下地美人TOP > アイシャドウ > KATEのホワイトシェイピングパレットはどんな色?使い方やおすすめカラーをご紹介!

KATEのホワイトシェイピングパレットはどんな色?使い方やおすすめカラーをご紹介!

2019.02.19

クールで都市的、セクシーでルールに縛られない自由な女性をイメージさせられるKATE。

スモーキーな色合いのアイメイク商品が多く、ホリの深い外国人風メイクが簡単に作れると人気です。

お値段も安く、ドラックストアなどで気軽に購入できることから幅広い年齢層に支持されているブランドです。

そんなKATEからシェイビングとアイメイク、チークができる全5色入りのパレットが登場しました。

シェイビングの基本はブラウンを使って影をつくり小顔効果や輪郭矯正をするもの。

影をつくるのではなく、ホワイトで光を操り、肌色を白く、さらに小顔にさせてくれるというパレットは発売前からSNSでも注目されていました。

ブラウンを使うと顔色がくすんで見える、シェイビングは難しそうというイメージを覆させられる商品です。

 

実際の使い心地はどうなのか、カラー展開などを調べてみました。

ご購入を迷っている方、使い方を知りたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

KATEホワイトシェイピングパレットの商品情報

  • 価格1.944円(税込)
  • 容量6.2g
  • カラー展開WT-1ホワイト
    WT-2パープルホワイト
  • 販売場所マツモトキヨシなどのドラックストア、@cosme store、Amazon、楽天などの通販サイト

KATEホワイトシェイピングパレットの口コミ

顔全体が引き締まった印象になり、くすみを飛ばしてトーンアップできます。

チークがツヤツヤで骨格が浮き出るような感じがします。

KATEホワイトシェイピングパレットを使ってみた!

公式HPで紹介されている塗り方を参考に実際にメイクをしてみました。

かっさフォルムスポンジを使用したのは「Ⓐマット・ホワイライト」「Ⓑブリリアント・ホワイライト」のみです。

細かい部分はかっさフォルムスポンジが小さすぎて持ちづらく、色合いを調整できないので、アイメイク、ノーズシャドウ、チークは手持ちのチップ、ブラシを使用しました。

参考にした画像はこちらです。

WT-1ホワイト

右から、

Ⓐマット・ホワイライト
おでこと顎先を結んだ逆三角形に大きく広げ、 顔の中心をトーンアップさせます。


Ⓑブリリアント・ホワイライト
おでこの一番高い部分、目の下、鼻筋、顎先に広げ、パーツを際立たせるのハイライトカラー。Ⓐよりも黄色みのあるオフホワイトでパールが強めです。


Ⓔグロウチーク
見た目の色味よりも薄づきで肌に自然になじむオレンジ色のチーク。


Ⓒノーズシャドウ
黄色みのあるマットな質感のノーズシャドウ。目頭のくぼみから鼻筋にかけてすっとひき、鼻を高くみせてくれます。


Ⓓアイシャドウ
ゴールドのラメが強いブラウンのアイシャドウ。一度塗りで見た目通りしっかり発色します。

実際にモデルさんにメイクをしてみると、WT-1ホワイトはクールでヘルシーな印象。

凛とした知的な雰囲気に仕上がり、元からホリが深いような自然な立体感を演出してくれました。

鼻筋や輪郭のシャープなラインがとても綺麗です。

モデルさんはイエローベースの色白さんなので、こちらの色が肌色にとても馴染んでいます。

WT-2パープルホワイト

右から、

Ⓐマット・ホワイライト
おでこと顎先を結んだ逆三角形に大きく広げ、 顔の中心をトーンアップさせる効果があります。

見た目はピンクがかった白でしたが、実際に塗ってみるとおしろいを塗ったように真っ白になってしまいました。

色白の方はブラシで量を調節してうっすら塗るのがおすすめです。


Ⓑブリリアント・ホワイライト
おでこの一番高い部分、目の下、鼻筋、顎先に広げ、パーツを際立たせるのWT-1と同じ使い方のハイライトカラー。

Ⓐよりも白めのさくら色ですが、パールが強めなので、動きや照明によっては白く見えます。

色白の方は塗りすぎに注意。

指で数か所にぽんぽんとおいてから、かっさフォルムスポンジで伸ばす程度で十分です。


Ⓔグロウチーク
見た目の色味よりも薄づきで肌に自然になじむ紫がかったピンク色のチーク。 顔色がぱっと明るくなります。


Ⓒノーズシャドウ
赤みブラウンのマットな質感のWT-1と同じ使い方のノーズシャドウ。

目頭のくぼみから鼻筋にかけてすっとひき、鼻を高くみせてくれます。


Ⓓアイシャドウ
チョコレートカラーのアイシャドウ。一度塗りで奥行のある目元を演出し、白目の透明感を引き出してくれます。

ラメはそれほど強くなく、オフィスメイクでも使用できそうです。

WT-2パープルホワイトはデートにもぴったりのフェミニンな雰囲気に仕上がりました。

アイメイクはⒹアイシャドウを塗ったうえにⒺグロウチークを指でポンポンと黒目の上にのせてのばし、チークはふんわりとブラシで広げて春らしい印象に。 

 

アイメイク編

WT-1ホワイト

Ⓒノーズシャドウをアイホール全体に塗り、二重の際の部分にⒹアイシャドウをひいてからジグザグに上にぼかし、グレーのラメ入りのリキッドアイライナーを使用しました。

アイシャドウは、アイチップを使用し、手の甲で量を調節しながら塗ったので、手にだしたときよりもギラギラしすぎず、派手すぎず自然な印象に仕上がりました。

涙袋にはⒺのオレンジチークをライン状に入れています。

WT-2パープルホワイト

こちらも同様に、Ⓒノーズシャドウをアイホール全体に塗り、二重の際の部分にⒹアイシャドウをひいてからジグザグに上にぼかしました。

赤みのあるブラウンが目元を優しい印象に仕上げてくれます。

眉山の下、目頭を「く」の字に、涙袋にⒷブリリアント・ホワイライトを指でポンポンとのせています。

アイシャドウはチップを使用したため、どちらの色もスウォッチよりも派手にならず、抜け感のある目元に仕上がりました

最初に塗ったⒶマット・ホワイライトでくすみをとばしてくれるので、目元が暗くなりすぎないのが好印象でした。

もっと派手にしたいという方は、かっさスポンジで塗ると濃い発色になります。

KATEホワイトシェイピングパレットは初心者さん向けのアイシャドウ

お肌をトーンアップしたい、でも小顔にもなりたいという方におすすめのパレット。

パレット一つでいろんなメイクが楽しめて、コストパフォーマンスも良く、これからメイクを研究したいという初心者さんにおすすめです。

今までのKATEよりも色づきが薄めなので、クールになりすぎないのも良いところ。

かっさフォルムスポンジは小さく持ちづらいため、メイク初心者さんやナチュラルに仕上げたい方はブラシを使用しましょう。

下地やファンデーションはマットタイプのものを使用するのがおすすめです。

ツヤ感のあるタイプだと顔全体がテカっているような印象になってしまいます。

口コミでは「WT-1は黄色みのある肌、WT-2は青白い、赤みのある肌におすすめ」との声が多くみられましたが、どちらの色もどんな方の肌色にもなじみやすい自然な色合いだと思いました。

WT-2はドーリーメイクにも使用できるキュートな色合いでした。

ただし、色白さんはテスターをしてみてからの購入したほうが良いと思います。

どちらの色番も、白色が強いので顔全体が白浮きしてしまう可能性も。

シェイビングが似合わないといわれている凹凸のないところが魅力の童顔さんは、アイシャドウパレットとして部分使いするのがおすすめです。