下地美人TOP > 化粧下地 > 化粧下地で乾燥肌の悩みに応えるアイテムを選ぶ!保湿成分は必要?

化粧下地で乾燥肌の悩みに応えるアイテムを選ぶ!保湿成分は必要?

2018.09.11

乾燥肌の悩みは他の肌質とは異なり、年齢を問わず、メイクがしにくい傾向があります。

  • ファンデーションがうまく乗らない
  • くすみが気になる
  • メイクをするとさらに乾燥する、乾燥が目立つ

きれいにメイクをしたいと思いながらも、アイテム選びが難しく、満足できるベースメイクができないことも多いのではないでしょうか。

乾燥肌のベースメイクを美しく仕上げたいと思うなら、重要視してほしいのが化粧下地の選び方。
乾燥肌にあう下地を選べば、肌が潤って見えるだけでなく、化粧持ちも良くなります。

一方で乾燥肌にあったものを選ばないと、乾燥がひどくなることがあるのです。場合によってはヒリつき、赤みが出ることも。

乾燥肌だからこそのお悩みにおすすめの商品と上手な使い方をそれぞれ紹介していきます。

乾燥肌の化粧下地を選ぶには何を重視する?

乾燥肌の化粧を美しく仕上げるための化粧下地を選ぶ上で、絶対に欲しいのは保湿力!

保湿力が欲しいのは、肌が乾燥しているとそれだけで化粧がうまくのらないという理由からです。乾燥が原因でベースメイクがうまくのらないとどうなるのか、代表的な例を集めてみました。

  • 肌表面がかさつき、メイクをすることで余計肌が乾燥して見える、粉をふく
  • 皮がむけた場所にベースメイクが溜まり、汚く見える
  • 肌の水分量が少なくて、肌がくすんで見える、もしくは時間の経過とともにくすむ。
  • 乾燥シワが多く、ベースメイクすることで余計にシワが目立つ

化粧下地と聞くとまず思い浮かぶのが皮脂防止下地という人もいるかもしれませんが、実は保湿力高めで化粧ノリ、化粧持ちをよくしてくれるものもあります。

肌色がくすんで見えるならカラーコントロールのできる保湿力高めの下地を選ぶことで美しい肌を長続きさせることも可能です。

乾燥肌向けの保湿できる化粧下地を選ぶにはどうすればいい?

では、乾燥肌向けの化粧下地というのはどこを見ればわかるのでしょうか?いくつか見分ける方法があるので、メイク初心者にも分かりやすい方法を紹介しますね!

保湿下地、もしくはモイスチャーなど保湿を表す言葉が書いてある

これが最も簡単に保湿用化粧下地かどうかを見分ける技です。メーカーにもよりますが、保湿重視の化粧下地には、保湿重視ですよ、ということを分かりやすく書くメーカーが多いです。

バーム、という言葉も保湿できるアイテムにつけられている傾向があります。参考にしてください。

例:
ポール&ジョーボーテ モイスチュアライジングファンデーションプライマー
ソフィーナプリマヴィスタ カサつき・粉ふき防止化粧下地
アナスイイルミネイティングビューティバーム00

化粧下地にもなる朝用乳液を選ぶ

化粧品メーカーによっては、乳液やクリームが朝用の下地になるように商品開発している場合もあります。

乾燥がひどいと、化粧下地にもなる朝用乳液1品で保湿ではものたりないかもしれませんが、すくなくとも乳液代わりになるよう、保湿成分が入っているため、肌が乾燥しすぎることが少ないのが乾燥肌に嬉しいポイントです。

例:
エリクシールルフレ バランシングおしろいミルク
ソフィーナボーテ 高保湿UV乳液 日中用乳液

公式サイトをチェックし保湿の機能があるものを選ぶ

名前だけで判断できないものは、公式サイトをチェックすると、保湿できる下地かどうか書いている場合が多いです。

メーカーが嘘をつくことはありませんので、安心してくださいね!

例:
資生堂
http://www.shiseido.co.jp/sw/products/SWFG070210.seam?shohin_ctgry_cd=02&birui_cd=01&p=1
カネボウ コフレドール
https://www.kanebo-cosmetics.jp/coffretdor/products/base/

乾燥しすぎている時は敏感肌用+保湿できる化粧下地を選ぶ

乾燥して皮がむけている、乾燥してひりひりするなどの症状が出ている場合は、肌が敏感になっているため、できるだけ敏感肌用で、保湿できる化粧下地を選ぶのがポイントです。

不安な場合は、敏感肌ラインの化粧品を販売するブランドから選びましょう

例:
NOV モイスチュアベースUV
マキアレイベル 薬用モイスト&カバーベース

乾燥肌の保湿できる下地を選ぶ時に、保湿できる成分が知りたいという声があります。

一例でしかありませんが、保湿成分として配合される可能性が高い成分も参考程度に少しだけ紹介しておきますね。

  • グリセリン
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド

成分は配合される成分が多いものから、順番通りに成分表に書かれています。保湿成分が多ければ多い程、保湿力は高い傾向になりますので、参考にしてください。

ただし、化粧下地は保湿成分が多すぎると化粧崩れの原因になることもあるため、保湿成分が沢山入っているから乾燥肌向きで優秀とは限りません。

また保湿成分もさまざまで、共通して配合される保湿成分が決まっていないので、一概にこの成分が配合されていれば乾燥肌に効果がある、優秀と言い切れないのです。

そのため、成分から保湿できる化粧下地を選ぶなら、化粧品の知識がないと難しいのが正直なところです。

化粧下地自体に美容成分が含まれているものもあります。

デパコスの化粧下地には独自の美容成分を含むものも多いので、気になる場合はコスメカウンターでしっかりと特徴を聞くのが確実でしょう。

乾燥肌におすすめ!保湿成分を配合した化粧下地 厳選5商品はこれ!

乾燥が気になる人向けに、下地美人がおすすめする保湿成分の入った化粧下地を紹介します。初心者でも使いやすい、迷ったらまず最初に試して欲しい5アイテムです!

エリクシールルフレ バランシング おしろいミルク

乾燥しにくい&さらっと仕上がり!エリクシールルフレ バランシング おしろいミルク

  • 価格1,944円(税込)
  • 容量35g
  • SPFSPF50+、PA++++

化粧下地と乳液を兼ねる!エリクシールルフレのバランシングおしろいミルク。

UVカット効果が高いのに、乾燥しにくいと人気です。さらっとした仕上がりですが、つっぱらないので乾燥肌でも使いやすいです。

秋冬よりも春夏、紫外線やべたつきが気になるシーズンに使いやすい化粧下地です。

毛穴のカバー力にも定評があります。

乾燥肌だから保湿を一通り行った後、おしろいミルクを化粧下地として使っている、化粧持ちがいい、という口コミもありました。

2千円以下のお手頃価格も魅力です。

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース

初めての化粧下地に最もおすすめ!均一に伸ばしやすいから失敗しない マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV

  • 価格2,808円(税込)
  • 容量25ml
  • SPFSPF25、PA+++

マキアージュのドラマティックスキンセンサーベースUVは水のようなテクスチャで伸ばしやすい化粧下地。

乾燥肌でも塗りムラになりにくく、失敗することが少ないです。

初めての化粧下地というならまずこれをおすすめするといえる位、使いやすさ重視の化粧下地ですね。

さらっとした仕上がりですが、水分のバランスを整えてくれるので乾燥せず、化粧崩れを防いでくれます。

しっとりが1日続く&気になる毛穴やシミもカバー マキアレイベル 薬用ナチュラルカバーベース

  • 価格3,542円(税込)
  • 容量20g
  • SPFSPF37、PA+++

乾燥性敏感肌にも使いやすいマキアレイベルの薬用ナチュラルカバーベース。

しっとり肌が1日中続くのに、化粧崩れを防ぎ、毛穴も目立たせないという万能化粧下地です。トーンアップも可能、肌がなめらかに仕上がります!

べたつかないので、オールシーズン使えます。

肌のかさつきを抑えながら、化粧ノリを良くしたい、そんな乾燥肌の願いを叶える化粧下地です。

ポール&ジョーボーテ ラトゥーエクラファンデーションプライマーN

ツヤ肌重視!ワンランク上の肌を狙うなら ポール&ジョーボーテ ラトゥーエクラファンデーションプライマーN

  • 価格4,320円(税込)
  • 容量30ml
  • SPFSPF20、PA++

化粧下地として安定の人気を誇る、ポール&ジョーのファンデーションプライマー。

その中でも、乾燥の気になる肌にツヤ感を出すなら、ラトゥーエクラファンデーションプライマーが最もおすすめです。

上にファンデーションを塗ってもわかる、ラベンダーパールの存在感が、肌を驚くほど美しく見せます!

2018年3月にリニューアル、ポール&ジョー独自の美容液成分配合でより潤いがアップしたのも乾燥肌には嬉しいポイントですね。

ランコム UVエクスペールトーンアップ

時間がたっても肌がくすまずしっとり!ランコム UVエクスペールトーンアップ

  • 価格6,264円(税込)
  • 容量30ml
  • SPFSPF50+、PA++++

ランコムのUVエクスペールトーンアップは名前の通り、乾燥でくすみがちな肌を明るくトーンアップして見せてくれるのが何よりの魅力。

夕方の肌もぱっと明るく見せてくれます。

SPF50+で日焼けしにくいという声も多いので、日焼け止めの代わりとして夏にも使いやすいですね。

UVカット機能高めでも乾燥しにくく安心して使える化粧下地です。

ランキングや口コミで乾燥肌に人気の化粧下地を一挙紹介

口コミやランキングの人気商品や、高評価の化粧下地って気になりますよね。しかし自分で調べるのは大変です。

そこで@コスメなどの口コミサイトや、雑誌のランキングなどを参考に乾燥肌におすすめの化粧下地を集めました!

総合評価の高いアイテムはもちろんですが、毛穴カバーにおすすめの下地、プチプラの下地、乾燥性敏感肌でも使える下地など、さまざまな人気の化粧下地を紹介します。

ランキングで乾燥肌に人気の高い化粧下地を紹介!

まずは@コスメや、有名コスメ雑誌のベストコスメのランキングで評価の高い化粧下地を調べてみました。

  • セザンヌ 皮脂テカリ防止下地
    価格 / 648円(税込)
  • エテュセ オイルブロックベース
    価格 / 1,296円(税込)
  • ソフィーナ 皮脂くずれ防止 化粧下地
    価格 / 3,024円(税込)
  • ポール&ジョーボーテ モイスチュアライジングファンデーションプライマーS
    価格 / 3,780円(税込)
  • ランコム UVエクスペール トーンアップ
    価格 / 6,264円(税込)

ランコムのUVエクスペールトーンアップは雑誌、口コミサイトともに高評価で人気のあるアイテムですね!

ポール&ジョーのモイスチュアライジングファンデーションプライマーSは定番ともいえる化粧下地で不動のアイテム。

コスメを紹介する人気のユーチューバーで愛用者も多い化粧下地です。

ランキング結果を見ると、乾燥肌であっても皮脂防止系の化粧下地を使う人が多いようです。

夏はよくても、冬に全顔に塗ると乾燥してしまいそうなので気を付けて欲しいです。

総合的なランキングでは思ったよりもカラーコントロール系の下地がランクインせず、化粧崩れを防ぐ目的の下地の人気が目立ちました。

毛穴をカバーする、乾燥肌に人気の化粧下地

乾燥肌の人が毛穴をしっかりカバーしたいのなら、部分用の化粧下地がおすすめです。

部分用化粧下地の中には、ポアプライマーと呼ばれる、少量を気になる毛穴に塗る下地もあります。

部分用の化粧下地は皮脂を抑えたい所に塗るアイテムが多く、さらっと仕上がる特徴を持つので、乾燥肌向けでなく思えます。

しかし乾燥しやすい頬などを避けて、気になる毛穴だけにポイント使いできるので、実は乾燥肌でも使いやすく便利です。

  • オルビス スムースマットベース

    価格 / 1,200円(税込)

  • エテュセ オイルブロックベース

    価格 / 1,296円(税込)

  • 黒龍堂 ポイントマジックPRO ポアカバー

    価格 / 1,365円(税込)

  • マキアージュ フラットチェンジベース

    価格 / 2,700円(税込)

乾燥する場所はしっかり保湿してから、毛穴に塗るだけで、凹凸のないなめらかな肌が出来上がります。それだけでなく、夏のTゾーンにありがちな皮脂崩れを防げるので、きれいが長続きしますよ。

プチプラで乾燥肌に人気の化粧下地

できるだけ手頃な価格で、乾燥肌におすすめの化粧下地を調べてみました。プチプラと呼べる税込み2千円以下の化粧下地です!

プチプラの化粧下地は肌色をコントロールできる、カラーコントロール系が人気です。価格にプラスして下地のカラー展開も紹介しますね。

  • セザンヌ 皮脂テカリ防止下地
    価格 / 648円(税込)
    カラー / 2色 ライトブルー、ピンクベージュ
  • 無印良品 UVベースコントロールカラー 
    価格 / 950円(税込)
    カラー / 3色 イエロー ピンク、ブルー
  • エチュードハウス フィックス&フィックストーンアッププライマー
    価格 / 1,458円(税込)
    カラー / 3色 ローズ、ミント、ラベンダー
  • アクアレーベル モイストベースN
    価格 / 1,620円(税込)
    カラー / 1色 ホワイトピンク

セザンヌは皮脂テカリ防止下地のため、肌の乾燥がひどい時はおすすめしません。

ですが、保湿をして夏に使用するのであれば、肌が滑らかに見えます。

無印は主にカラーコントロールをしたい人向けですが、乾燥肌にも使いやすいようホホバ種子油やシア脂などが入っています。

エチュードハウス フィックス&フィックストーンアッププライマーとアクアレーベル モイストベースNはしっとりと仕上がるので、冬でも安心して使えます。

特にアクアレーベルモイストベースNのホワイトピンクは肌色を明るく見せつつ、肌をしっとり仕上げてくれるので、くすみが気になりがちな冬の乾燥肌におすすめです!

 

ピンク系の色は肌の血色を良く見せるので、青白いブルーベースの肌に特におすすめ。
一般的な日本人の肌色であるイエローベースの人が透明感を出したい時はブルー系、ラベンダー系の下地を使うと透明感が出ます。
ブルーベースの肌の人はブルー系だとより青白く見えてしまうのでNG。
ただし、ラベンダー系はブルーベースでも使えると言われています。色味にもよるので気になるなら一度試してみましょう。
イエローは肌のくすみなど、色をカバーするのに向いているとされています。

乾燥性の敏感肌でも使える!評価高めの化粧下地

乾燥性の敏感肌は肌のバリア機能が失われ、水分も足りない状態です。できるだけ肌に負担をかけず、肌を守ることのできる化粧下地がおすすめ。

基本的には敏感肌用のラインを展開するブランドの下地を選ぶのが無難です。

dプログラムやPOLAの化粧下地は口コミ人気も高く、肌が荒れにくいと高評価です。

dプログラムの化粧下地は3色展開でカラーを選んで使うことできます。乾燥性の敏感肌で赤みが出てしまった肌に使えるブルーグリーンが人気です。

POLAのデイセラムLブライトアップは1色展開ですが、肌のトーンアップができる上、化粧も崩れにくいと、乾燥性敏感肌に評価の高い化粧下地です。

乾燥肌におすすめの化粧下地の使い方

乾燥肌の化粧下地の使い方は、化粧下地の基本的な使い方を参考にしてもらえれば大丈夫です。

ただし、基本の使い方をしているけれど、なぜかベースメイクがうまくのらない場合は、アイテムや使い方の見直しが必要かもしれません。

肌の乾燥がどの状態なのか把握し、適切なアイテムを使えば、メイクの仕上がりは良くなると思います。

肌状態に合わせてどの化粧下地を使えばいいのか、使い方のポイントもあわせて紹介しますね。

肌全体が乾燥している、皮脂が出ず皮がむける
皮脂が出やすいとされるTゾーンからも皮脂がほとんど出ない状態であれば、スキンケアを行い肌を整えた上に、しっとり仕上がる化粧下地を使用しましょう。さらっと仕上がるテクスチャの化粧下地は不要です。

肌全体が乾燥しひりひりする、化粧水などがしみる
乾燥しすぎて肌のバリア機能が弱くなっているので、スキンケアして肌が潤った状態を作ったのち、敏感肌用の化粧下地を使用します。

保湿できる化粧下地がベストですが、肌にあうものがなければ、肌へしみない、刺激にならない、肌荒れしないを最優先で下地を選びましょう。塗るときに、こすりすぎないのが重要です。

重要なのはメイクよりも基本の保湿!肌の改善を最優先に考えましょう。

頬や目元はカサカサするけれど、時間がたつとTゾーンだけ皮脂が出る
基本の保湿はしっかりと行い、Tゾーンに部分用の下地を使いましょう。頬の部分をなめらかに仕上げたいならば、頬の部分はしっとり仕上がる下地を使用するなどの使い分けもおすすめです。

基本的に乾燥肌だが、夏は皮脂による化粧崩れの方が気になる
無理やりしっとりめの化粧下地を使うよりは、さらっと仕上げつつ、水分のバランスを保ってくれる化粧下地が向いている時期かもしれません。

マキアージュのドラマティックスキンセンサーベースUVなど、べたつかないタイプの化粧下地を試してみてください。

乾燥肌の化粧下地に関するQ&A

乾燥肌特有の化粧下地に関する疑問質問を集めました!

プチプラの化粧下地は安いから不安!本当に保湿してくれる?

スキンケアで肌が潤っている状態であれば、プチプラの化粧下地を使っても、乾燥しすぎることは少ないです。

ただ、化粧下地で潤いを感じたいなら、プチプラの化粧下地よりも、3千円代以上の保湿できる化粧下地を選んだ方が、潤いを感じやすい傾向にある気がします。

化粧下地自体が肌荒れや乾燥の原因になることはありますか?

しっとりと仕上がり、自分の肌にあう化粧下地を選べば、肌荒れや乾燥の原因にはなりません。

当たり前ですが肌に合わないと肌荒れの原因になります。乾燥肌の場合、冬にさらっと仕上がるタイプの下地を使うと乾燥を助長してしまうことがあるので気を付けてくださいね。

皮脂を防いでくれる化粧下地は、乾燥肌だと使えませんか?

肌状態によりますが夏であれば使用可能な場合も。Tゾーンだけに塗るなど、塗り方を工夫する手もあります。

ただどちらにせよ、基礎化粧品である化粧水やクリームでしっかりと保湿した上で化粧下地を使用しましょう。

冬の乾燥がひどくなってくるシーズンは避けた方が無難かと思います。

皮脂防止系の下地を使ったら、乾燥が酷くなり皮がむけました。下に保湿力の高い下地を使ってから、皮脂防止系下地を塗ってもいいですか?

あまりおすすめしませんが、どうしても使いたいなら保湿力の高い下地を乾燥した所に塗り、皮脂が出る所だけ皮脂防止系の下地を塗っても良いです。

しかし顔全体が乾燥しているというのなら、皮脂防止系下地は使わない方が無難。できることならまずは化粧水やクリームを保湿力の高いものに変えましょう。

保湿力の高い、カラーコントロール系のデパコス化粧下地を教えてください

人気が高いアイテムを紹介します。

・RMK ベーシックコントロールカラーN
カラー / 4色 シルバー、パープル、グリーン、コーラル

・THREE アンジェリックコンプレクションプライマー
カラー / 5色 PINK PETAL、JUST PEACHY、YELLOW ROSE、MINTY FROTH、APRICOT BLOSSOM

エレガンスのモデリングカラーベースEX UVも3色展開で人気がある化粧下地ですが、乾燥がひどいと物足りなさを感じるかもしれません。