下地美人TOP > クレンジング > オイルフリークレンジングの魅力を紹介!敏感肌や脂性肌にもおすすめ

オイルフリークレンジングの魅力を紹介!敏感肌や脂性肌にもおすすめ

2018.11.05

美容雑誌や口コミで人気を集めているオイルフリーのクレンジング。

オイルフリークレンジングかどうかを気にするのは、圧倒的にマツエクをしている人が多いです。

しかし、マツエクをしていない人にも、実はオイルフリークレンジングはおすすめなんです!

特に脂性肌(オイリー肌)でニキビの悩みを抱えている人や、肌に負担をかけずにさっぱりとした仕上がりが好みという人にはオイルフリークレンジングがおすすめです。

そこで今回は、オイルフリークレンジングの特徴と魅力を紹介していきたいと思います。

  • オイルフリークレンジングにはどんな特徴があるのか?
  • どんな商品がおすすめなのか?

オイルフリークレンジングの基本はもちろん、擦らずスルスル落ちる、使用感抜群のおすすめ商品も紹介します!

オイルフリークレンジングの特徴と魅力

名前の通りオイルフリークレンジングの特徴は、オイル成分が全く入っていないノンオイルタイプのメイク落としだということ。

同じ意味として「オイルカット」と表記されている商品もあります。

ノンオイルだと何が良いのか、オイルフリークレンジングの魅力を詳しく説明していきます。

ノンオイルだからマツエクにも使える

オイルフリークレンジングは、マツエク(まつ毛エクステ)愛用者には必須アイテム!

マツエクのエクステ部分に使用するグルー(接着成分)は油分でできています。

オイルクレンジングを使うことによって、このグルーが分解され接着が弱まるので、マツエクが取れやすくなってしまいます。

なので、マツエクにオイルフリークレンジングは必須ということなんです。

クレンジングだけではなく、油分が入っている化粧水や乳液は使う時に目元に触れないように注意が必要です。

オイルフリークレンジングは仕上がりがさっぱりと軽い

オイル成分が配合されているクレンジングはヌルつき、ベタつきが気になるという声が多くあります。

脂性肌(オイリー肌)の人はもともと皮脂が多いため、余分な油分を与えてしまうとニキビなど肌トラブルの原因になることも。

しかし、オイルフリークレンジングは、みずみずしい使い心地と、ベタつきのないサラッとした仕上がりのアイテムが多く、脂性肌(オイリー肌)の人に使いやすいのです。

もちろん、ベタつきが苦手な普通肌~混合肌の人にも使いやすいクレンジングと言えるでしょう。

肌に余分な油分を与えず肌に負担をかけない

ノンオイルのクレンジングはさっぱりするから乾燥してしまうのでは?と心配してしまうかもしれません。。

しかし実際はオイルより皮脂を取りすぎないので乾燥しにくいのです。

また、少しの刺激にも反応してしまうような敏感肌の人は、油分の重さが肌に負担となる場合があります。

軽めの保湿感で低刺激なオイルフリークレンジングなら、肌に負担がかかりにくく使いやすいのでおすすめです。

オイルフリークレンジングおすすめ3選

オイルフリークレンジングの魅力がわかったところで、おすすめのクレンジングを3つ紹介します。

どれも肌に負担の少ない人気商品なので是非チェックしてみてくださいね。

メディプラスクレンジングゲル

メディプラスクレンジングゲル

  • 価格(税込)初回3,536円
    通常価格(税込) 4,536円 ※送料込み
  • 容量160g(約2ヶ月)

健康で美しい肌作りのために、肌と心の関係に着目している国産スキンケアブランドメディプラス。

84.7%が天然由来の美容成分でできており、肌への優しさや潤いにこだわって開発されています。洗った後もつっぱりません。

また、メイク汚れだけではなく、毛穴ケアにもおすすめ

角栓や鼻の黒ずみもすっきり落としてくれると口コミ評価が高いクレンジングです。

W洗顔不要、洗顔料が必要なしで2ヶ月使えるのでコスパも良くおすすめです。

定期購入でも1回のみで解約可、30日間全額返金保証も付いているので気軽に試せます。

店舗販売もありますが、実は通販の定期購入の方が割引がきくのでお得です。

定期購入なら送料も108円と安くなります。

オルビス クレンジングジェル

オルビス クレンジングジェル

  • 価格(税込)1,440円
  • 容量150ml

オルビスは100%オイルカットのスキンケアを提唱するブランドとして有名。

オルビスのクレンジングリキッドの大きな特徴は、成分の30%以上が保湿成分であること。

そのため美容液のようなとろみの強いテクスチャーがしっかり馴染み、驚くほどメイクが早く浮きます。

お風呂などでも使うことができるので使い勝手が良いと人気です。

マナラ ホットクレンジングゲル

マナラ ホットクレンジングゲル

  • 価格(税込)初回2,990円
    通常価格(税込)4,104円
  • 容量200g

口コミやSNSでも常に話題になっているマナラのホットクレンジングゲルは、温感効果で毛穴を開かせ、美容液ゲルでメイク汚れをからめ取るクレンジング。

91.4%美容液成分配合で、洗いあがりのしっとり感が人気です。

オイルフリークレンジングをプチプラで選ぶならコレ!

もっと手軽な価格でオイルフリークレンジングを試したいと思っている人もいますよね。

そんな人のためにドラックストアや通販でも買えるプチプラで人気のオイルフリークレンジングも紹介していきます。

キュレル ジェルメイク落とし

キュレル ジェルメイク落とし

  • 価格(税込)1,080円
  • 容量130g

キュレルのジェルメイク落としは、肌の潤いを保つために大切なセラミドを守りながらメイクオフができると公式サイトでも紹介されています。

また、肌馴染みがよく、ゴシゴシ擦らなくてもメイクが落とせます。

洗い上がりもベタつかずにさっぱりしているのが特徴。@コスメのランキングでも上位の人気商品です。

キュレルはもともと敏感肌用ブランド。

低刺激で、乾燥肌、乾燥性敏感肌やマツエクをして敏感になった目元にも安心して使えます。

クレンジングリサーチ ジェルクレンジング

クレンジングリサーチ ジェルクレンジング

  • 価格(税込)1,080円
  • 容量145g

オイルフリー、AHA配合でメイク汚れも毛穴汚れもするんと落とすクレンジングリサーチのアクアクレンジング。

アイメイクもするっと落とせるため、マツエクした目元にも余計な刺激を与えません。

AHAとは、リンゴや柑橘類に含まれているフルーツ酸のことで、古い角質を除去して毛穴づまりを解消してくれる効果のある成分。

知っておきたいオイルフリークレンジングの注意点

手軽に使えてメイク落ち(洗浄力)がよく、肌に優しいオイルフリークレンジングですが、注意しければいけない点もあります。

そこで間違った使い方をして肌に負担をかけてしまわないように、きちんと注意点をおさえておきましょう!

洗浄力が弱い
オイルフリーであることによって、ウォータープルーフやリキッドファンデーションなどの濃いメイクは落ちにくい商品もあります。


洗浄力が弱いと、きちんとメイクを落とせなかったり、落ちないからとゴシゴシ肌を擦り、肌トラブルの原因になってしまう恐れも。


落ちにくいウォータープルーフのマスカラやリップなどはあらかじめ専用のポイントメイクリムーバーを使い落とすことをおすすめします。

界面活性剤が多く含まれている場合がある
オイルフリークレンジングは、水とメイク(油分)をなじませやすくする界面活性剤という成分を使ったものが多くあります。


界面活性剤が多く使用されていると、洗浄力は高まり、メイク落ちはよくなりますが、肌に必要とされる皮脂までも落としてしまうこともあります。


そうなると、乾燥を助長したり、敏感肌の肌トラブルを起こしやすくなることはもちろん、皮脂分泌の異常により毛穴が詰まりニキビの原因になる恐れも。


界面活性剤には大きく4つの種類があり、化粧品として配合されるのはほとんどが肌に刺激の少ない「ノニオン型」の界面活性剤です。


オイルフリーということだけで肌負担が少ないというわけではありません。


配合されている成分も肌に刺激が少ない成分であることも確認することも大切です。

名前の最後に「~グリセル」「~水添ヒマシ油」とつくものがノニオン型界面活性剤の種類です。

オイルフリークレンジングは使い方次第で肌に優しく使える

マツエク愛用者はもちろん、敏感肌や脂性肌(オイリー肌)などの肌荒れしている人に使いやすいのがノンオイルである、オイルフリーのクレンジングの魅力です。

しかし、オイルが配合されていないからといって、全てのオイルフリークレンジングが肌に優しいというわけではありません。

オイルフリークレンジングは基本的に、オイルを使用しないかわりに界面活性剤でメイクを落とします。

ですから、成分表示を見て肌に刺激の少ない界面活性剤を使用されているかどうか見極めることが重要です。

また、ゴシゴシ擦らず使えるようにポイントリムーバーと併用して使うことなど、工夫をして使うように心がけましょう!