下地美人TOP > フェイスパウダー > 無印良品 ルースパウダープレストタイプを使ってみた!透明感のあるナチュラル肌に仕上げるためのコツを公開!

無印良品 ルースパウダープレストタイプを使ってみた!透明感のあるナチュラル肌に仕上げるためのコツを公開!

2019.05.24

デパコスの名品、エレガンス ラ プードル オートニュアンスに似ているとSNSで話題になり、一時期生産が間に合わなかった無印良品のルースパウダープレストタイプがリニューアルして再登場!

イエベさんにもブルベさんにも相性の良いルーセントパウダーは顔全体にもハイライトとしても使用できます。
リニューアル後の違いやメイクのコツを調査しました。

透明感が欲しい、ゴージャスな雰囲気を出したいという方はチェックしてみてくださいね!

無印良品 ルースパウダープレストタイプ

  • 価格1,290円(税込)
  • 容量8.9g
  • カラー展開ルーセントホワイト
    ハニーベージュ

無印良品 ルースパウダープレストタイプの口コミ

化粧なおしのときにチークブラシで顔全体につけてるとツヤがでます。ラメが大好きなので何度もリピートしています。

くすみが気になるので顔全体に使用しています。塗った直後白浮きしますが、すぐに自然になじんでくれます。肌がワントーン明るくなります。

無印良品プレストパウダールーセントホワイトを実際に使ってみてわかったこと

透明感がでるとSNSで絶賛されているルーセントホワイトを使用してみました。

無色の下地、リキッドファンデーション、パウダーファンデーションを手の甲全体に塗り、右半分にだけルースパウダーをブラシで塗り広げました。

無印のプレストパウダーはリニューアルされて粒子が細かくなったとのことですが、思ったよりも粗目だと感じました。

下地美人スタッフが使ってみると粉っぽく、ブラシをすべらしたときに粉がぶわっと飛び散ってしまいます。

色みはシルバーがかったホワイトパールで、見た目よりもしっかりした白色で発色が良いです。

ラメが強く、左右に動かすと光でキラキラ光ります。
ゴージャスな光り方なので、ラメ感が好きな方は気に入ると思います!

アップでみてみると、手の細かなシワにのめりこんでしまいます。
毛穴などのカバー力は期待できませんが、華やかな印象が演出できそうです。

ルーセントホワイトをアイベースとして使用してみた!

各色を混ぜながらブラシにとり、手の甲で余計なパウダーを払ってから、アイホールにふんわり広げた状態がこちら。
自然なツヤがでてくすみをやわらげてくれました。

このまま好きな色のアイシャドウを重ねると発色が良くなり、アイシャドウのもちが良くなります。

流行のマットアイシャドウが飽きたときは、上からプレスとパウダールーセントを重ねるとツヤタイプのアイシャドウに早変わり! 手持ちのコスメが手軽に印象チェンジができますよ。

リニューアルされて何が変わったの?
成分も調査しました!

パレットにカスタマイズできるように、丸型から四角のパッケージに変更されました。

パレットに自由に整理できるのでポーチの中もすっきりして便利です!
しかし口コミを見ていると、以前からのリピーターからは、粉が飛び散るので前のほうが良かったとの声もあり賛否両論のよう。

粉が飛び散って他のコスメに色移りしてしまうのが心配な場合は、パレットに入れずにそのまま持ち運びましょう。

シンプルな透明のプラスチックケースに入っているので、単品で購入してもそのまま持ち運びできます。

リニューアル後、うるおい成分としてカミツレ花エキス・ホホバ種子油・ヒアルロン酸Naなどが配合されましたが、こちらは成分表の後半に書かれているので、特記するようなうるおいを実感できるほどではありませんでした。

以前の円形の容器に入ったパウダーの容量は9.7gで1,050円でしたが、新商品は8.9gで1,290円。
0.8g減量し、240円値上げされましたが、その分パールの粒子が小さくなり、より繊細な仕上がりにリニューアルされたとのこと。

以前と変わらず、香料・鉱物油・パラベン・アルコール・紫外線吸収剤は不使用です。
使用感や色の変更はとくにありません。
リニューアル前からの愛用者さんも安心してリピートできます。

白塗りを避けるには量の調整が大事!
上手なパフの使い方を伝授!

公式HPにはベースメイクの最後に仕上げとして顔全体に使用する場合、ブラシで分量を調整しながら使用するようにアドバイスされていますが、顔全体に塗る場合はパフを使うほうが簡単!

しかし、パフでポンポン塗りしてしまうと、発色が良いので白塗り状態になってしまうことも。
また、ラメが強いので顔全体がギラギラして浮いてしまいました。

なめらかで自然な透明感を演出するためには、パウダーの量の調整が大切です。

試行錯誤して試してみたところ、顔全体にパフを使用する場合のコツを見つけたのでお伝えします!

パフ塗りのポイント

大きめのパフにルースパウダーをとり、粉を均一になるようにもみこみます。

手の甲で余分なパウダーをはたいてから、手の力を抜いて、パフを平らにしてふわっとのせます。
Tゾーンや目の際にのせるときは、パフを折り曲げてしっかり塗りましょう。

この塗り方だと、ラメが強すぎずナチュラルな仕上がりに!
ブラシを使用するよりもラメがムラになりにくいので試してみてくださいね。

指のせハイライトでくすみ顔をリセット!
簡単なハイライトの入れ方は?

ラメが強すぎる、ナチュラルにツヤを与えたいという場合や夕方のくすみが気になるときには、簡単にできる指のせメイクで顔全体を明るく整えましょう。

メイク初心者のモデルさんMEIちゃんに実際に挑戦してもらいました。

こちらが下地・リキッドファンデーション・パウダーファンデーションを終えた状態の写真です。

肌色のムラもベースメイクできれいにカバーできていますが、どことなく立体感がなく、目の周辺のくすみが気になります。

メイク方法は超簡単!

プレスとパウダールーセントの好きな色のパウダーを混ぜて指にとり、手の甲で一度はらってから、目頭の下・目尻の下・鼻の付け根のへこんだ部分に置きます。

モデルさんは白と水色を混ぜて使用してもらいました。
薬指を使ってやさしくタッチします。

こちらがハイライトを入れた状態です。
指で5点置きしただけなのに、顔全体に光があたったような輝きに!
ハイライトだけでも立体感がアップします。

お化粧なおしでもパパっとできる時短テクなので、試してみてくださいね!

無印良品 ルースパウダープレストタイプは
ラメが強く華やかな印象!
アフター5のイメチェンにも大活躍!

強いラメが散らばめられたルーセントパウダーで、簡単にトーンアップできますが発色が良いので派手になりすぎてしまう場合も。

オフィスメイクにはハイライトとしてポイント使いにとどめるのがおすすめです。

紹介した指のせ以外にも、ブラシを使って目の周りのCゾーンや鼻筋など顔の高い部分にさっとすべらせてください。
このときも一度手の甲でパウダーをなじませてから薄く塗ると、派手すぎず上品なツヤが演出できます。

お仕事帰りのデートや友達との約束があるときにポーチにあると大活躍してくれるルーセントパウダー。
コツさえつかめば簡単にナチュラルで華やかな印象にチェンジできますよ。