下地美人TOP > 化粧下地 > DHC PAシルキーフィットUVベースの口コミと使用レビュー!低刺激なのに崩れにくい理由は?

DHC PAシルキーフィットUVベースの口コミと使用レビュー!低刺激なのに崩れにくい理由は?

2019.10.11

暦のうえではもう秋なのに、まだまだ猛暑が続いているこの季節。

メイクも秋のトレンドにチェンジしたいところですが、しっとり系の秋冬ファンデを使用すると化粧崩れが気になりますよね。

以前、下地美人でも紹介した皮脂崩れ防止として人気のプリマやマキアージュはとっても優秀な下地です。

しかし、今回はさらに紫外線のダメージに強く、ダメージを受けたお肌でも使用できる低刺激な崩れにくい下地を紹介いたします。

DHC PAシルキーフィットUVベースは「プラチナシルバーメークシリーズ」のひとつ。

美容保湿成分をプラチナシルバーとナノサイズまで超微粒子化して配合し、ノンケミカルで肌に優しいシリーズです。

お化粧したてのキレイな状態をずっとキープしたい人
毛穴落ちや皮脂くずれですぐにお化粧がドロドロになってしまうという脂性肌の人
乾燥肌だけど皮脂崩れが気になるという人

化粧崩れを起こしにくい化粧下地を探している人はチェックしてくださいね!


DHC PAシルキーフィットUVベース(ルーセント)の基本情報


  • 価格(税抜)1,780円
  • 内容量30g
  • SPFSPF50+・PA++++

DHC PAシルキーフィットUVベースの口コミは?

伸びが良くベタベタしません。塗り心地が軽く、真夏でも夕方までサラサラです。

テカりと毛穴が目立つのが悩みでしたが、やっと自分に合う下地を見つけました。今まで使ってきたなかでダントツ崩れにくいです。

自然なトーンアップでくすみが目立たなくなり、紫外線防止力が高いので愛用しています。

高いSPFのものはベタつく商品が多いのに、こちらはサラサラです。ノンケミカルで肌に良さそうです。

水っぽく、色が薄いので重ね塗りしてもカバー力がありません。

相性が悪かったのか、こちらを使用しはじめてから赤いポツポツができてしまいました。

DHC PAシルキーフィットUVベースの使い方を紹介!

ボトルをよく振ってから使用します。

手に出してみると薄いピンクベージュ色。

手の甲右半分に塗り広げてみたところ、色みはほとんど感じませんが、透明感が出てトーンアップしてくれます。

PAシルキーフィットUVベースはさらっとタイプの乳液のようなテクスチャーで、伸びも良く、素早く肌になじみます。

ささっと広げただけでも塗りムラが目立たないので、メイク初心者さんにも使いやすい下地です。

下地を塗ってすぐにファンデーションを塗れるので、忙しい朝にも活躍してくれそう!

推奨使用量の記載はありませんが、下地美人おすすめの量はパール1粒程度

顔に5点置きし、顔の中心から外側に向かってやさしく伸ばします。

最後に手のひらで顔全体をやさしくおさえて、肌と下地をぴったりと密着させます。

スタッフが普段から使っているリキッドファンデも、いつもよりぴったりと密着している感覚が◎

残暑が厳しい時期に1日オフィスで過ごしましたが、Tゾーンの化粧崩れも少なく、夕方にティッシュオフしただけできれいにお直しができました♪

口コミを見ているとカバー力が低いとの意見がありましたが、実際に使用してみると透明感や光の加減で小さな毛穴の凸凹や薄いニキビ跡を目立たなくしてくれました。

濃いシミや赤みの目立つニキビ跡はコンシーラーかカバー力の高いリキッドでカバーしましょう。

PAシルキーフィットUVベースはウォータープルーフで水にも強い!

PAシルキーフィットUVベースを半分だけ塗った手の甲全体に水をかけてみました。

左が何も塗っていない状態で、右側にはPAシルキーフィットUVベースを塗っています。

すると、手の甲右側に水滴が円形のまま残る結果に!

水に強く化粧崩れしにくく、汗をかくシーズンやウォーターレジャーにも活躍してくれることがわかりました◎

DHC PAシルキーフィットUVベースの成分は?プリマやマキアージュとどう違う?

成分構成は軽くてサラサラ使用感となる成分が配合されています。

ベースはジメチコンと、シクロペンタシロキサンという低刺激のシリコン系オイル。

保水性が高いヒアルロン酸、とうもろこしデンプン由来の天然の保湿成分で細胞を保護し、紫外線のダメージや肌荒れの炎症を防ぐグリコシルトレハロースが配合。

保湿成分もしっとりするのにベタつきにくい成分が使用されています。

その他に、皮脂崩れ防止下地として注目したい成分は以下の通り。

  • イソノナン酸イソトリデシル
  • 油性感が少なくさっぱりとした使用感のエステル系オイル。


  • 酢酸セルロース
  • 低刺激で適度な吸油性のある球状の微細なパウダー。

    余分な皮脂を吸着し肌をサラサラな状態に保ちます。


  • クロスポリマー
  • 肌の温度に反応して膜をつくる熱感応ポリマー。

    化粧崩れやヨレを防止し、長時間メイクをキープします。


  • ポリメチルシルセスキオキサン
  • サラサラ感を演出してくれる粉体で、毛穴の凹凸をカバーしてくれます。

プリマやマキアージュの崩れない系下地と異なるのは、SPFとPA値の高さと、香料・パラベン・エタノール・紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方でお肌にやさしいという点です。

DHC PAシルキーフィットUVベースは、敏感肌向けの日焼け止めや下地にもよく使用されている紫外線散乱剤の酸化亜鉛が配合されています。

普通肌の方は問題ありませんが、酸化亜鉛が多く含まれているため、金属アレルギーの方はパッチテストを行ったうえで使用しましょう。

お肌に負担をかけないのに、しっかり紫外線からお肌を守ってくれる日焼け止め兼下地。
人気のプリマやマキアージュは肌に合わなかったという方におすすめの商品です。

DHC PAシルキーフィットUVベースはコスパが良くて肌にもやさしい

DHC PAシルキーフィットUVベースは、プリマなどの崩れない系下地と相性がイマイチだった方も使用できる低刺激の崩れにくい系下地です。

特にエタノールに敏感な方で崩れない系下地を使えないという方にはイチ押しの一品!

ただし、こちらの商品に限ったことではありませんが、シリコーンが多く配合されている下地は崩れない力が強い分、裏をかえせばクレンジングで落としにくい成分といえます。

ミネラルオイルが主成分などの強い洗浄力のクレンジングでメイクオフしないと、毛穴がつまったり肌荒れの原因にもなってしまいます。

使用した際はメイクオフとアフターケアの保湿をいつもよりしっかり行いましょう。

プリマやマキアージュと比べるとお値段もお手頃なので、デイリー使いにおすすめのコスメとしてキープしておいても損なしです!

アレルギー性敏感肌のスタッフが使用しても肌荒れが起こらなかったので、お肌の調子がゆらいでいるときでもしっかり日焼けを予防したい、紫外線老化を避けたいという方にもおすすめです。