下地美人TOP > クレンジング > ホットクレンジングのおすすめを紹介!

ホットクレンジングのおすすめを紹介!

2019.10.30

毛穴は年代問わず多くの女性が抱えるお悩み。

そんな女性に注目されているアイテムがホットクレンジングです。

メイク落としなのに、毛穴汚れやの黒ずみがきれいになると人気で、通常のクレンジングと異なり、じんわりと温まる温感ジェルが特徴のクレンジングアイテムです。

ホットクレンジングは、メイク汚れを落としながら、毛穴の黒ずみやザラザラ、ブツブツを取り除いてくれるという優れもの。口コミで人気が出ています。

そんなホットクレンジングがどうして毛穴に効くと言われているのか、その理由を紹介していきます。

  • 黒ずみやぶつぶつが気になる
  • 角栓が詰まっていて見た目が悪い
  • メイクを乗せると毛穴の詰まりが余計目立つ

こんな肌悩みが思い当たる方は、毛穴の中に皮脂や汚れが詰まって、角栓になっているかもしれません。

特に今のクレンジングに満足できていない人が、温感クレンジングに替えると、毛穴悩みの改善が期待できます。

角栓は過剰な皮脂が原因でできることも多いです。

皮脂が多く分泌されると毛穴が開き、そこに古い角質や皮脂、汚れが詰まってしまい、角栓となって目立つ状態になってきます。

ホットクレンジングは毛穴の汚れやメイクを残さない

ホットクレンジングは肌に馴染ませると温かくなるという機能が特徴。

肌が温まると毛穴が開きやすくなり、その中に溜まった汚れをしっかりと落とすことができます。

ホットクレンジングの使用イメージは、一度でごっそり取れるというよりは、毎日のクレンジングで気になる毛穴の角栓が減っていく感じです。

また、普段のクレンジングで意外と見逃しているのが角栓の原因にもなるメイク残り。

見た目だけでメイクが落ちていると思い込む人が意外と多いんです。

そうした人がホットクレンジングを使うと、気づいていなかったメイクも洗い流し、より毛穴詰まりを起こしにくい状態にしていってくれます。

ホットクレンジングの中でも、特にダブル洗顔不要のタイプはクレンジング剤を残す心配も少ないため、余計な毛穴詰まりの原因になりにくいです。

ホットクレンジングは肌への摩擦を減らしてくれる

ホットクレンジングはメイク落ちの良さに加え、ジェル特有のやさしい使用感で肌への不要な摩擦が減ることで、毛穴ケアに繋がっていきます。

そもそも詰まり毛穴は、肌の角質が厚く硬くなると起こりやすくなります。

肌を硬くしてしまう理由の1つが、クレンジング時の肌への摩擦。

メイクを落とすために肌を擦る回数が増えると、少しずつ肌は傷つき、知らない間にダメージは蓄積され、肌の角質は硬くなります。

肌が硬くなった毛穴は閉じにくいため、皮脂やメイク、汚れが入りやすく、とても詰まりやすい状態になっているんです。

クレンジングは毎日のことですし、メイクを落としたい!という気持ちから、ついゴシゴシと肌を擦ってしまいがち。

たっぷり泡立てた洗顔料で顔を洗うように、クレンジングも力を入れずに落とせるものを選べば、少しずつ詰まりにくい毛穴になっていきます。

毛穴ケアでやってはいけないホットクレンジングの使い方

ホットクレンジングの毛穴への効果をきちんと発揮するために、やってはいけない使い方を3つ紹介します。

肌に長時間乗せない

温かさが気持ちいい温感クレンジング。

気持ちいいとはいっても、洗浄力があるので、なるべく肌に乗せる時間を短くするように意識しましょう。


落ちないからといって無理に擦らない

普段のお化粧は簡単に落ちていても、特別な日のメイクは濃いからうまく落ちない!ということもあるでしょう。

落ちない場合は一度クレンジングをおこなってから、メイクが濃かった部分にだけ再度さっとクレンジングをしましょう。

手が濡れていても使えるタイプだと楽です。

もちろん部分的にオイルタイプを使ったり、ポイントメイク落としを使うのもおすすめです。


毛穴まわりをごしごしと擦らない

毛穴の黒ずみや角栓を落としたい時ついつい擦りたくなりますよね。

ただ、摩擦は毛穴目立ちが悪化してしまいます。

長い間顔に居座ってきた毛穴が1回のクレンジングで消えるなんてことはありません!

擦って落としたい気持ちは抑え、肌に無理をさせないようにしましょう。

もしも毛穴のために何かしたい!と思ったら、クレンジング後のスキンケアでしっかりと保湿してあげる方に手をかけてみてください。

毛穴ケアは毎日の継続がとても大切。

そんな中で逆にダメージを増やすと、毛穴は綺麗にできても、いつまで経っても詰まりやすい毛穴のままになってしまいます。

せっかく温感クレンジングで毛穴をきれいにしたいと思うのであればポイントをしっかり抑えて毎日メイク落とししてくださいね!

おすすめのホットクレンジングを選ぶときの注意ポイント

ホットクレンジングを買ってみたい、と思ったとき一度は目にするのは、1番売れているとも言われるmaNara(マナラ)のホットクレンジングゲルだと思います。

マナラのホットクレンジングゲルは、@コスメの口コミ獲得件数1,287件、クレンジングジェルの部門の総合ランキングでも3位にランクインしています。

しかし、そんなマナラの星評価は7個中3.9個と意外と低め。

人気がある一方、使い心地が合わない人もいるんです。

クレンジングは使い心地で選んでもらいたいスキンケア化粧品。

人気のマナラの口コミ評価から、使い心地の良いホットクレンジングとはなにかを探り、おすすめのホットクレンジングを紹介していきます。

ホットクレンジングランキングで人気のマナラの口コミ評価が低めの理由

マナラの口コミ評価はあまり高くありません。

なぜなのか参考までにマナラでよく見かける口コミをまとめてみました。

30代前半
たっぷりめに使っています。すすいだ後肌が明るくなっているかも!毛穴も少しですが目立たなくなっていたし、毛穴から見えていた角栓も減っていたので嬉しかったです。

マナラのホットクレンジングの良い口コミは、毛穴の詰まりへの効果、またダブル洗顔不要というポイントが評価されていました。

一方、悪い口コミ評価として代表的だったのは、テクスチャの固さ、洗い上がりのぬるつき、洗浄力についてです。

なぜこのような口コミが出てしまったのか、理由を調べてみました。

テクスチャの固さ
ホットクレンジングの場合、その多くはジェルタイプになっています。そのためテクスチャを固いと感じるのかもしれません。
バームなどとは異なり簡単に肌塗り広げてなじませることができるのがメリットです。


例えばオールインワンジェルなどが同じ触感。そのイメージもあってか、硬めのテクスチャを好む口コミはあまり出てきませんでした。


洗い上がりにぬるつき、ベタつき
特にジェル系のクレンジングはさっぱり感を求めたい女性が多いため、使用感がイマイチと感じることも。
すすいだ後のすっきりしない感じが嫌いな方も多いと思います。


洗浄力
ホットクレンジングは元々がヤシなどから取れる天然の油脂成分から取り出したグリセリンが配合されています。


クレンジングジェルには水系と油系があり、洗浄力が異なります。
水系ははクレンジング力が少なく、油系は水系よりも洗浄力が高い傾向にあります。


マナラは油系のホットクレンジングなのでどうしても洗浄力は高めになります。
そのうち具合が好きな方もいる一方、落ちすぎて肌に合わない人が出てくるというのもよくわかります。

マナラホットクレンジングの、テクスチャの固さ、洗いあがりのぬるつき、洗浄力はホットクレンジングにありがちなマイナス面だということが分かります。

しかし実際に買うとなると、できるだけ使い心地の良いホットクレンジングを選びたいですよね。

マナラの口コミから考えると、使い心地を重視したホットクレンジングを選びたいなら注意したいポイントは3つです。

  • 肌になじませやすい。
  • 洗い上がりがヌルつかない
  • 洗浄力は強すぎない

また、基本的な機能としてチェックしたいポイントもきちんと押さえておきましょう。

  • ウォータープルーフでもしっかりと落ちる
  • 毛穴の黒ずみやざらつきが流せる
  • まつげエクステをつけていても使える

これからホットクレンジングを始めたい、今のホットクレンジングから乗り換えたいという方は、こうしたポイントをきちんとチェックするのがおすすめです。

おすすめホットクレンジング3選

ホットクレンジング選びで注意すべきポイントをチェックしたところで今おすすめの商品を3つご紹介します。

メディプラス クレンジングゲル

メディプラス クレンジングゲル

  • 価格(税抜)初回3,600円
  • 容量160g(約2ヶ月分)

2018年9月に新発売したメディプラスのクレンジングゲル。

とにかく柔らかいテクスチャの水系ホットクレンジングながら、しっかりとメイクを落とし、毛穴ケアもできる優れものです。

洗い上がりのさっぱり感は、まるで洗顔をしたかのよう。

メディプラスは温まり方がとてもやさしい温感クレンジングになっています。

温まっている感じがやさしいという点も人気になっています。

  • セラミドなどの美容成分も配合。
  • W洗顔不要
  • マツエク対応
  • 敏感肌OK
  • オイルフリー
  • 濡れた手でも使える

またプッシュボトルなので、バスタイムでも使いやすい設計になっています。

HALENA(ハレナ)オーガニックホットクレンジングジェル

HALENA(ハレナ) オーガニックホットクレンジングジェル

  • 価格(税抜)通常価格 3,300円
  • 容量170g(約1.5ヶ月分)

こちらも2018年9月に新発売したクレンジングジェル。

かなりゆるめのジェルが心地よい、美容液成分99%配合したクレンジングです。

新発売ながら@コスメの口コミ評価は5.9と高め!

赤ちゃんにも使えるくらい肌にやさしいというキャッチコピーで、オーガニック認証を受けた商品です。

もちろんまつげエクステOK。

洗い上がりはさっぱり系というより、少ししっとり感が残ります。

  • 国産オーガニック
  • 美容液成分99%配合
  • 天然由来成分100%
  • W洗顔不要
  • マツエク対応
マナラ ホットクレンジングゲル

マナラ ホットクレンジングゲル

  • 価格(税抜)通常価格3,800円
  • 容量200g(約2ヶ月分)

マイナスポイントもありますが、ピーリング効果もあるホットクレンジングは魅力的。

洗浄力高め、しっとり仕上がりが好みという方の口コミ評価は良いのでぜひ試してみてほしいです。

  • 美容成分91%
  • W洗顔不要
  • マツエク対応

おすすめのホットクレンジングを見つける時に気になるQ&A

ホットクレンジングはどうして温かいの?

肌に乗せた後の温まり方のレベルはメーカーによって色々ですが、温まるための成分が入っているわけではありません。

ホットクレンジングが温かくなるのはグリセリンという成分の働きです。

グリセリンは保湿・保水効果がある成分です。元々は天然油脂から作られています。

水と混ざる時に熱を発する溶解熱という作用があるため、温感ゲルなどと呼ばれるホットクレンジングの成分として配合されています。

ホットクレンジングだとウォータープルーフが落ちにくいんだけど…

ホットクレンジングに限らず、濃いメイクが落ちにくいときは体を温めてあげると落ちやすくなります。

これは美容家さんも紹介していた方法で、簡単に湯船に浸かったり、シャワーで首元から温めたりしてあげると、メイクが落としやすくなるというもの。

肌に負担なく化粧落としをするというのは、美肌のためにも大切なことなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

またアイメイクやリップ用のクレンジングを使うのもおすすめです。

マナラのホットクレンジングはどうしてそんなに人気なの?

SNSで紹介されたこと、また全国の色々なところで購入が可能だったことも大きいです。

芸能人によるtwitterなどでの紹介で知られることになったマナラのホットクレンジング。

有名な方が使っている事に加え、毛穴に効くらしいといったコメントがあり人気が広まりました。

以前からあったホットクレンジングですが、ここから一気に人気になったともいえるでしょう。

またマナラは、プラザやショップイン、東急ハンズ、ドンキホーテといったバラエティショップに加え、ヤマダ電機LABIなどで取り扱いがある地域もあります。

通販だけではなく手軽に実店舗で買えるのが人気商品となった理由と考えられます。

ホットクレンジングって敏感肌でも使える?

おすすめはメディプラスやHALENAのホットクレンジングです。

敏感肌よりのスタッフはマナラはちょっと熱すぎるかもと肌荒れを心配する声がありました。

メディプラスとHALENAはどちらもも公式ホームページを見ると、敏感肌の方にも使える処方になっていることがわかります。

ただし、敏感肌は個人差がかなり大きいので無理は禁物。

あまり熱くなりすぎない穏やかな使い心地のものが良いでしょう。

また肌に乗せる時間もなるべく短くしてあげてくださいね。

ホットクレンジングは美容液成分が入っていた方がいいの?

美容液成分が入っている場合、肌へのダメージが抑えられる可能性があります。

「汚れを洗い流す」ことが基本のクレンジングなので、美容液成分が入っていた方か良いか悪いかに正解はありません。

仕上がりの好みにもよりますが、もともと肌が持っている保湿力を落とし過ぎないためにも、入っていた方がいいです。

ホットクレンジングを使っているけど毛穴の開きが治らない?

毛穴の悩みの種類によっては、ホットクレンジングではケア仕切れないことも!

毛穴の悩みは原因により種類を分けることができます。

温感クレンジングで改善が特に難しいのは年齢により出てくる毛穴の悩み。

たるみ毛穴や開き毛穴がこれにあたります。

ただ、毛穴が目立つ原因は複合的。たるみ毛穴と一言でいっても、たるみ+角質が厚い、たるみ+毛穴の詰まり、など人によって重なる原因が違うことも多いです。ですから温感クレンジングで効果を感じられる場合もあります。

クレンジング後のスキンケアでは、しっかりビタミン補給をしてあげるなどエイジングケアにも力をいれるとより効果的です。