下地美人TOP > クレンジング > 無印のクレンジングはマツエクでも使える?ダブル洗顔は不要?

無印のクレンジングはマツエクでも使える?ダブル洗顔は不要?

2019.07.03

今回は、美容系YouTuberさんが紹介して話題になっている無印良品のクレンジングを調査しました。

無印のクレンジングは、使い心地も定評があるリピーターの多い商品。

「無印のクレンジングでマツエクに使えるやつはある?」
「無印のクレンジングはダブル洗顔不要なの?」

こんな無印のクレンジングに関する質問にお答えしていきます。

マツエクをしている方、プチプラのクレンジングをお探しの方は是非参考にしてくださいね。

無印のクレンジングの口コミはどう?種類別に商品情報を紹介

無印のクレンジングは、ジェル・オイル・クリーム・ミルクとあらゆる種類が揃っているのが特徴です。

1つのブランドでここまでクレンジングの種類を揃えているところはあまりないことにくわえ、すべて無印価格!

無印のクレンジングは、ファミリーマートでも気軽に買うことができて、緊急時も安心ですよね。

無印のクレンジングは現在、ファミマでは買えなくなってしまいました…。
コスパも良く、旅行時にも気軽に買えたために、ちょっぴり残念。

無印でもどのクレンジングにしようか迷っている人に、まずはそれぞれの商品情報と口コミを徹底比較してみました。

無印ならマイルドジェルクレンジングが売れ筋!

無印良品 マイルドジェルクレンジング

  • 価格290円(税込)携帯用
    590円(税込)/750円(税込)
  • 容量30g
    120g/220g

無印良品 マイルドジェルクレンジングの口コミ

オレンジの爽やかな香りが好きでリピートしています。乾燥した状態で使うとウォータープルーフもよく落ちます。

マイルドジェルクレンジングは、無印のクレンジングの中でも人気No.1で、かなり売れ筋なメイク落としです。

程よい使い心地と、メイク落ちの良さが好まれていて、マツエクをしていても使える点が嬉しいポイント。

無印のクレンジングオイルは鼻の毛穴におすすめ

無印良品 マイルドオイルクレンジング

  • 価格390円(税込)携帯用
    750円(税込)/1,190円(税込)
  • 容量50mL
    200mL/400mL

無印マイルドオイルクレンジングの口コミ

メイク落ちがとにかく良いです。無印のクレンジングの中では一番落ちます。鼻の毛穴にも効果的で、いちご鼻のざらつきがなくなりました。使い心地もオイルの割には良い感じ!

無印のマイルドオイルクレンジングは、オイルということもあって、一番メイクが落ちやすい傾向でした。

ただ、洗浄力が強い分、マイルドオイルクレンジングを使ったことで肌が荒れたり、乾燥しやすくなったという声も。

肌質によっては、使い分けが必要なクレンジングといえそうです。

無印のクレンジングミルクとジェルクリームクレンジングの違いは?

無印良品 マイルドミルククレンジング

  • 価格990円(税込)
  • 容量200mL

無印良品 ジェルクリームクレンジング

  • 価格990円(税込)
  • 容量150g

無印のクレンジングというと、ジェルとオイルが人気ですが、実は他の種類もリピーターが多い商品です。

その中でも人気のマイルドミルククレンジングとジェルクリームクレンジングは、次のような特徴があります。

  • マイルドミルククレンジング
  • 肌への負担が少なく、敏感肌でも使えるタイプ。メイク落ちは弱いが、肌をしっとりさせることができる。


  • ジェルクリームクレンジング
  • 天然うるおい成分を含んだ、ジェルとクリームの間のようなテクスチャのクレンジング。
    クレンジング力も強めで、濡れた手では使用できないので注意。

マイルドミルククレンジングは、無印のクレンジングの中でも一番肌に優しいタイプ。
濡れた手でも使えて、メイクにじわっと馴染んでいくので、ナチュラルメイクの人におすすめです。

一方でジェルクリームクレンジングは、洗浄力もそこそこながら洗い上がりもしっとりな1本。

こちらは乾いた手で使用する方が、メイクがしっかり落ちるので使い方に注意です。

無印のクレンジング、おすすめはマイルドジェルクレンジング

複数ある無印のクレンジングですが、下地美人のおすすめは断然マイルドジェルクレンジング!

無印マイルドジェルクレンジングは、洗浄力は強すぎず弱すぎず、ナチュラルメイクなら簡単に落とすことができます。

ミルククレンジングでは落としきれないけど、オイルクレンジングのベタつきが苦手という方には嬉しい使い心地。 さっぱりしながらも必要な皮脂は残してくれるような感じで乾燥肌の方もつっぱりを感じずに使用できるので、潤いとメイク落ちを両立したい人におすすめです。

濡れた状態で肌を温めてから使用すると落としやすさもアップするので、ナチュラルメイクの人であれば使い方を工夫して普段遣いもできそうですよ!

ここからは、無印のマイルドジェルクレンジングの使用感も合わせて、マツエクやダブル洗顔について深掘りしていきます。

無印のクレンジングジェルはマツエクでも使える!使い心地は?

無印マイルドジェルクレンジングは、薄いオレンジがかった透明のやわらかいジェル。
手を下にするとクレンジングジェルがたれてくるほどで、柔らかく簡単に伸ばすことができます。

ジェルが柔らかいので、口コミにもあったように、無印のクレンジングジェルはマツエクでも使えるのがポイント。

無印マイルドジェルクレンジングの推奨使用量は、さくらんぼ粒大。
メイクとなじませるように顔全体にのばし、ぬるま湯で十分にすすすぎます。

手や肌が濡れた状態でも使用できるので、お風呂でささっと洗い流せるのが便利です!

マイルドジェルクレンジング以外ですと、「マイルドミルククレンジング」「マイルドクリームクレンジング」はマツエクでも安心して使えます。

無印のクレンジングはダブル洗顔不要?メイク落ちがいまいち?

モデルさんに協力してもらい、手の甲に上からラメ入りのリキッドアイライナー、ラメ入りのスティックアイシャドウ、二層式のウォータープルーフファンデーションを塗りました。
無印のクレンジングジェルはお風呂でも使えるということで、今回は濡らした手で検証!

右全体にやさしくなじませて、円を描くようにくるくる10回なでた状態がこちらです。

無印マイルドジェルクレンジングでは、二層式のリキッドファンデーションは簡単に落ちました。

ただ、ウォータープルーフのリキッドアイライナーやスティックアイシャドウのラメは薄く残ってしまいました。

皮膚をぐっと押さえつけてこすると全部落ちましたが、普段オイルクレンジングを使用しているスタッフからすると、目の周辺など皮膚の薄い部分は少し圧力がかかりすぎると感じました。

無印のマイルドジェルクレンジングを、手が乾いた状態でも検証しましたが、落ち具合に変化はみられませんでした。

無印のクレンジングジェルでは、ダブル洗顔はしなくても大丈夫そうだと思いましたが、ぬるつきを感じるなら丁寧に洗い流しましょう。

無印のクレンジングはしっかり洗い流せばダブル洗顔はなしでもOK。
ただ、「マイルドオイルクレンジング」「マイルドミルククレンジング」「マイルドジェルクレンジング」については、オイルやメイクが肌に残りやすいので、ダブル洗顔を行ったほうが肌のトラブルは防ぐことができます。

無印のクレンジングで気になる成分を解析!合わない場合は?

強力なクレンジングはメイクが落ちないストレスがなくなる一方、気になるのがその洗浄力の強さで肌荒れしないかということ。

無印の公式HPには、「無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・アルコールフリー」「デリケートな肌にもやさしい低刺激性」と記載されていますが、アレルギー性敏感肌のスタッフはピリピリとした熱感を感じ、乾燥してしまいました。

代表して無印のクレンジングジェルの成分を見てみると、

  • ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル
    強力な洗浄力を持つ安全な成分ですが、合成ポリマー界面活性剤なのでお肌が弱い方には負担になることも。

  • パルミチン酸エチルヘキシル
    ドラッグストアなどで販売されているクレンジングオイルによく使用されている合成エステル油。
    脱脂力が強いのが特徴。乾燥肌の方はかさつきを感じるかもしれません。

  • オレンジ油
    人工香料ではなく精油が入っているのが良い匂いの原因

精油には、ナチュラル・オーガニックのイメージがありますが、アレルギー性敏感肌、アトピー性皮膚炎など皮膚科に通っているような方は避けたほうが無難です。

無印のクレンジングは、値段が安いがゆえに少々成分には難ありな点も。
敏感肌など肌荒れが心配な人は、無印を避けて安心できる成分が入ったクレンジングを使うことをおすすめします。

こんな記事も読まれています