下地美人TOP > 化粧水 > 無印良品の導入化粧液は使ったほうがいいの?効果を検証してみた

無印良品の導入化粧液は使ったほうがいいの?効果を検証してみた

2019.05.24

「化粧水がごくごく飲むように浸透する神コスメ!」と売り切れ続出の無印良品の導入化粧液

全国の無印良品店で入手困難となり、Twitterでもやっと入手できたとの報告ツイートが多い人気商品です。

2018年夏、成分や内容量に変更はなく、「導入液」から「導入化粧液」に名前が変更されリニューアル!

相変わらず人気は続いているようですが、口コミを見ていると、本当に導入されているのかよく分からないとの意見が多くみられました。

今回はモデルさんに協力してもらい、導入液を使用した日と使用しなかった日のお肌の調子を調査しました!

購入を迷っている方、導入液の役割について知りたい方はチェックしてみてくださいね!

無印良品 導入化粧液

  • 価格390円/ 1,290円/ 2,290(税込)
  • 容量50ml / 200ml/ 400ml
  • 販売場所全国の無印良品店舗、公式通販、Amazon

無印良品 導入化粧液の口コミは?

次の化粧水がぐんぐん入っていきます。しっとりして肌の調子が良いです。

プチプラ化粧水でもこれをプラスするともっちりします。

無印良品 導入化粧液はサラサラのテクスチャー!

無印良品の導入化粧液は透明でさらさらしたテクスチャーで、においはありません。

水のようにシャバシャバするので、手からこぼれてしまいそうになります。

肌につけると、ややしっとりした感触に変わります。

このまま手でつけても、コットンにつけて肌にのばしても使用できるとの記載がありましたが、口コミを見ていると、無印良品のスプレーを別途購入し、霧吹きやスプレーとしてそのまま顔に噴射しているという方もいらっしゃいました。

下地美人スタッフが試してみると浸透は遅めで、肌馴染みが良くないように感じました。
さっぱりタイプの化粧水を愛用している方は違和感がないと思いますが、しっとり浸透型のスキンケアを使っている人は違和感を感じるかもしれません。

 

導入化粧液は使うべき?お肌の水分量を比較!

普通肌のモデルさんに協力してもらい、導入液の使い心地とお肌の状態をチェックしました。

口コミを見ていると、プチプラ化粧水と組み合わせている方が多かったので、今回はハトムギ化粧水を使用しました。

顔の左右で、ハトムギ化粧水だけを塗ったときと、無印良品の導入化粧液を使用してからハトムギ化粧水を塗ってもらい、数値を計測しました。

こちらがお風呂あがりのお肌の状態です。
頬の一番高い部分で計測しました。

水分量は普通、油分が多く、お肌の状態は普通です。
気温が高かったためか、この日は油分が多く表示されました。

こちらがハトムギ化粧水だけ塗って5分経過したときの数値です。

水分量が1ランクアップ、油分が1ランク落ち着き、お肌の状態は良好に!

導入化粧液を塗った直後の数値です。
お風呂上りのときよりも、水分量が2ランクアップ、油分が1ランクダウンし、お肌の状態はとても良好! 水分と油分のバランスがとれています。

導入化粧液を塗ってもらい、ハトムギ化粧水を重ねて5分たったときの数値がこちら。

お風呂上りのときよりも水分が1ランクアップし、導入化粧液を塗ったときよりも油分が1ランクアップしました。
お肌の状態は良好です。

数値上は、導入液を使用してもしなくても大きな差は見られませんでしたが、モデルさんはこの日大きなニキビがたくさんできていたので、ベタつかないさらっとした導入化粧液が心地良く感じたとのことでした。

そのまま就寝してもらい、翌日の肌の状態を聞いてみたところ、「クリームを塗らずに寝たのに乾燥を感じなかった」とのことです。

朝のスキンケアとしても、同じように使用してもらいましたが、メイクを重ねても邪魔にならず、さっぱりした使い心地で潤いだけほしいという夏に良さそうとのことでした。

無印良品の導入化粧水はどんな肌質向き?ニキビにいいってホント?

植物由来エキスが多種類配合されており、やや刺激があるDPGが使用されているので、極度の敏感肌やアレルギーの方はパッチテストを行うのがおすすめです。

乾燥肌の方は、水を塗るだけでも乾燥が始まってしまうので、導入化粧液を使用した場合はすぐに化粧水とクリームで保湿をしてください。

成分表を見てみると、プロパンジオールペンチグリコールが配合されています。 この2つの成分が合わさると、殺菌作用が期待できます。

毛穴がつまり、赤く化膿してしまうタイプのニキビにお悩みの方は一度試してみる価値がありそうです。

無印良品 導入化粧液はニキビ肌や脂性肌の方におすすめ!

無印の導入化粧液は、洗顔後のプレ化粧水としての導入液。
導入液のなかには、アルコールを多く配合し、皮膚を乾燥させ、化粧水を浸透するかのような演出をしている商品もありますが、無印はアルコールが配合されているものの保湿剤も配合されているので、肌の水分や油分を取りすぎて肌の負担になってしまう心配も少ないと思います。

アルコールでかぶれをおこしてしまう方や敏感肌の方はシンプルなケアが望ましいので、使用は控えたほうが良いでしょう。

そもそも、肌に吸収できる水分量は決まっているもの。
導入液を使用したからといって、化粧水が何倍も肌に浸透するわけではありません。
水分量が多いから肌の状態が良いというわけではなく、水分と油分のバランスが良い肌が一番美しく丈夫な状態です。

とはいえ、導入化粧液にはプラスの側面も。
無印良品の導入化粧液には抗菌作用が期待できるので、ニキビにお悩みの方のプラスケアとしてのほか、汗をかいたのに洗顔ができないときに普段のスキンケアの前に使用したり、メイクなおしのときに油分をオフしたいときに綿棒にしみこませて使用するのもおすすめです。

ただし、導入化粧液だけでは乾燥してしまうので、このあとのケアもきちんと行ってくださいね!