下地美人TOP > 化粧下地 > マキアレイベル 薬用ナチュラルカバーベースの失敗しない使い方が知りたい

マキアレイベル 薬用ナチュラルカバーベースの失敗しない使い方が知りたい

2018.10.05

マキアレイベルはファンデーションやスキンケア化粧品に力を入れたブランド。店舗は福岡のみ、通販がメインで手にとって試すことができないのに評判は上々。下地美人のインスタグラムでもリクエストをいただきました。マキアレイベル 薬用ナチュラルカバーベースは美白ができるという優秀ベース。詳しい使い方を調査しましたので、是非参考にしてみてくださいね!

マキアレイベル
薬用ナチュラルカバーベース
使い方を詳しく解説!

まずは、マキアレイベル 薬用ナチュラルカバーベースを使う上でどのくらいが適量か見てみましょう。

公式HPには「あずき粒大」がおすすめされていましたが、カバー力がないので、20代は「小豆1粒大+パウダー」30代は「小豆1粒大+ファンデーション」で気になる部分をカバーするのがおすすめ。

 

これ一本でカバーはできませんが、ファンデーションがぴったりと肌にくっつくようになります。

皮脂くずれも少ないので脂性肌の方にもおすすめです。

マキアレイベル
薬用ナチュラルカバーベースの使い方!

使い方、塗り方のコツ
  1. 伸ばしたあとは両手でプッシュするとなじみが良くなります。
  2. つけ心地が軽く、皮脂崩れしにくいので、化粧なおしはティッシュオフで十分!
  3. ファンデーションを塗らない場合、気になる部分はコンシーラーでカバーを!
  4. 化粧した感を出すにはファンデーションかパウダーをプラス!

ファンデーションと合わせて使うことを前提として作られています。下地として使用しましょう。

マキアレイベル
薬用ナチュラルカバーベースの
残念ポイントはココ!
  1. ウォータープルーフタイプなので崩れにくい分肌に負担がかかる。
  2. かなりの薄づきなのでこれ一本では無理そう。
  3. 一色展開なので、色黒さんは白浮きしてしまうことも。

白浮きした場合は、さらに量を少なめに、スポンジで伸ばすとファンデーションの色がキレイに映えます。

マキアレイベル 薬用ナチュラルカバーベースの
使い方Q&A

マキアレイベル 薬用ナチュラルカバーベースを実際に使ってみて、下地美人スタッフから出た質問をQ&Aにしました!

Q、マキアレイベル 薬用ナチュラルカバーベースは落とすときにクレンジングが必要?

落とすときはしっかりクレンジングが必要です。

ウォータープルーフタイプで肌に密着するタイプ。
皮脂汚れを落とすためにも、クレンジングをしてください。

Q、日焼け止めを塗るときはマキアレイベル 薬用ナチュラルカバーベースの前がいい?

日焼け止めはベースの後に!

SPF37で日常使いできる数値ですが、レジャーや夏のおでかけの際は、ベースで肌を均一に整えてから日焼け止めを塗るのがおすすめです。

マキアレイベル
薬用ナチュラルカバーベースの
基本情報

マキアレイベル 薬用ナチュラルカバーベース

  • 価格3,542円
  • 容量20g
  • SPFSPF37 PA+++
  • カラー展開 ナチュラル
  • 販売場所 ショップイン、アトレ、@cosme store、バラエティショップ、Amazon、公式通販サイト

マキアレイベル 薬用ナチュラルカバーベースの
口コミ

細かいパールがキラキラして上品なツヤ肌になります。乾燥もしません。(20代)
薬用の下地を探していました。つけ心地が軽く、自然にトーンアップしてくれます。(30代)

マキアレイベル 薬用ナチュラルカバーベースの
成分は?

マキアレイベル 薬用ナチュラルカバーベースの全成分を紹介します!

マキアレイベル 薬用ナチュラルカバーベースの
全成分

カムカムエキス、プラセンタエキスなど51種類の美容・美白成分が配合されています。

ヘキサメチレンジイソシアネートなど光を反射する成分が配合されており、毛穴や色ムラをカバーしてくれます。

納豆エキスが配合されているので、大豆アレルギーの方は使用を控えてください。

パール入り、ウォータープルーフタイプのベースをお探しの方におすすめ!

「薬用モイストカバー&ベース」からパッケージと商品名が変更されました。内容の変更はなく、リピーターが多い人気商品です。

皮脂崩れしないのにしっとりした使い心地。乾燥肌の方にもおすすめです。

薄づきの下地なので、気になる部分はコンシーラー、パウダーを使用しましょう。

マキアレイベル
薬用ナチュラルカバーベースは
パール入りでウォータープルーフタイプを
お探しの方におすすめ!

夏のレジャーには日焼け止めをプラスして!

かなりの薄づきなのでこれ一本でシミやニキビ跡をカバーするのは難しく、日常使いのSPFなので夏のレジャーには向きません。

汗をかきやすい方、脂性肌の方にはおすすめできますが、肌に密着するタイプなので敏感肌の方は注意が必要です。