下地美人TOP > ファンデーション > 資生堂のスポッツカバー ファウンデイションはカバー力最強!ニキビ跡とクマが隠れるか検証してみた!

資生堂のスポッツカバー ファウンデイションはカバー力最強!ニキビ跡とクマが隠れるか検証してみた!

2019.05.24

1980年に発売され、今なお人気のロングセラー商品のスポッツカバーファウンデイション

もともと、やけど跡や傷跡に悩む方の精神的負担を減らすために開発された商品とのことで、そのカバー力は他のコンシーラーと比べても最強とSNSでも話題になっています。

今回は使いやすいと人気の標準色のS100をモデルさんに使用してもらい、そのカバー力を検証しました。

色展開が豊富なので、色黒さんや男性でも使用できるよう暗めの色も発売されています。
明るめの色、暗めの色と混ぜて自分の肌にぴったりの色を調節できるのも魅力的です。

コンシーラー選びに迷っている方、使い方が分からないという方、敏感肌でも使用できるアイテムをお探しの方はチェックしてくださいね!

資生堂 スポッツカバー ファウンデイション

  • 価格1,296円(税込)
  • 容量20g
  • カラー展開(部分用)
    H100 ベースカラー
     (オークル系の明るめの肌色)
    H101 ベースカラー
     (オークル系の落ち着いた肌色)
    (全体用)
    S100 ベースカラー
     (オークル系の明るめの肌色)
    S101 ベースカラー
     (オークル系の落ち着いたの肌色)
    S102 ベースカラー
     (オークル系の濃いめの肌色)
    S300 ベースカラー
     (ピンク系の赤みよりでやや明るめの肌色)
    (補正色)コントロールカラー 18g
    C1(マイルドなホワイト)
    C2(ベージュがかったイエロー)

資生堂 スポッツカバー ファウンデイションの口コミ

カバー力がすごい!濃いシミも簡単に消えます。

ヨレにくく、汗でもとれません。クマも隠れます。

資生堂 スポッツカバーファウンデイションを上手に使うには?

スポッツカバーは、手に出してみると思ったよりも色が濃いめ。
オレンジよりの黄色なのでイエローベースさんの肌を明るく見せてくれそうです。
筆はついていないので、スタッフの私物です。

ソフトタイプなのに、少し硬めで油分が多いこってりとしたペースト状のテクスチャーで、伸ばすとしっかり肌に密着してくれます。

時間が経つとベタつきが消え、さらっとした仕上がりに。

ウォータープルーフのアイライナーで「下地美人」と書き、「美人」を消していきます。

メイク初心者のモデルさんに筆で一度塗りしてもらいました。

一度塗りしただけで、すんなり消えてくれました。
文字が書いてあると知ったうえで凝視しないとわからないレベルです。

メイク初心者さんでもコツがいらず、少量で充分にカバーできます。

ちょっと色が濃いかなと思うかもしれませんが、イエローベースの色白さんならこれくらいの色がベスト!

筆にべったりついてしまうので、筆の片方を使って気になる部分にのせ、反対側でぼかしていくのがおすすめです。

指を使うとムラになってしまうので、シミやそばかすなどのピンポイントをカバーするときは、綿棒を使っても良いでしょう。

スポッツカバーの選び方のポイントは?

濃いシミ・そばかす・ニキビ跡・傷跡にはハードタイプ、目の周りのクマ・くすみ・薄いアザにはソフトタイプがおすすめです。

明るさについてですが、シミ・そばかす・ニキビ跡は使用しているファンデーションと同じ色か少し濃いめの色を、濃いシミはシミと肌との中間色を選びましょう。

寝不足や血行不良が原因の青クマにはイエロー系を、色素沈着による茶クマはファンデーションより明るめの色がおすすめです。

色が肌に合わないときは、補正色のC1を混ぜて使ってみてください。
単独で使用するときは、C1は薄めの赤アザ・C2は濃いめの赤アザをカバーできます。

資生堂 スポッツカバー ファウンデイションと相性の良い下地やファンデーションは何?

下地美人は今回の実験で、ヨレを防ぐために

  • 1.リキッドファンデーション
  • 2.コンシーラー
  • 3.パウダーファンデーション

の順番で使用します。
資生堂のスポッツカバーファウンデイションは油分と粉体でできているので、カバーしたい部分は二層式の崩れない系の下地を使用しましょう。
おすすめはマキアージュプリマヴィスタなど、下地美人の過去の記事を参考にしてくださいね!

また、重ねるファンデーションも水が多いものだと弾かれてしまうので、油分が多いクリームファンデーションや二層式のリキッドファンデーション、油分の多いパウダーを重ねましょう。

コンシーラーを使用した後にパウダーファンデーションを使用するときは、顔全体にはブラシを使用したほうがキレイにつきます。

上に重ねるパウダーはツヤのあるタイプが、ムラにならずに自然に肌に溶け込んでおすすめです。

コンシーラーが浮いてしまう!
上手な使い方のポイントは?

コンシーラーを上手に使うためのポイントは、l気になるところに少量をのせ、カバーしたい部分はさわらずに、その境界をぼかしていくことです。

資生堂のスポッツカバーはこってりしたテクスチャーで厚塗りになりやすいので注意してください。

塗りすぎはヨレやひび割れの原因になるので、少しずつ量を調整して叩き込んでいくとナチュラルに仕上がります。

コンシーラーを塗ったあとに、すぐにその部分だけにパフにパウダーをつけ、スタンプを押すようにぎゅっと押してください。

コンシーラーの余分な油分を吸収し、肌と密着させることによって時間が経ってもコンシーラーが浮いてきません!

これでもお悩みの部分がカバーできなかった場合は、再びコンシーラーを重ねるのではなく、リキッドやパウダーを指でトントンと重ねてみてくださいね!

資生堂 スポッツカバー ファウンデイションはシミもニキビも完璧カバー!?

プリマヴィスタの皮脂崩れ防止下地、エチュードハウスのダブルラスティング ファンデーションを塗った状態です。

今回下地美人では、おでこのニキビをカバーしていきます。

筆を使って、ニキビの部分よりも少し広めに広げておきます。

綿棒を使って境目をぼかして完成!
ニキビの凸凹は消えませんが、赤みはキレイにカバーできました!

続いて目の下のクマをカバーしていきます。
筆で目頭の下をあけ、斜め下に向かってクマができている場所に伸ばします。

目の周辺はデリケートなので、薬指を使って伸ばしていきます。
伸ばしたコンシーラーを上方向にトントンとたたきこむようにのばします。

このときに、目の下ギリギリのラインは残しておくことがポイント!
涙袋が強調されて自然に立体感を出すことができ、よく動く目元もヨレずにすみます。

このときも、コンシーラーの量は少なめにとってくださいね!
欲張ってカバーしようとすると老け見えやヨレの原因になります。
パウダーを重ねるときも、ブラシでふわっと程度でとどめましょう。

パウダーをブラシで重ねて完成!

Before

下地とリキッドだけの状態です。
顔の色ムラやニキビ跡の赤み、目の下のクマでお疲れ顔。

After

おでこのニキビも赤みが目立たなくなり、目の下の茶グマがしっかりカバーされ、表情が生き生きとして見えます。

パウダーを重ねても乾燥せず、このメイク方法だと通常の生活でヨレやひび割れも感じませんでした。

資生堂 スポッツカバー ファウンデイションはニキビ跡などの赤み消しに最適!

スポッツカバーファウンデイションは、油分と粉体のみで構成されているため、水分の多いファンデーションや下地との相性がイマイチ。

手持ちのファンデーションで油分の多いものと組み合わせるとキレイにお悩みをカバーできます。

ただ、毛穴もカバーできますがコンシーラーの油分により毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

カバー力が高い分、落としにくい構成なので、クレンジングはしっかりと行いましょう。

黒いほくろや黒いシミは薄くはなりますが、下地美人スタッフのテクニックでは完全に消えてくれませんでした。

S100は、ニキビ跡などの赤み、色素沈着によるクマ、薄めのシミは自然に消すことができ、非常に使い勝手が良いカラーです。

敏感肌スタッフが下地を塗らずにそのまま塗っても肌に負担を感じなかったので、敏感肌の方も安心して使用できると思います。

もちがよく、ヨレにくいので海やプールなどのウォーターレジャーや、汗をかきやすい夏にもおすすめです。

少量でよく伸びるのでとてもコスパの良い商品だと思います!