下地美人TOP > コラム > ママでもキレイでいたい!産後老けた?を軽減するスキンケア

ママでもキレイでいたい!産後老けた?を軽減するスキンケア

2019.04.10

『出産後もキレイでいたい』きっとすべての女性が願うこと。

しかし実際は、「産後一気に老けてしまった」という女性の声が絶えません。

その一方で、「出産したのに、友達は逆にキレイになった」という声を、下地美人スタッフもよく聞きます。

産後老けてしまう人とキレイになる人、この差はいったい何で生まれるんでしょうか?

出産後も美しく居続ける為に、今何ができるのか?どんなスキンケアが必要なのか?

自分自身、出産後3年たって「やっぱりキレイなママで居たい」と思うから、美しくいるために必要なこと、スキンケアについて調べてみました。

みんなで産後もキレイなママを目指しましょう!!

産後のスキンケアについて

産後に肌を美しく保つために、必要なのはやはりスキンケアです。

産後のスキンケアのポイントは、『とりあえず時間との勝負』ということ。

もたもたしていると赤ちゃんが泣いちゃうし、泣かせるとスキンケアも落ち着いてできません。

クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液かクリーム、という5ステップを、赤ちゃんを見ながら行うのはまず無理!

と下地美人スタッフは思いました。そして最低限で済ませるためにはどうするか、考えました。

いくら産後で忙しいとは言え、クレンジングと洗顔は削れませんが、お風呂で手早くできればOK!

スキンケアを一緒にするのなら、クレンジングと洗顔が一緒になったものを使えば1つで終わりますが、その後の保湿は、どんなに早くても1分から3分は時間がかかります。

できれば、保湿も数十秒で終わらせたいのが下地美人スタッフの本音です。

産後、肌の保湿について

保湿を手早く終わらせたい場合、お風呂上がり、顔にすぐ美容液、もしくはクリームを塗ります。

これで保湿はおしまい!産後の下地美人スタッフが塗っているのはこの1つだけです。

実はスキンケアにおいて化粧水はさほど重要ではないと言われることもあるんです。

実際海外で化粧水はさほど重要視されないそうで、日本人ほど化粧水が好きな人種はいないと言われています。

それと、お風呂上りすぐに塗る、というのが下地美人スタッフ的ポイントです。

お風呂から上がってすぐ化粧水や乳液を塗れば、水分が蒸発する前に肌に蓋ができるので乾燥しにくくなります。

お風呂から出て一息つく前にこの超簡単スキンケアを済ませてしまうまでを入浴のワンセットにしてしまえば、子育て中で忙しいママもさっと保湿が可能です。

もちろん産後でバタバタしていても、洗顔からクリームまでできるのなら、きちんとスキンケアした方がいいです。

でも無理な時もあるし、スキンケアに時間がとれないなら、できることだけ素早く行う!

このスピード感が、産後スキンケアを行うためのポイントだと下地美人スタッフは思っています。

この方法、実は、有名な美容家の佐伯チヅさんが無人島に1つだけ持っていくなら何?という質問に美容液と答えてらっしゃったのを思い出して始めました! やってみて思いましたが美容液は万能なんですよねー。乾燥肌ならできるだけしっとりめのものがいいと思います。

産後老ける人、キレイになる人。違いは何?

出産後って、人によって「キレイになった」「老けた」の差が出やすいです。 産後に老ける人とキレイになる人の違いは、ポジティブに考えられているかどうか、という所も重要です。

同じ顔でも、笑っている時と、沈んでいる時の印象は全く違います。それにポジティブだと色々なことに前向きに取り組めます。
正直産後しばらくは顔が疲れていて、老けたなって感じます。

産前とのギャップもあり余計そう感じるんですが、産後老け顔になるのは、老けて見える原因が体にあるからです。

下地美人スタッフはその原因を知らなかったので2年くらい、なんで老けたんだろうと悩みました。老けてる自分が気になって気になって、どんどんマイナスな方向に進んでいた気がします。

鏡を見るたびに憂鬱な気分で余計に老けて見える。

でもある日、産後老けて見える理由を知ったのです。

それからはできるスキンケアを頑張ろう、と前向きになれました。

産後老けたと感じる原因

産後老けたと感じる原因の1つにシミがあります。実は出産後はシミが濃くなりやすいです。

産後シミができやすくなってしまう原因は、女性ホルモン、プロゲステロンの影響によるもの。

プロゲステロンは、シミやそばかすの原因となるメラニン色素を作る場所を刺激するので、産後一時的にシミやそばかすが目立ちやすくなります。

産後に濃くなったシミやそばかすは、半年くらいたつと落ち着いてきます。ご安心を!

ただ、産後で忙しくても、新しいシミが出来やすくなるのでお出かけ前は日焼け止めだけ塗ったほうがいいです。 赤ちゃんのUVケアのついでに、ぜひ自分にも日焼け止めを塗ってあげてください。

シワやたるみ、乾燥につながる食生活や生活リズム

下地美人スタッフもそうでしたが、産後は授乳したり、抱っこなどで体力を使ったり、栄養を消費し身体が疲れやすくなっています。
それなのに怠りがちな食生活を送ってしまったり、「産後太ってしまった!」と、食事を控えるダイエットをするお母さんが多いのです。

食事制限を行っているママも多いかと思いますが、無理な食事制限は肌を荒れさせ、乾燥や肌のくすみを引き起こし、髪をぱさぱさにします。
そして産後の無理な制限で起こった肌の乾燥はやがて、シワやたるみに繋がります。

下地美人スタッフも増えた体重は気にしてましたし、栄養のバランスがとれた食生活を送っておらず…、今から考えると反省しかありません。

寝不足は仕方ないですが、もしダイエットしているなら産後は栄養バランスのとれた食事をとり、疲れた自分の体と赤ちゃんにしっかり栄養を与えてください。ただでさえ自分のことがおろそかになりがちな時期です。

もちろん赤ちゃんも落ち着かない時期なので、食べたくても満足に食事をとれない日だってあると思います。

出来る限りでいいのでしっかり栄養を摂りましょう。体重は徐々に産前の状態に戻ってきます!

 
産後は食事制限をしないほうが良いからと言っても、もちろん食べ過ぎはNG!ケーキなどお菓子ばかりの食生活もダメですよ。

食事と睡眠がとれない位忙しかったら、きっとスキンケアをする時間を持つのは難しいです。
そろそろスキンケアしなくちゃ!と、心にスキンケアをはじめる余裕が出たらはじめてください。

スキンケアをしたいという気持ちの余裕が出てくるまでは、赤ちゃんとの時間をメインに考えて健やかに過ごしましょう。

産後、敏感肌になってしまうのはどうして?

産後はストレスやホルモンのバランスが崩れることで肌の状態が変化しやすく、しっかりスキンケアをしていても敏感肌になってしまうことがあります。

乾燥しやすかったり、肌荒れしやすかったり。 化粧品が合わなくなった、という声もしばしば聞かれます。

もし、化粧品が合わなくなったと感じるのなら残っていたとしても一度思い切って変えましょう。 今使っている化粧品はとりあえず時間がある時に体につかえばいいと思います。

化粧品はキレイになる為に使うものなので、肌荒れしてしまうならもったいなくても変えるべき!と思います。

子供に触れても安心できる優しいクリームや美容液は、自分の肌にも優しいものが多いので一石二鳥!と思えば変える決断がつきやすいです。

メイクする場合もなるべく肌に負担を与えないベースメイクを心掛けましょう!

美容もメイクにも敏感肌にも使える!産後の時短メイクまでこなすCCクリーム!

産後もキレイでいたい、肌に良いものを探しているママにすすめたいベースメイクがCCクリームです。

CCクリームにカバー力はさほどありませんが、配合成分のほとんどが美容液から作られていますし、日焼け止めの機能がついているものが多いです。

とりあえず、出かける前に日焼け止め感覚でさっと塗るだけで、肌が明るくキレイに見えるんです。

ふんわり自然に目立たなくしてくれるので、CCクリームを塗った後にしっかりメイクしなくてもさほど違和感なく、子どもを見ながらメイクをしなければならないママの味方です。

もちろん産後の時短メイクとしてだけではなく、しっかりメイクにも活用可能。軽くパウダーをして、メイクすればナチュラルメイクも簡単です!

産後のスキンケアは無理しない!できることから始めよう

産後に美しいママで居るためには、まず無理をせずストレスをためないようにすること!

スキンケアをしなきゃ、キレイでいなきゃ…と無理に意識すると、かえってストレスになりかねません。

食事をとって、寝られる時は寝て…、産後はそんな当たり前のことが一番難しい時です。
下地美人スタッフとしては、スキンケアもしっかり行ってほしいと思いますが、まずは生活リズムを整えることが大切。
産後のスキンケアも、こだわって時間やお金をかけることより、自分の生活スタイルと赤ちゃんに合わせてできることから始めていきましょう!