下地美人TOP > クレンジング > クレンジングの選び方で時短と美肌を実現する方法

クレンジングの選び方で時短と美肌を実現する方法

2018.11.27

クレンジングを選ぶ際、理想とする条件は人によって違います。

下地美人がクレンジングについて独自にアンケートを取ったところ、

  • 肌への優しさ(刺激の少なさ、成分)
  • メイク落ち(洗浄力)
  • 洗い上がりのさっぱり感
  • 洗顔後の保湿力
  • 使いやすさ
  • 価格の安さ
  • などなど…

女性がクレンジングに求めることは、ざっと挙げただけでもこんなにあるんです。

特に女性がクレンジングで求めていることは「時短」と「美肌」

メイクをスッキリ落とせて、かつ保湿力や肌への優しさを兼ねているクレンジングを求めている人が多いと感じました。

メイク落ちの良さを重視すると肌に負担がかかる。一方で、肌への優しさを重視するとメイクが全然落ちない…。といったことは、クレンジング選びでよくある悩み。

そこで下地美人では、女性の理想を叶えるクレンジングの選び方を調査!
選び方のポイントと、おすすめの選び方・アイテムも合わせてタイプ別にご紹介していきます^^

クレンジングの選び方の前に種類と特徴をチェック

クレンジングを選ぶ際、まず着目してほしいのがクレンジングの種類。

メイク落としの際、「メイク汚れを落とすだけなら何でも良いんじゃない?」と思いがちですが、クレンジングの種類によって特徴は違います。

選ぶ種類によっては、肌に合わなかったり、メイクが落ちなかったりするので注意が必要。

クレンジングの種類と特徴については、こちらでひとつひとつ詳しくまとめているので、ぜひチェックしてみてください^^

美肌と時短を叶えるクレンジングの選び方

「時短」と「美肌」に着目したクレンジングの選び方のポイントは次の3つ。

  • 肌の摩擦が少ないタイプを選ぶ
  • 洗浄力が強すぎないものを選ぶ
  • ポンプやチューブなどワンプッシュで使えるものを選ぶ

肌の摩擦が少ないタイプを選ぶ

メイクの残りカスや毛穴汚れは、毛穴の炎症や毛穴の目立ちに繋がり、スキンケアを阻害するもの。

クレンジングを使用する時、メイクの落ちが良いものを選びたいと思うのは普通です。

しかしここで注意して欲しいのが、肌への摩擦

メイクを隅々まで落とそうとゴシゴシこすったり、肌への摩擦が大きいクレンジングを使うのはNG。

過度の摩擦は肌荒れやシミ、シワなど肌トラブルの原因になってしまいます。

メイクをしっかり落とせても、肌トラブルが起こってしまっては意味がありません。

そのため、クレンジングを選ぶ際は、できるだけ肌への摩擦が少ないタイプのクレンジングを選ぶのがポイントです。

特に肌への摩擦が少ないのは、ジェルタイプとクリームタイプのクレンジング。

伸びやすいテクスチャなので摩擦が少なくメイクが落とせるのが特徴です。

反対にオイルタイプやバームタイプのクレンジングは肌への摩擦が大きいので、肌状態が悪かったり、肌が弱い人は使用を控えるのがおすすめです。

洗浄力が強すぎないものを選ぶ

肌への摩擦がNGなら、「洗浄力が強いものを選べば良いのでは?」と思う人もいるかもしれません。

しかし洗浄力が強すぎるのもまた、肌にとっては大きな負担です。

メイクの落ちが良いぶん肌荒れしやすく、ヒリヒリしたり肌が乾燥する場合があります。

クレンジングは洗浄力を強めにした商品が多いので、選ぶ時には意識的に洗浄成分が弱めのタイプを選ぶのがポイントです。

ミルクタイプクリームタイプは洗浄力が弱めなのでおすすめタイプ。

ただし濃いめのメイクが落ちにくいのでナチュラルメイク向けです。

目元やリップなどの濃いメイクは、ポイントメイク用のクレンジングを使用するなど使い分けすると良いですね。

ポンプやチューブなどワンプッシュで使えるものを選ぶ

クレンジングはほぼ毎日使用するものなので、使いやすさも選ぶポイントの一つです。

その中でもポンプタイプやチューブタイプはサッと中身を出せるので時短に繋がります。

また、持ち運びできるタイプを選ぶのもおすすめ。

特に旅行や出張などが多い人は、詰め替えが不要になるので小さめのタイプを選びましょう。

クレンジングの選び方で迷いがちなポイントを解説

クレンジングを選ぶ際、メイク落ちや肌への優しさはもちろん考慮する必要がありますが、それ以外にも悩む部分は多いはず。

「自分の肌悩みにはどういうクレンジングが合っている?」
「こういうクレンジングって選んで良いの?」

「そもそもクレンジングの選ぶ基準がわからない…」

こんな疑問に答えてみました!
より自分に合ったクレンジング選びのために、ぜひ参考にしてみてください^^

ニキビ肌に合ったクレンジングの選び方は?

ニキビ肌の人は、肌に余計な負担をかけないクレンジングを選ぶのが重要です。

例えば薄めのメイクなのに洗浄力が高いものを使う必要はありませんよね。

アイメイクだけ濃いならポイントメイク用のクレンジングと使い分けると良いです。

メイクの薄い部分
ミルクタイプ・クリームタイプ


メイクの濃い部分
ポイントメイク用・リキッドタイプ・ジェルタイプ・オイルタイプ・バームタイプ

メイクの濃さに合わせてクレンジングを選びましょう。

そしてもう一つ忘れてはいけないのが、肌への刺激。

ニキビは雑菌や皮脂によって炎症を起こしている状態です。

そこへ摩擦や刺激が加わると余計に悪化してしまいます。

低刺激で敏感肌用のクレンジングを選び、ゴシゴシこすらず優しく撫でるようにしてメイクをオフするのもポイントです。

敏感肌に合ったクレンジングの選び方は?

敏感肌の人は、肌への刺激ができるだけ少ないクレンジングを選ぶのがポイント。

洗浄力が低めのミルクタイプやクリームタイプを選び、マスカラなどが落ちにくい場合はその部分だけポイントメイク用のクレンジングを使用しましょう。

またオイルフリーで無添加のものや合成界面活性剤不使用のものなど、肌へ刺激となる物質が配合されていないかもチェックします。

「敏感肌用」と書かれていれば安心なので、それを基準に選んでも良いですね。

メイクを落とす時の注意点としては、ニキビの時と同じように優しくメイクオフすること。

余計な摩擦を与えると乾燥や赤みなどの肌トラブルに繋がるので、優しく短時間でメイクオフするようにしましょう。

乾燥肌に合ったクレンジングの選び方は?

肌の乾燥は刺激によって悪化してしまうので、できるだけ低刺激のクレンジングを使用するのがおすすめです。

クリームタイプとミルクタイプは肌への刺激が少ないので乾燥肌に合っています。

ただし洗浄力が低いからと言って、手で強くこするのはNG。

撫でるようにメイクオフするのを忘れないで下さいね。

クレンジングと洗顔で乾燥が悪化してしまうという人は、ダブル洗顔不要のクレンジングを選んでみるのもおすすめです。

また界面活性剤も肌を乾燥させる原因の一つ。

合成界面活性剤が使用されていないクレンジングを選ぶのも重要なポイントです。

人気ブランドのクレンジングは選んでも良い?

クレンジングには色々な種類がありますが、人気ブランドの商品なら下調べなしで選んでも良いのでしょうか?

答えはもちろんNG。

クレンジングは肌質によって合う合わないがあるので、いくら口コミで人気のブランドでも自分には合わない場合もあります。

まずはどの肌質に合うクレンジングなのかを事前にチェックし、自分の肌質と合っているかを確かめましょう。

そのあと口コミの内容をチェックして、使い心地や洗浄力が自分の希望に沿っているかを調べてから購入すると失敗を防げます。

クレンジング選びでは肌への優しさとメイクの落ちやすさどちらを優先すべき?

クレンジングを選ぶ時は、肌への優しさとメイクの落ちやすさのどちらを優先すべきか迷いますよね。

しかし自分の肌を守るにはどちらも重要。

メイク落ちが悪くてメイクオフに時間がかかってしまうと、そのぶん肌への負担も大きくなってしまいます。

ただし洗浄力が高いと肌質によっては、肌が乾燥したり肌荒れしたりするので注意しましょう。

一度使ってみて、「乾燥するかも?」と感じたら、洗浄力が低いタイプに切り替えてみるのもおすすめです。

メイクも落とせて本当に肌に良いクレンジングはクレンジングジェル

下地美人がおすすめするクレンジングは、ジェルタイプ

メイクがしっかり落ちるだけでなく、肌への負担も軽くて済みます。

メイク初心者でも使いやすいタイプなので、迷った時はまずジェルタイプのクレンジングから試してみましょう。

クレンジングの選び方に迷ったときにおすすめのクレンジング

メディプラスクレンジングゲル

メディプラスクレンジングゲル

  • 値段3,888円
  • 容量160g

メディプラスクレンジングゲルはダブル洗顔不要で、肌への摩擦や刺激が低いクレンジングです。

口コミでも「ツッパリ感がない」「敏感肌でも使える」と好評。

乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使用できます。

濃いめのメイクでも落ちるので、ポイントメイク用のクレンジングを使用しなくてもOKです。

マツエクでも使えるのがクレンジングジェルのポイント。

メディプラスクレンジングゲルもマツエクOKなので、マツエクでも使えて毛穴ケアや肌負担できる商品を探していたという人は、ぜひチェックしてみてほしいです^^