下地美人TOP > 化粧水 > ナチュリエのハトムギ化粧水の実力と おすすめの使い方は?ニベアクリームとの併用で美白もできるってホント?

ナチュリエのハトムギ化粧水の実力と おすすめの使い方は?ニベアクリームとの併用で美白もできるってホント?

2019.05.24

ハトムギエキス入りなのに大容量でコスパ抜群とロングセラーになっているナチュリエのハトムギ化粧水。

 

全国のドラッグストアで販売されているので、一度は使ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。

今回はハトムギ化粧水の保湿力について、おすすめの使い方や、ネットで噂のニベアクリームとの併用で美白できるか実際に検証してみました。

夏にむけてさっぱりした化粧水をお探しの方、使いこなせずおうちで眠っている方はチェックしてくださいね!

ナチュリエ ハトムギ化粧水

  • 価格702円(税込)
  • 容量500ml

ナチュリエ ハトムギ化粧水の口コミ

化粧水はバシャバシャ使うものだと思っています。大容量でコスパが良いです。

これを使いだしてからニキビの赤みがひくのが早くなってきました。

ナチュリエ ハトムギ化粧水のテクスチャーや使用感をご紹介

ハトムギ化粧水は、水のようなシャバシャバしたテクスチャー。

うっすら白い色がついていますが、においはありません。

推奨使用料は500円玉程度ですが、その量をつけてしまうと、手の中でこぼれてしまうので、少量ずつ重ねづけするのがおすすめです。

さっぱりしていて、肌への浸透も早め。
ひんやりした感触で、浸透したあとに手で頬をさわると、もちっとしたさわり心地になりました。

ハトムギ化粧水だけ使った翌朝の状態はどう?

検証のため、モデルさんに夜はハトムギ化粧水だけを使用して就寝してもらいました。

普通肌のモデルさんですが、翌朝は口周りが突っ張りを感じたとのこと。
Tゾーンは脂っぽくならずに、朝の洗顔は楽だったそうです。

また、朝のスキンケアとして使用してもらいましたが、化粧水の浸透が早いので、すぐに保湿下地を塗れたのが時短になって良かったとのこと。

モロモロも出ず、どんな化粧品とも相性が良さそうです。

ナチュリエ ハトムギ化粧水を使ったときのお肌の状態を調査!保湿力はある?

下地美人の検証では、普通肌のモデルさんに使用してもらいました。
こちらが洗顔後10分放置したお肌の状態。
頬の一番高い部分で計測しました。
撮影日の気温は26度で春にしては高めでした。

計測したお肌の状態は、数値的には理想的ですが、水分量が普通、油分が多めの様子です。

ハトムギ化粧水を塗った直後の数値がこちら。
公式HPで推奨されている通り、500円玉分の量を片手に取り出して3回に分けて重ね塗りしてもらいました。
肌がひんやりしてきたら吸収されたサインとのこと。
刺激を与えないように、やさしくお肌をプッシュして塗りましょう。

水分量が1ランクアップし、油分が落ち着きました。
お肌の状態も普通から良好に変化しました!

この状態でキープできれば良いのですが、使用してから15分後には水分量が1ランク下がってしまいました。

普通肌のモデルさんでこの数値なので、保湿力が特別優れている化粧水とはいえません。

乾燥肌の方は化粧水のあとに、保湿力の高いクリームを重ねたほうが良いでしょう。

ハトムギ化粧水の成分は?
低刺激で肌にやさしいってホントなの?

成分表を見てみると、「水・DPG・BG・グリセリン」が保湿成分で、さっぱりタイプの化粧水です。

ごくまれにですが、極度の敏感肌の方でDPGを使うとお肌がピリピリしたり、目がしみることがあります。

ドラッグストアで販売されている化粧水などに多く使われている商品なので、敏感肌やアレルギーの方で、他の化粧水でかぶれを起こした経験がある、市販の化粧水は使用できないという場合をのぞいて安心して使用できるでしょう。

ただ、SNSを見ていると「ハトムギ化粧水は低刺激」というイメージが定着しているようですが、
DPGに刺激を感じるというアレルギーの方をはじめ、敏感肌の方には刺激が強いエタノールも微量ですが配合されています。

普段、敏感肌ラインの化粧水を使用している方やアトピー性皮膚炎をお持ちの方は使用前にパッチテストを行うのがおすすめです。

グリチルリチン酸2Kという甘草から抽出された抗炎症成分が配合されているので、ニキビが多い思春期の方に相性が良さそう。

ハトムギエキスについてですが、多種類のアミノ酸をバランスよく含み、保湿だけではなく皮脂量も整えてくれると公式HPに記載がありました。

モデルさんの油分が1ランク下がったのは、ハトムギエキスが皮脂量を整えてくれたと考えられます。

ハトムギ化粧水は脂性肌の方やニキビ肌の方、皮脂量の多い男性にもおすすめです。

日焼けケアや頭皮ケアにも!?
ハトムギ化粧水は化粧水以外の用途もたくさん!

とにかく安くて大容量なので、バシャバシャ使いたいところですが、実は皮膚が水分を吸収できる量は限られています。

保湿したい一心で一生懸命化粧水を重ね塗りしても、逆に角質がふやけて乾燥をまねいてしまうことも。 顔に使用する場合は適量の500円玉程度にとどめましょう。

これから日ざしが厳しくなる季節なので、うっかり日焼けをしちゃったというときに、冷蔵庫で冷やしたハトムギ化粧水をコットンにひたひたになるまでたっぷりつけてローションパックをするのがおすすめ!

日焼けした肌は炎症をおこしているので、まず冷やしてあげることが大切です。

さっぱりした使い心地なので、夏でもベタつきが気にならないのが良いところ。

ローションパック後のクリームも少量で潤ってくれるので、ベタベタ・ヌルヌルするのがキラいな脂性肌さんでも気持ちよくパックができます。

ハトムギ化粧水で
頭皮の乾燥もケアできる?
雑菌繁殖防止にはおすすめ!

公式HPのQ&Aには「全身につかえます」と記載されていますが、頭皮ケアとして顔用の化粧水を使用して良いのか疑問を持つ方が多いと思います。

下地美人スタッフとしての見解ですが、頭皮も顔などのほかの皮膚と同じ構造分なので、商品の注意書きを確認したうえで、顔用の化粧水を頭皮に使用しても問題はないと考えています。

ただ、頭皮は毛髪が密集している場所です。
皮脂腺や汗腺が多く、紫外線やシャンプー、カラー剤、パーマ剤、整髪料などによる外からの刺激に弱いことが特徴。

皮脂と皮膚常在菌のマラセチア菌のバランスが崩れると、ターンオーバーが乱れフケとして表皮がはがれ落ちてしまいます。
その過程で頭皮の水分量が少なくなり、頭皮のバリア機能が低下してしまいます。

頭皮の乾燥がすすむと、さらに外部からの刺激に敏感になり、フケやかゆみなどのトラブルがおこってしまいます。

ハトムギ化粧水には微量ですがエタノールが配合されています。

エタノールは、シャンプーや育毛剤にも清涼感を与え、頭皮を引き締めたり、雑菌を繁殖させないように使用されていることがありますが、先ほど述べたように頭皮はとてもデリケートな部分。

普段エタノールが大丈夫な人でも刺激を感じてしまうかもしれません。

また、エタノールは脱脂能力が高いので、乾燥を促進してしまい髪や頭皮にパサつきを感じることも。

髪がとても傷んだ状態の方、普段アルコールフリーの化粧水を使用している方、保湿目的の方はハトムギ化粧水を頭皮ケアとしては使用しないほうが良いでしょう。

頭皮の保湿ケアとしては、スプレータイプの日焼け止めを髪に使用し、シャンプーの洗浄力を落としたり、ストレスや睡眠不足に気をつけて根本的にケアしていくのがおすすめです。

雑菌の予防や頭皮の油が多くて困るという方は、ハトムギ化粧水をスプレーボトルに詰め替えて使用しましょう。
部活や運動で汗をかいた後ですぐにシャワーを浴びれないときなどは、頭皮がすっきりして気持ち良いでしょう。

ハトムギ化粧水とニベアのW使いで美白できるってホント?

SNSを見ていると、ハトムギ化粧水とニベアクリームを使うと美白になるとのウワサを見かけました。
ハトムギ化粧水にもニベアクリームにも成分的には美白をうたえる成分が入っていないのですが、実際に色白になったという方もいるので、実際にモデルさんに協力してもらい、本当に美白できるのかチャレンジしてみました!

両手にハトムギ化粧水を塗り、右手にニベアクリームを重ねました。

ニベアを重ねたほうが、うっすら光を反射したような透明感がでています!
ハトムギ化粧水の上に、ニベアと同じようなミネラルオイルが主成分のアンブリオスモイスチャークリームを塗り広げたときの写真がこちらです。
テクスチャーの色みが分かるように点置きしましたが、すでにクリームを伸ばしてあります。

ハトムギ化粧水だけ塗ったときよりも両方白くなりましたが、やはりニベアを重ねた右手のほうがワントーン肌色がアップして見えます。

ニベアクリームを塗った手をマクロ撮影した写真がこちらです。

皮膚の溝にうっすら白いパウダーが入り込んでいるのが見えます。
ニベアクリームの成分表を見てみるとジステアリン酸Alステアリン酸Mgが配合されていました。
これらの成分は、安全性の高いもので増粘剤としてアイシャドウやファンデーションのテクスチャーを柔らかくするためによく使用されている白色粉末です。
ニベアの場合は、ワセリンなど固いテクスチャーを伸ばしやすくするために使用されていると思われます。

化粧品における美白ケアとは?
そもそも多くの化粧品がうたう美白効果とは、メラニンの生成を抑制し、シミを予防するという立場の商品がほとんどです。
すでに色黒になってしまっている肌を白くすることや、できてしまったシミを消すことはほとんど不可能に近いので、化粧品がそういった意味合いで「美白」ということがを使うことはほぼありません。
肌を白く見せることは美白ではなく、「ワントーン明るくする」「トーンアップ」と表記されることが多いです。

ニベアとハトムギ化粧水を重ねて使うことで肌が白く見えるのは、トーンアップ効果期待できる、というだけで、メラニンの抑制など美白ケアとはまた違った意味合いになります。

ハトムギ化粧水にもニベアクリームにも、メラニンの生成を抑制する成分は入っておらず、すぐに色が白くなるのは、ニベアのメイクアップ効果によるものです。
日常のメイク前のスキンケアとして使い、肌をトーンアップさせる、という使い方ならば期待通りの効果を感じられるかもしれませんが、根本的な美白ケアにはならないので注意が必要です。
さっぱりタイプのハトムギ化粧水と、保湿力が高いニベアクリームの組み合わせは普通肌の方にはちょうど良いと思います。

美白に一番大切なのはターンオーバーを正常にして古い角質を追い出すこと。

そのためには保湿が重要になってくるので、ハトムギ化粧水とニベアクリームを使って地道にケアをしてきた方のなかに、日焼けがおさまったり肌のキメが整って色白になったように見えるのかもしれません。
ただ、この写真の通り、白い粉が毛穴やシワに入り込んでしまうので、脂性肌の方や毛穴の凹凸が大きい方はかえって目立ってしまうことも。
ニベアクリームで保湿をした翌朝は、洗顔で毛穴汚れをしっかり落としてくださいね。

ナチュリエ ハトムギ化粧水は
脂性肌・ニキビ肌向き!
全身に使えるさっぱり化粧水です!

ちょっと保湿力がものたりないという方、乾燥肌の方は保湿力の高いクリームやオールインワンジェルと組み合わせるのがおすすめです。

同シリーズのハトムギ保湿ジェルと組み合わせて使用しているという口コミも多くみられました。

皮脂のコントロールをしてくれるので、脂性肌の方やニキビ肌の方におすすめです。

小ボトルに入れて出先のメイクなおしにも活躍してくれます。

綿棒に数滴ふくませ、ヨレた部分をオフすると油分も落ちついてきれいにファンデーションを塗りなおせます。

無印良品のスプレーヘッド・トリガータイプ 化粧水用をとりつけると、そのままスプレーに早変わり!

手の届かない背中のボディケアやシャワー後にも簡単に保湿ケアができます。

化粧水として、日焼け後のローションパックやボディケアなど、お手頃価格でいろんな使い方ができるのがうれしいところ。

さっぱりした使用感でベタつきもなく、春夏シーズンやに気持ちよく使える化粧水です。