下地美人TOP > 化粧下地 > 化粧下地で崩れないメイク!選び方と使い方

化粧下地で崩れないメイク!選び方と使い方

2018.10.20

化粧下地はメイクの最初に使うと、仕上がりや持ちが良くなる、毛穴がカバーできる、色補正ができるといったような効果のある、とても便利なアイテムです。

最近では夏の暑さによる汗、皮脂でメイクが崩れないという、化粧崩れ防止効果に特化した化粧下地に人気が集まっています。

崩れない化粧下地の人気商品
  • 口コミやSNSでも定評のあるプリマヴィスタ
  • 皮脂と乾燥の崩れに聞く美容効果もあるマキアージュ
  • プチプラの割に優秀なセザンヌ
  • 持ち歩きや化粧直しに便利なエテュセ

今回は、化粧崩れに悩んでいる人や肌悩みが隠せなくなってきた女性が選ぶ時のヒントになるよう、代表的な商品の特徴と違いを紹介しながら、どんな人におすすめなのかお伝えしていきます。

化粧下地で崩れないメイクを叶えるプリマヴィスタとマキアージュの違いは?

プリマヴィスタ、マキアージュ、セザンヌ、エテュセ、など、人気の化粧下地。

どれも基本的に同じ皮脂や汗による化粧崩れを防ぐ効果がありますが、実は中身は少しずつ違います。

プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地UV

ダントツの人気と実力!
プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地UV

  • 価格(税込)3,024円
  • 容量25mL
  • SPF PASPF20・PA++
  • カラー展開なし 1色のみ

2018年3月にパッケージも処方もリニューアルしてバージョンアップしたプリマの化粧下地。

SNSでも一番崩れないという高評価でダントツの人気で、twitterやInstagramでバズってからプリマヴィスタに興味を持ったという人も非常に多いです。

ただ有名なだけではなく、実力も十分。 プリマヴィスタが崩れないのは、皮脂、水分に強い成分が複数配合されているから。

しかもただ入っているだけではなく、化粧崩れを予防するための成分が十分な量入っています。

全成分は量が多い順に記載されていますが、その最初に並んでいるのは、どれも發油性、撥水性の高い成分でした。

この成分が入っている化粧下地を使うと、汗や皮脂でメイクが崩れにくくなるんです。

脂性肌の人や10代からテカリに悩む若い女性を始め、広い年代に使われています。

口コミを見てみると乾燥を感じた人もいた点だけが気になります。


マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベースUV

乾燥もケアする崩れない化粧下地
マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベースUV

  • 価格(税込)2,808円
  • 容量25mL
  • SPF PASPF25・PA+++
  • カラー展開なし 1色のみ

マキアージュから出ている皮脂+乾燥による崩れを防止してくれる化粧下地です。

鼻などの皮脂が出やすいところは完璧にはカバー仕切れないものの、程よい使用感で満足度は高め。

そして、プリマヴィスタで乾燥を感じる人がマキアージュに乗り換える、もしくはシーンによって2品を使いわけしています。

人気を二分する優秀化粧下地の違いは?

価格とUVカットで一歩前に出ているのはマキアージュでした。

メイクが崩れないという点では、やはりプリマヴィスタに軍配が上がります。

ただ、プリマは崩れない分乾燥を感じる人が多いため、マキアージュが好きという女性も多かったです。

この点が化粧下地を選ぶポイントにもなります。

現時点でテカリなどメイクの崩れがあるけれど、乾燥を感じるという人はこれ以上乾燥が進まないように気をつけてほしいから。

乾燥が進むと、化粧崩れもひどくなっていきますので、その点を考慮した上で選んでください。

夏はプリマヴィスタ、他の季節はマキアージュというように季節で使い分けている女性もいるようです。

プチプラの化粧下地は本当に崩れないの?

メイクが崩れない化粧下地の中でもかなりお手頃な価格なのが、セザンヌとエテュセ。駅ナカのプラザなどのバラエティショップで手軽に購入できるのも嬉しいです。

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

プチプラの割には使える! セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

  • 価格(税込)648円
  • 容量30mL
  • SPF PASPF28 PA++
  • カラー展開2色 ピンクベージュ ライトブルー

セザンヌにも油や水に強い成分は入っていますが、種類は少なめ。

安い商品はその分成分が少なくなる事もありますが、プチプラだからこそ試しやすいのは嬉しいですね。

崩れない化粧下地の中では珍しい2色展開が特徴。

ただし、しっかり色がつくわけではないのですが、血色が悪くなりがちならピンクベージュ、赤みが気になっていたり透明感を出したい人はライトブルーを使うと多少肌色を補正してくれます。

乾燥を感じるというコメントも多く、顔全体に使うと突っ張り感を感じるかもしれません。

その時はテカりやすいTゾーンのみ、というように使う場所を変更しましょう。


エテュセ オイルブロックベース

ポーチにイン!お直しに便利
エテュセ オイルブロックベース

  • 価格(税込)1,296円
  • 容量7mL
  • SPF PAなし
  • カラー展開なし 1色(同カラーのひんやりするクールもあります)

化粧崩れ効果のある成分はセザンヌと同じく種類は少ないです。

そもそも顔全体に塗るタイプの化粧下地ではありません。パッケージをみると分かるのですが、ネイルくらいの小さいサイズの筆タイプなので、お直しに特化しています。

多少指で伸ばす必要はありますが、指先以外汚れないのも嬉しいところですね。

小鼻に塗る時は薄めに塗るときれいにテカリが抑えられます。


セザンヌから似た商品が出てる!?

実はこのエテュセから出ているスリムボトル+ブラシタイプの化粧下地がセザンヌからも発売されました。

セザンヌ 皮脂テカリお直し液

セザンヌ 皮脂テカリお直し液

  • 価格(税込)626円
  • 容量7.5g
  • SPF PAなし
  • カラー展開なし 1色

今の所、エテュセの人気がダントツですが、価格が安いので人気が出る可能性も十分。今後チェックしたい商品ですね。

セザンヌとエテュセは実は初心者向きじゃない

お値段としては試しやすい2ブランドの化粧下地ですが、全顔に塗ると肌トラブルが出るケースも。また崩れないという点で見るとやはり効果は弱いので、過度な期待は禁止です。
一度崩れない化粧下地を使ってみたい!ならばお手頃なので良いかもしれませんが、本当にメイク崩れしない商品がほしいのであれば、少しプラスして購入するのがオススメです。

崩れ防止の化粧下地は色で失敗する事などはありませんので、ちょっとだけ奮発すると毎日のメイクが今よりちょっと楽しくなりますよ。

崩れない化粧下地を選びたいなら価格が高いほうが優秀

普通であればコスメで重視されるポイントは、効果や価格の他に、塗りやすさや色がありますが、崩れない化粧下地を選ぶ場合はちょっと違います。

化粧下地自体には、さらさらとした液状からクリームタイプまでさまざまなタイプがある中でも、メイクが崩れないタイプは液状や少しとろみのある乳液のようなテクスチャが多いです。

特に使い心地が悪いというものもあまりありません。

化粧下地自体があくまで下に塗るものなので、上手に塗れないときれいにメイクできなくなってしまうからでしょうか。

化粧下地を効果で選びたいなら、やはり安すぎるものよりも3,000円程度の商品がおすすめ

セザンヌに比べ、プリマヴィスタやマキアージュは約5倍の価格ながらも、やはり効果重視で高いほうが売れています。

値段が高い分汗や皮脂による崩れを防ぐ成分が充実しているためです。

ただ、もともとメイクが崩れないために使う化粧下地は、大量に使用するものではありません。

プリマヴィスタなら2ヶ月、マキアージュは3ヶ月持つという口コミがあるように、1本で長期間使用できますので、高めでも十分価値がありますね。

また、セザンヌやエテュセをとりあえず使った後にプリマヴィスタやマキアージュに乗り換える人もいるようです。

化粧下地でもっと崩れないメイクを作る塗り方

優秀な化粧下地ですが、そもそも最初に肌に塗る時に失敗すると、ベースメイクを重ねた段階でヨレてしまいます。

そもそもメイクのヨレって?

「ヨレ」というのは、本来肌に均一に乗るはずのメイクが偏って、斑らになってしまう事。

鏡に近づいて肌を見た時に、ファンデーションが浮いたように斑らに目立っていた事ありませんか?それがヨレです。

崩れない化粧下地のヨレない塗り方のポイントは3つ。

化粧下地は厚塗りしない

化粧下地を塗りすぎると、手でこすったときにピーリングをしたときのカスに似たもろもろが出てしまいます。

これが肌の上にあるとファンデーションのヨレにつながってしまいます。

かなり伸びが良い製品が多いので、少し少ないかもと思うくらいの量を塗って、足りないところだけ追加するようにしましょう。

手のひらで伸ばして塗らない

化粧下地は5点程度顔において、それを満遍なく伸ばすようにしましょう。

手のひらに伸ばして、押すように顔に乗せるのもおすすめできません。

指の腹を使ってさっと伸ばしましょう。

スキンケアのベタつきはティッシュオフ

保湿クリームやオールインワンジェルを塗って、完全に浸透する前に化粧下地を塗ると、均一に伸ばしにくくなります。

とはいえ、忙しい朝は待っていられませんよね。その時は、ティッシュオフをしちゃいましょう。

ティッシュを一枚広げて、気になる場所をそっと押さえて剥がします。軽くで大丈夫。

終わった後は少し手のひらでなじませ、その後化粧下地を塗りましょう。

化粧下地で崩れないメイクをする時にきになるQ&A

化粧下地を塗るとやっぱり崩れないの?

化粧崩れ防止の効果があるものであればそうです。

メイク崩れの原因で多いのが皮脂と汗。なので、崩れない化粧下地には水や油に強く、皮脂を吸着する粒子なども入っています。

こうした成分が入っているのでしっかりと肌にメイクを密着させながら、崩れるのを防ぎます。

化粧下地には保湿など、他の目的を持ったものもあるから、選ぶ時に商品の特徴をチェックしてみてください。

化粧下地は、一度使ってみるとその効果はわかります。塗ったばかりの状態でもさらっとしますし、肌に程よくマット感がプラスされ、仕上がりの違いを実感できます。

化粧水の後に化粧下地を塗っていい?

化粧水だけだと皮脂が出やすく、乾燥も招きやすい状態なので、保湿のスキンケア+日焼け止めを塗ってからがおすすめです。

化粧水だけしか塗る時間がなかった!という日は、夜の保湿ケアはかなりしっかりとしてあげると良いでしょう。