下地美人TOP > 化粧下地 > ナチュラグラッセ カラーコントロールベースの失敗しない使い方が知りたい

ナチュラグラッセ カラーコントロールベースの失敗しない使い方が知りたい

2018.10.05

下地美人のインスタグラムでもリクエストの多かったナチュラグラッセ カラーコントロールベース。シンプルな見た目も可愛くて注目度の高い商品です。詳しい使い方を調査しましたので、是非参考にしてみてくださいね!

ナチュラグラッセ
カラーコントロールベース
使い方を詳しく解説!

まずは、ナチュラグラッセ カラーコントロールベースを使う上でどのくらいが適量か見てみましょう。

プッシュ式の手にすっぽりおさまるサイズ。1プッシュで真珠1粒大程度出てきます。

 

カバー力はあまりなく、グリッターが入っていて光の加減でお肌がキレイに見えます。

20代は「小豆1粒大+パウダー」30代は「小豆1粒大+コンシーラー」で気になる部分をカバーするのがおすすめ。

ナチュラグラッセ カラーコントロールベースの
使い方!

使い方、塗り方のコツ
  1. スポンジで使用量を調節するのがおすすめ!
  2. しっとりの使い心地なのでパウダーを重ねるとさらっとした仕上がりに。
  3. 濃いシミはやクマはコンシーラーでカバーを!
  4. 乾燥肌向きです。脂性肌の方はティッシュオフを!

少し重めのテクスチャーですが、伸びは良く使いやすいです。
半プッシュ程度押してスポンジで量を調整するのがおすすめです。

ナチュラグラッセ
カラーコントロールベースの
残念ポイントはココ!
  1. 少し値段が高め。
  2. 石鹸で落とせるのにカバー力があまりないのでコンシーラーやファンデーションが必要。
  3. 重ねづけをするとモロモロが出たという声も。

スキンケアでオールインワンゲルを使用している方から重ねづけはモロモロが出たという声が。スキンケアとの相性があるのかもしれません。

ナチュラグラッセ
カラーコントロールベースの
使い方Q&A

ナチュラグラッセ カラーコントロールベースを実際に使ってみて、下地美人スタッフから出た質問をQ&Aにしました!

Q、ナチュラグラッセ カラーコントロールベースはグリッター入りで肌に負担がかかりそう…。乾燥肌や敏感肌でも使える?

使えます!肌に負担のかかりにくい成分です。

グリッター入りというと肌に負担がかかりそうなイメージですが、紫外線吸収剤も使用していない優しい設計。程よいしっとり感が口コミでも好評です。

Q、ナチュラグラッセ カラーコントロールベースはクレンジングなしでいい?

カラーコントロールベース自体は石鹸で落ちるけど、他のメイクがあるのでしっかりとクレンジングを!

ブルーライトまでカットしてくれるのに石鹸で落とせます。
ただ上に乗せるメイクがありますので、クレンジングでしっかり落としてください。

ナチュラグラッセ
カラーコントロールベースの
基本情報

ナチュラグラッセ カラーコントロールベース

  • 価格3,456円
  • 容量25ml
  • SPFSPF32 PA++
  • カラー展開 01 バイオレット 02 ピンク 03 イエロー
  • 販売場所 ショップイン、@cosme store、Amazon、楽天、公式通販サイト

ナチュラグラッセ カラーコントロールベースの
口コミ

黄色みの肌ですが、一日中くすみがなくなりました。5点置きしてスポンジで伸ばしています。(30代)
ブルーライトカットしてくれるのが嬉しいです。バイオレットを使用しましたが透明感がでました。(40代)

ナチュラグラッセ
カラーコントロールベースの
成分は?

ナチュラグラッセ カラーコントロールベースの全成分を紹介します!

ナチュラグラッセ
カラーコントロールベースの
全成分

マリーゴールドから抽出したルテインという保湿成分がブルーライトをカットしてくれます。

大豆成分、アルペンローゼが肌のキメを整えて、くすみをなくします。

石油系界面活性剤・鉱物油・タール系色素・合成香料・パラベン・シリコン・紫外線吸収剤不使用です。

乾燥性敏感肌でグリッターが入った下地を
お探しの方におすすめ!

オールインワンゲルと重ねるとモロモロが出るといった口コミも

クレンジング不要で敏感肌に優しい設計ですが、大豆アレルギーの方は使用を控えてください。

細かいグリッターでシミやくすみを光で飛ばしてくれます。濃いシミはコンシーラーを使用しましょう。

ナチュラグラッセ
カラーコントロールベースは
乾燥肌・敏感肌の方におすすめ!

脂性肌の方はティッシュオフを!

グリッター入りで肌を自然にキレイにみせてくれて保湿効果も高いので乾燥肌や敏感肌向き。

脂性肌の方はベタつきを感じることも。

石鹸で落とせますが、カバー力はないので濃いシミやニキビ跡は消えずクレンジングが必要になることも。

もともと肌がキレイな人や肌を休めたいというときにおすすめの商品です。