アイシャドウもちょっとオーバーめに。
目の大きさと比べるとかなり広範囲に塗るイメージです。

アイシャドウを全部塗り終わると、まぶたの真ん中から目尻にかけてグラデーションになるようなイメージで塗っています。

そして、私はダブルラインもアイシャドウで書いてます。
④番のダークブラウンを、ダブルラインに。

とーる:ダブルライン、コスプレメイクされる方はすごく上手に引かれますよね。

もちやさん:いや、本当に。尊敬します。

私はアイライナーとかで引いちゃうとすぐに失敗してしまうので、アイシャドウでぼかして…ぼかして…ですよ(笑)

さっき二重テープで作った二重の線の上から、アイライナーを引いて伸ばした目頭、目尻の方までダブルラインで二重を伸ばしていきます。

アイシャドウでダブルラインを書くのはかなり簡単なので、初心者さんにもおすすめです。

とーる:なるほど~! ダブルラインってかなりの人が躓くポイントだと思うので、アイシャドウから練習してみると良いんですね。

…アイシャドウのブランドもこだわりなく?

もちやさん:はい(笑)

友だちにもらったものを愛用しています。
カラーがたくさん入ってて、この2つ持ってるだけでどのキャラにも対応できるので、使い勝手が良いですね。

最後に涙袋の、高く見せたいところにマジョマジョの白いアイライナーで色を付けていきます。

切開ラインで伸ばした目頭の方もしっかり。

とーる:涙袋は、白だけを使うんですね。

もちやさん:涙袋の影をつける、みたいな感じで涙袋の下にラインを入れる人も多いと思うんですけど、あれ難しくて…(笑)

めっちゃクマがある人みたいに見えちゃうので、私は時々しかやらないです。

基本は白いアイライナーで立体感をもたせるだけですね。

アイラインも顔の印象がキツくなりすぎないように

もちやさん:アイライナーも、目の真ん中から目尻にかけて引いています。

目を囲う感じじゃなくて、目を大きく見せたいので目尻をオーバーに引いて~…ってイメージです。

アイライナーはブラウンを使っています。
ブラウンでも十分目元がはっきりするし、ナチュラルに仕上がるので。

男装のときは黒使うこともありますけど、女の子ならブラウンのほうが目元が優しく見えていいかなと思います!

とーる:アイラインの引き方にこだわりはありますか?

もちやさん:キャラクターのイメージを大事にしたいので、そのキャラによって引き方は変わります。

ネロちゃんの場合は、可愛く見せつつもちょっとツリ目っぽいというか、勝ち気で元気な子なので、アイラインも目尻の方は少し跳ね上げることを意識しています。

切開ラインも引いているのですが、これは自分の目頭の延長線上から、目頭の先端が丸くなるように、丸めに引いています。

とーる:アイラインは自分の目に沿った形で?

もちやさん:ネロちゃんは大体そんな感じです。

自分の目に大まかに沿いつつ、理想の形になるように目尻は跳ね上げて、ちょっと長めに引いて~…ていう。

可愛いキャラのつけまは上向きに

もちやさん:アイメイクがだいたい終わったら、つけまです。

つけまは基本的にアイライナーに沿ってつけるので、ネロちゃんはほぼ目の形に沿う感じになります。

とーる:ネロちゃんのつけまつげは…。

もちやさん:100均です!セリア(笑)

100円で2セット入ってて、毛束感も良くて愛用してます。

ネロちゃんみたいに可愛い女の子キャラの場合は、目を開けてまっすぐ前から見た時にもしっかりまつ毛がパッチリ見えるように、つけまを上向きにつけることを意識しています。

下つけまは、益若つばさちゃんのやつ。

とーるドーリーウィンクですね。

もちやさん:その中で、1番毛束感があるものを使っています。

下つけまは、作りたい目の形を意識して目尻あたりはオーバーめに貼ります。

ネロちゃんのように可愛い子は特に、目が大きく見えるように。
上つけまとアイラインの流れに合うように、あまりにもオーバーにしすぎないようには気をつけています。

キリッとしたかっこいいキャラのアイメイクはどう作る?

とーる:では続いて、モーさんのアイメイクを解説お願いします!

もちやさん:モーさんはまず、ネロちゃんと違ってツリ目にするためのテーピングを増やすので、根本的に目の形を変えます(笑)

とーる:いやほんとうに変わる。すごいですね。

もちやさん:テーピング、命です(笑)

モーさんで使うアイシャドウの色は、ネロちゃんより少なめです。

ネロちゃんほど色んな色でオーバーに塗ったりはしないので、ブラウンメインのパレットのみを使う感じになります。

①、③、④のカラーを、ネロちゃんと同じようにアイホールの真ん中から目尻にかけて、目尻のほうが暗くなるグラデーションのイメージで塗っていきます。

そのまま、目の下にも同じ色を流れで塗っていきます。

②番はアイライナーっぽくなるよう、目尻にだけ細めに入れます。
ネロちゃんとは違って目が鋭くなるようテーピングで目尻を持ち上げているので、目尻の形に合わせてアイシャドウも塗っています。

ダブルラインは同じように⑤番を。
ぼかしつつ、自分の二重の幅に合わせて引いてきます。

アイラインは強気に釣り上げる!

もちやさん:アイシャドウは写真だとあまりわからないかもしれないですが、アイラインは結構自分でも変えてるなーって思います。

ネロちゃんは自分の目の輪郭に沿ってラインを引いて目尻だけ跳ね上げてましたが、モーさんは目の1番高いところの高さからそのまま真横に引きます。

とーる:目の形には沿わず~…ってことですね?

もちやさん:そうです。

目頭の1番高いところからスタートして、そのままスーっと、まっすぐ。
目尻はちょっと跳ね上げるイメージで、ツリ目って感じです。

切開ラインも、ネロちゃんとは違ってしっかり角度をつけて尖らせます。

あとはちょっと、目頭の方に下ラインを入れて、目元がハッキリするようにしています。

男装は下のアイラインもガッツリ引いちゃうんですけど、モーさんはその間を取る感じで。
ほとんど男装のつもりでメイクしてはいますけどね(笑)

かっこいいキャラのつけまは前向きにまっすぐ貼る!

もちやさん:モーさんは、ドンキで500円くらいで買ったつけまです(笑) これも安い。でも形がいいので好きです。

モーさんの場合は、横から見た時に「まつげが見えるな~…」くらいでいいので、つけまを地面に対して平行に、まっすぐ前につけるイメージです。

ネロちゃんは上向きだったけど、モーさんは前向きっていう違いがあります。

目元をパッチリ見せるキャラではないので、そうやって違いをつけています。

付け方はアイラインに沿ってつけるので、かなりツリ目になると思います。

下つけまは同じくドーリーウィンクなんですけど、違う種類のものを使っています。

ネロちゃんと違って、ちょっと細めに見えるかな?という感じの。

下つけまも、上つけまの形に合わせるので、上に釣り上げて貼ります。

モーさんも自分の本来の目の大きさよりもちょっとオーバーに張りますが、ネロちゃんほどではないです。
ここも、可愛いキャラとかっこいいキャラの差かな?

完成したアイメイクを比較してみた!





とーる:こうしてみると、かなり違いがわかりますね…。本当にすごい…。

もちやさん:わかりにくいんですけど、眉毛の書き方もちょっと変えてるんですよね。

モーさんはネロちゃんよりも下の方から書き始めてて、キリっと見えるようにしています。

とーる:全体的にゴールド系のアイシャドウを使っているイメージでしたが、色もこだわりがあるんですか?

もちやさんモーさんもネロちゃんも、金髪キャラなのでゴールド系を使うことは意識していますね。

特にネロちゃんは、宝具(※ゲーム内の必殺技)の演出がきらきらしていてすごい豪華な演出なので、そこも意識しています。

とーる:宝具まで!? そうだったんですね、すごすぎる…(笑)

もちやさん:あくまでイメージですけど(笑)

でも、キャラクターに対して「こうあってほしい」「この子はこういうキャラだ」っていう自分のイメージは積極的にメイクに反映したいな、と思って日々試行錯誤しています。

リップメイクやシェーディングは?細かいポイントも聞いてみました!

とーる:それでは、アイメイク以外のポイントメイクについてもお伺いしようと思います。

もちやさん:とはいえ、結構アイメイク以外だと変わらないポイントが多いんですよね。

FGOのキャラクターは外人キャラばかりなので、鼻が高く見えるようシェーディングとハイライトで軽く整えます。

ちょっと団子っ鼻っぽいところが気になるので、こめかみから鼻筋までと、鼻の頭にシェーディングを入れます。

鼻の頭のシェーディングは、自分の鼻の丸さは無視ですね。無視(笑)
こういう形に見えてほしい!っていう形になるように、自分の鼻の丸いところは無視して影をつけます。

そして、おでこや鼻筋など高く見せたいところにハイライト。

使っているのはKATEの、シェーディングとハイライトが一緒になってるやつです。

撮影した時に違和感が出ると嫌なので、あまり濃く塗らないようにします。

ツヤ感重視のリップメイク

もちやさん:最後にリップ。

赤いティントで自然に色づけて、グロスでツヤ感を出します。

ネロちゃんみたいな可愛いキャラは、このグロスのツヤが結構大事。
後々加工でツヤっぽくすることもできますけど、どうしても不自然になってしまうので、撮影した段階で唇にツヤ感が出るように意識してグロスを塗ります。

とーる:コスプレイヤーさんは自分の唇の色をコンシーラーで隠したりするメイクもされているとよく見るんですが、そういうのはしないですか?

もちやさん:キャラクターによって、唇の形を整えたいなーと思う時はやりますが、あまりしないですね。

撮影や衣装ごとにメイクも変わる!?

とーる:さっきもちやさんのTwitterでお写真を拝見させていただいていたんですが、すごいなんとなく…、同じネロちゃんでも水着衣装のときはもっと可愛い印象に感じました。

もしかして衣装ごとにメイクを変えたり…?

もちや:メイク変えていますね。撮影や衣装、併せをするメンバーさんのメイクの雰囲気も見てその都度変えています。

ほんっとに気持ち…ってくらいなので、わからないものも多いと思うんですけど…(笑)

水着ネロちゃんのときは、通常よりも可愛くなるように意識しました。
金髪ギャルっぽいイメージと言うか。

実はモーさんの水着衣装も、通常よりほんの少し可愛くなるようにメイクを変えました。

とーる:え~~~~~~…。そうだったんですね、すごい……。

そう思ってお写真を見返すと、また楽しめそうです!

自分のキャラクター観&イメージを大切にコスメイクをしよう

とーる:本日は、もちやさんにコスプレメイクについて色んなお話をお伺いしました。

改めてありがとうございました!

もちやさん:こちらこそ、大したことやってなくてすみません…(笑)

でも、すごく楽しかったです!
自分の使ってるコスメをこうやって広げてみることもなかなかないので。

少しでもお役に立てたら嬉しいです。

とーる:では最後に、コスプレメイクに悩んでいる人や、コスプレ初心者さんにアドバイス等があればお願いします!

もちやさん自分が、そのキャラクターをどう見せたいか?が大事かなと思います。

人の数だけキャラクターに対する解釈があって、これが正解!っていうものがないから、みんながみんな同じ感じじゃなくてもいいと思うんです。

私は、自分と同じ解釈のレイヤーさんを探して、メイクやウィッグなどをめっちゃ拡大して参考にしてます(笑)

もともとコスプレ写真を見るのが好きだったので、その延長線上で。

どうなりたいかっていう理想をもとに、参考にできるレイヤーさんを探すのが大事だと思います。

もちやさんのプロフィール