下地美人TOP > クレンジング > ニキビ肌に悩む人へおすすめのクレンジング!使い方をレクチャー

ニキビ肌に悩む人へおすすめのクレンジング!使い方をレクチャー

2018.12.20

ニキビができてしまうと、クレンジング選びやメイクの落とし方にも色々と気を遣いますよね。

ニキビを悪化させないためにはメイクを翌日まで残さないのがポイントなので、肌に負担をかけずにサッとクレンジングを済ませるのが大切。

そこで今回はニキビ肌に悩む人のために、「おすすめのクレンジング」と「ニキビを悪化させないクレンジング方法」をご紹介していきます!

ニキビに影響を与えないクレンジング方法をマスターして、ニキビ肌から解放されましょう。

ニキビ肌の人におすすめなのはどのタイプのクレンジング?

ひとくちに「クレンジング」と言っても、ミルクタイプやジェルタイプ、クリームタイプなどタイプ別に種類が分かれています。

ついつい使い心地を重視してメイク落としを選んでしまいがちですが、ニキビ肌に悩む人はちょっと待って!

実はクレンジングのタイプによっては、ニキビ肌に合わず肌トラブルを起こしてしまうものもあるんです。

ニキビ肌におすすめのクレンジングのタイプをまとめました!まずはクレンジングのタイプから見直しましょう。

ニキビができやすい人にはオイルタイプ&ジェルタイプのクレンジングがおすすめ

ニキビを防ぐには、まずメイクや毛穴の汚れを残さないのが大切です。

メイクのカスが毛穴に残っていると雑菌が繁殖し、炎症によるニキビができやすくなります。また、皮脂や毛穴に角栓が詰まったままになると、今度は黒ニキビの原因に。

黒ニキビとは毛穴に詰まった古い角栓や皮脂が酸化を起こしたもの。
酸化すると黒く毛穴が詰まったように見えるので、「黒ニキビ」と呼ばれています。

そこでおすすめなのが「オイルタイプ」のクレンジングです。

オイルタイプのクレンジングは洗浄力が高めなので、メイクや毛穴の汚れをしっかり落としてくれます。

特にニキビ肌の人の中でもメイクが濃い人や毛穴ケアしたい人に合うタイプです。

もう1つおすすめなのは「ジェルタイプ」のクレンジング。

ジェルタイプは洗浄力がやや低めなのでナチュラルメイクの人向けです。

メイクを落とす時の摩擦が直接肌に伝わらないよう、ジェルがクッション代わりになってくれるので、肌への刺激が少なくニキビの発生・悪化を防ぎます。

ニキビ肌の人におすすめのクレンジング5選

それではさっそく、ニキビ肌の人におすすめのクレンジングを5つご紹介していきます。

実際に使っている人の口コミもご紹介しますので、そちらもぜひ参考にしてみて下さいね。

アテニア スキンクリアクレンズオイル 無香料タイプ

アテニア スキンクリアクレンズオイル 無香料タイプ

  • 参考価格1,836円(税込)
  • 内容量175mL

アテニアの「スキンクリアクレンズオイル」はオイルタイプでダブル洗顔不要のクレンジングです。

「アルガンオイル」配合で、毛穴の汚れや角栓をしっかり除去してくれます。

「バオバブオイル」も配合されているので、潤い成分を肌の中に閉じ込めて乾燥によるニキビも防いでくれるのが特徴です。

アテニア スキンクリアクレンズオイルの口コミ

今まで使ってきたどのクレンジングよりもしっかり落ちます!角栓もスッキリ。

毎日マッサージをしています。使うのをやめるとニキビが増え、再開するとニキビが減るので継続して使いたいクレンジングです。

メイクが落ちやすくて洗い上がりもつっぱらないので、しばらく使おうと考えています。

ビフェスタ クレンジングローション コントロールケア

ビフェスタ クレンジングローション コントロールケア

  • 参考価格1,080円(税込)
  • 内容量300mL

ビフェスタの「クレンジングローション」はローションタイプなのでオイルフリーで、ダブル洗顔不要のタイプです。

ノンコメドジェニックテスト済みなのでニキビができにくいクレンジング!

ノンコメドジェニックテストとは、人間の肌に「コメド」ができないかをテストするというものです。コメドはニキビの原因になる物質なので、ノンコメドジェニックテスト済みのクレンジングはニキビができにくいと言えます。

その他大人ニキビ対策に効果がある「抗炎症成分」「殺菌成分」の2種類が配合されています。

ビフェスタ クレンジングローションの口コミ

これを使い始めてから肌がきれいになりました。おすすめです!

ファンケル マイルドクレンジングオイル

ファンケル マイルドクレンジングオイル

  • 参考価格1,836円(税込)
  • 内容量120mL

ファンケルの「マイルドクレンジングオイル」はオイルタイプのクレンジングですが、濡れた手でも使えるので忙しい時でも簡単にメイクが落とせます。

「するんとオフオイルα」「毛穴つるすべオイル」の2つの働きのおかげで、擦らずササっとメイクオフできるのでニキビ肌にも優しいクレンジングです。

ファンケル マイルドクレンジングオイルの口コミ

クレンジング力があって、さらにマツエクをしていても使用OKなのが嬉しい!

無印良品 マイルドジェルクレンジング

無印良品 マイルドジェルクレンジング

  • 参考価格750円(税込)
  • 内容量200g

無印良品の「マイルドクレンジングジェル」はジェルタイプのクレンジングで、コンビニでも購入できる手軽さが人気の理由の1つです。

低刺激なのでニキビができた状態でも安心して使えるのがポイント!天然うるおい成分の「あんず果汁」「桃の葉エキス」の2種類が配合されています。

あんず果汁にはヒアルロン酸の生産を促進させる作用やピーリング効果があり、桃の葉エキスには抗菌作用や抗炎症作用があるので、ニキビ防止と美肌効果が期待できるクレンジングです。

無印良品 マイルドジェルクレンジングの口コミ

するするとメイクが落ちてくれます!今まで使った中で一番お気に入り。

ルナメアAC クレンジングオイル

ルナメアAC クレンジングオイル

  • 参考価格2,268円(税込)
  • 内容量120mL

ルナメアACの「クレンジングオイル」はオイルタイプのクレンジングです。

メイクや角栓を優しく落としてくれるので、ニキビの原因にしっかりアプローチします。

潤い成分配合でノンコメドニックテスト済み、合成着色料不使用なので、ニキビ肌の人の味方になってくれるクレンジングです。

ルナメアAC クレンジングオイルの口コミ

ニキビと乾燥肌に悩んでいましたが、使い心地が気に入ったので定期購入しています!

クレンジングでニキビが増える?悪化させないクレンジングは?

ニキビというと皮脂によるものというイメージが強いので、クレンジングでニキビが増えるかも…と考える人は多いです。

クレンジングが原因で実際にニキビが増えたという声も少なくありません。

ニキビを悪化させないために、選びたいクレンジングをあわせてご紹介します

ニキビにはダブル洗顔不要のクレンジングもOK

ダブル洗顔不要のクレンジングとは、その名の通り洗顔料が不要のクレンジングのこと。

メイクが濃い人はこのタイプだとメイクが残ってしまいますが、ナチュラルメイクの人ならダブル洗顔不要のクレンジングもおすすめです。

正しい方法で洗顔をすれば肌へ過剰な刺激を与えませんが、それでもクレンジングと合わせて2回洗顔することになります。

洗顔を繰り返す分、肌は乾燥し、ニキビができやすい肌になるので、ダブル洗顔不要のクレンジングを使って刺激を抑えるのもニキビ対策には効果アリです。

ニキビにはシートタイプのクレンジングは避けたい

ニキビにとって刺激は大敵。手で優しく撫でる程度なら良いですが、クレンジングシートでゴシゴシ擦るとニキビ悪化の原因になるので避けましょう。

アイメイクが濃くてオイルタイプやジェルタイプのクレンジングで落ちない人は、ポイントメイク用のクレンジングとの併用がおすすめです。

それを使ってアイメイクだけ落とせば、ニキビに余計な刺激を与えずに済みます。

ニキビ肌は刺激の少ないクレンジングを選ぶのも忘れないで

ニキビにとって刺激は敵なので、添加物など刺激のあるクレンジングは避けたいところ。

例えば、「アレルギーテスト済み」「パッチテスト済み」「ノンコメドジェニックテスト済み」などのテスト済み表示があると、肌へ優しいクレンジングという証拠です。

その他、

  • 防腐剤フリー
  • 界面活性剤フリー
  • 無香料
  • 無添加
  • アルコールフリー

これらの表示があるかもチェックすべきポイント。

ニキビを悪化させる可能性があるので、できれば添加物が含まれていないクレンジングを選んだ方が良いです。

クレンジングのタイプを選んだら、刺激が少なく肌へ優しい商品かどうかも忘れずに確認して下さいね。

ニキビを防ぐ&悪化させないクレンジングの方法

ニキビを防いだり悪化させないようにするには、クレンジング選びと同時にクレンジング方法にも注意しなければいけません。

ニキビ肌の人のためのクレンジング方法は下記の通り。

  • 1.クレンジングを適量手に出す。
  • 2.顔全体にまんべんなくクレンジングを塗る。
  • 3.手に少しだけ水を付け、クレンジングが白くなるまで顔に付いたクレンジングを馴染ませる。
  • 4.ぬるま湯でササッとクレンジングを洗い流す。

ポイントはクレンジングを白く乳化させること。

こうするとクレンジングによる摩擦を減らせるだけでなく、そのままクレンジングするより短時間でメイクが落とせます。

オイルフリーの場合は水を混ぜても白くならないので3.は省いてOKです。

また、顔を擦る時の力にも注意!ゴシゴシ力を入れるのではなく、優しく撫でるようにメイクを落としましょう。クレンジング後の洗顔でも同じです。

ダブル洗顔不要の場合はクレンジングのみでOKですが、ウォータープルーフの日焼け止めを塗っている場合は落ちきれていない場合があるので、念のため軽く洗顔するのがおすすめ。

大人ニキビはクレンジングだけじゃなくスキンケアも徹底

治りの遅い大人ニキビはメイクの残りや角栓だけでなく、肌が乾燥してバリア機能が低下するのも原因の1つです。

クレンジングに注意してもニキビ肌がよくならない人は、一度スキンケア方法も見直してみましょう。

おすすめのスキンケア方法は、
  • 1.導入化粧液を塗る。
  • 2.化粧水を塗る。
  • 3.乳液を塗る。
  • 4.美容液を塗る。
の4ステップです。

導入化粧水とは化粧水を肌に浸透させやすくする化粧水のこと。
無印良品などで購入できるので、ぜひ一度試してみて下さいね。

夏場は乳液まででも良いですが、乾燥が悪化しやすい秋冬は美容液も使って潤いをできるだけプラスしておくのがおすすめです。

クレンジングはメイクや汚れを残してはいけないと思い、ゴシゴシと強い力でやってしまう人もいるかもしれません。

しかしニキビができやすい人やすでにできてしまった肌にとって「摩擦」は大敵。できるだけ刺激の少ないクレンジングを使い、優しくなでるようにクレンジングをするのがポイントです。

ニキビは1日できれいになくすのは難しいので、日々のクレンジング&スキンケアをしっかり行ってニキビに悩まされない肌を手に入れていきましょう。