下地美人TOP > 化粧水 > 化粧水のおすすめを紹介!肌悩みを解決するアイテムを厳選

化粧水のおすすめを紹介!肌悩みを解決するアイテムを厳選

2019.09.26

女子であれば毎日使用する化粧水ですが、どれを使ったら良いかわからないと迷う方もいますよね。

今回は、下地美人がおすすめする化粧水を年代別に分けて、全部で10個ご紹介します!

あわせて選び方のポイントや正しい使い方、効果をアップさせる使い方もご紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

化粧水のおすすめを選ぶポイント!あなたは正しく選べている?

自分の肌に合う化粧水や、効果に満足する化粧水に出会えないという人は、『化粧水の選び方』が間違っているのが原因のことも。

おすすめ商品をご紹介する前に、まずはいい化粧水を選ぶポイントを知っておきましょう!

肌の悩みにアプローチしてくれるかどうか

「肌の乾燥に悩んでいる」「最近くすみがひどくなってきた」など、肌の悩みは人それぞれですよね。化粧水には特徴があり、どの肌悩みにアプローチしてくれるのかが違っているのです。

そのため、まずは自分がどの肌悩みを持っているかを知り、その悩みに積極的にアプローチしてくれる化粧水を選ぶと効果に満足できるでしょう。

例えば、

  • 乾燥に悩んでいる→保湿効果が高い化粧水
  • くすみが気になる→美白効果がある化粧水
  • ニキビや吹き出物ができやすい→ニキビケアができる化粧水
  • たるみをなんとかしたい→ハリがアップする効果がある化粧水

という感じです。

自分の肌に足りない部分を補ってくれるような化粧水を選んでくださいね。

肌への刺激ができるだけ少ないものを

化粧水は毎日使うものなので、肌への刺激ができるだけ少ない商品を選ぶのも忘れてはいけないポイント!そのため、「敏感肌用」または「低刺激」と書いてある商品を積極的に選びましょう。

そのほか、

  • パラベン
  • アルコール
  • 防腐剤
  • 合成香料

これらの成分はできれば入っていないほうが良いです。

入っていると肌荒れするわけではないのですが、肌質によっては刺激となる可能性があるので注意してくださいね。

ケチるのはNG!惜しみなく使える価格帯のものに

化粧水は商品によって価格帯が違います。500円程度で購入できるものもあれば、中には1ヶ月で1万円以上するものもあるんです。

でも、どんなに高くて成分にこだわっている化粧水でも、「高いからもったいない…!」と思って、使う量をケチっていては効果を実感しにくくなります。

いくらが安いと思うかは個人差がありますが、毎日惜しみなく使える価格帯の化粧水を選ぶもの忘れてはいけないポイントですよ。

これを選べば大満足!下地美人のおすすめ化粧水10選

「化粧水は種類がありすぎて選べない!」という人のために、口コミで話題のおすすめ化粧水を10個選んでみました。

年代別に分けてご紹介するので、価格帯や自分の肌悩みから選んでみてくださいね!

30代、40代の悩みにアプローチできるおすすめ化粧水

ポーラ ホワイトショット

  • 価格11,880円(税込)
  • 内容量150ml

ポーラのホワイトショットは、集中して美白ケアをしたい人にぴったりな化粧水です!

繰り返し使うことで、皮膚が自分で美白を取り戻す力を持てる効果が期待できます。

メラニンの生成も抑制してくれてシミになるのを防ぐだけでなく、肌が自身がシミに強い肌に変化するのが特徴。

最先端の美白技術が得られる化粧水なら、あなたもきっと満足できるはずですよ。

20代の悩みにアプローチできるおすすめ化粧水

オルビスユー ローション

  • 価格2,916円(税込)
  • 内容量180ml

オルビスユーの化粧水は肌への浸透力が高く、みずみずしい美肌へと導いてくれる化粧水です。

どんなにいい成分が入っていても、角層の奥まで入っていかないと潤いはキープできません。

オルビスユーの化粧水は、『細胞レベル』で潤うように作られた化粧水のため、しっかり肌の奥まで潤いが浸透していくのです。

さらにハリやツヤ、明るさもアップしてくれます!年齢による肌トラブルにアプローチしてくれるので、「そろそろエイジングケアをしようかな?」と考えている人にぴったりです。

イプサ ザ・タイムR アクア

  • 価格4,320円(税込)
  • 内容量200ml

イプサのザ・タイムRアクアには、独自成分である『アクアプレゼンターIII』という保湿成分が配合されています。

肌の表面に潤いをキープして、キメを整えてくれるのが特徴。

また、肌の水分のバランスを整えてくれ、「水分が多すぎてテカる」といった悩みを防いでくれます!アルコールが無添加で肌が弱い人でも安心。大人ニキビや肌荒れを防ぎます。

10代の悩みにアプローチできるおすすめ化粧水

アクアレーベル ホワイトアップローション 保湿・美白化粧水

  • 価格1,780円(税込)
  • 内容量200ml

アクアレーベルのホワイトアップローションは、しっとりした使い心地が人気の商品です。
潤いを肌の奥までしっかり届けてくれ、さらに逃げないようにしっかり潤いをキープしてくれるんです。

また、美白有効成分としてトラネキサム酸が配合されていて、シミやくすみに悩んでいる人のサポートをしてくれるでしょう。

明るく透明感のある肌を手に入れたい人はぜひ試してみてくださいね。

40代、50代の悩みにアプローチできるおすすめ化粧水

SKII フェイシャルトリートメントエッセンス

  • 価格18,360円(税込)
  • 内容量75ml

SKIIのフェイシャルトリートメントエッセンスは、SKII独自の『ピテラ』という成分が90%以上配合されています。

ピテラは肌がもともと持っている働きを整えてくれる成分で、なんと50種類を超える美肌成分が配合されているのです!

SKIIは多くの芸能人に愛用されている商品。肌にいいものがたっぷり入っているからこそ、肌のコンディションを常にいい状態にしておきたい人たちに人気なのですね。

1,000円以下で購入できる市販の化粧水でおすすめは?

ナチュリエ ハトムギ化粧水

  • 価格702円(税込)
  • 内容量500ml

プチプラ化粧水として有名なハトムギ化粧水は、なんと500mlで約700円という価格で購入できます。保湿成分として天然ハトムギエキスがたっぷり配合。

ベタつきがなく、さっぱりした使い心地なのが人気の秘密です。香料と着色用が不使用で、肌が敏感な人でも安心して使えます。

また、ハトムギ化粧水はローションパックとして使うと、さらに水分補給効果がアップするのです!

肌の乾燥に悩んでいる人は、ハトムギ化粧水をコットンに染み込ませて、パック代わりに使ってみてはいかがでしょう?

無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ

  • 価格690円(税込)
  • 内容量200ml

雑貨や食料品などが人気の無印良品ですが、スキンケア用品も「使いやすくて効果抜群!」と口コミで評価が高いのです。

特にこの敏感肌用の化粧水は、鉱物油やパラベンなどの成分が入っていないだけでなく、アレルギーテスト済みで肌が弱い人に重宝されています!

うるおい成分としてグレープフルーツ種子エキス、肌保護成分としてスベリヒユエキス、保湿成分としてリビジュアRとヒアルロン酸Naを配合。

一度使えば、しっとりなめらかな使い心地の虜になるはずです。

ちふれ 化粧水 とてもしっとりタイプ

  • 価格604円(税込)
  • 内容量180ml

プチプラコスメが人気のちふれにはスキンケア用品もあるのです!

本体付きでも約600円と低価格で、詰め替え用なら約500円で購入できてしまいます。
これなら毎月1本使っても、経済的に厳しくなりにくいですよね。

さらにちふれの化粧水は安いだけでなく、成分にもこだわっているのです。

保湿成分としてヒアルロン酸とトレハロースが配合。なめらかな使い心地で、肌にしっかり潤いを届けてくれます。

美容原液 超潤化粧水 アルブチン&プラセンタ

  • 価格540円(税抜)
  • 内容量185ml

超潤化粧水アルブチン&プラセンタはまるで化粧水の原液のような、とろっとした液体なのが特徴。保湿成分が97%も配合されているのがとろみの理由です。

さらに、メラニン色素の生成を抑える効果があるアルブチンを配合。

保湿効果だけでなく美白効果もできる優れものです!肌の乾燥とくすみ、シミの悩みを解消したい人におすすめ。

なめらか本舗 乳液NA

  • 価格972円(税込)
  • 内容量150ml

なめらか本舗の乳液NAには、保湿成分としてイソフラボンが入っている豆乳発酵液が配合されています。

そのほかにもダイズ種子エキスや植物性コラーゲンなどの保湿成分が入っていて、肌に潤いをしっかり届けてくれるのです。

保湿成分が何種類も入っていると、ベタつきが気になる人もいるかもしれません。

でも、乳液NAはベタつかずさらっとした仕上がりで、使いやすいところが人気の理由の一つです!

化粧水の効果をアップするおすすめの使い方

せっかく肌に効果的な化粧水を購入したのですから、美肌効果をアップさせたいというのが本音のはず。

化粧水の正しい使い方と効果をアップさせる使い方をご紹介するので、ぜひ参考にして美肌を手に入れてくださいね。

正しい使い方

  • 1.手を清潔な状態にしておく。
  • 2.化粧水を適量手に取る。
  • 3.化粧水を顔全体になじませる。
  • 4.ティッシュペーパーを軽く顔に当て、余分な化粧水をオフする。

肌質によっては推奨されている適量では多く感じることも。そのようなときは、量を調節するかティッシュぺーパーで軽くオフしてくださいね。

効果をアップさせる使い方

  • 1.ケアの最後に両手で優しく顔全体をプッシュする。
  • 2.週に1~2回、コットンに化粧水を染み込ませ、肌に10~15分ほどのせる。

この2つのケアは、どちらも肌の奥へと潤いと届けるのをサポートしてくれます。

しっかり潤いをキープするために、ぜひこれからのケアにプラスしてみてくださいね!

化粧水は毎日使うものなので、自分が一番納得できる商品を選ぶのが大切なポイント。

「これなら私の味方になってくれそう!」と感じる化粧水を見つけ、使い方に工夫をしながら美肌を手に入れてくださいね!