下地美人TOP > クレンジング > おすすめのクレンジングオイルはどれ?肌荒れしないものを選ぶには?

おすすめのクレンジングオイルはどれ?肌荒れしないものを選ぶには?

2019.09.09

クレンジングの中でも洗浄力が高く、手軽にメイクを落とせることで人気が高いクレンジングオイル。

メイクを落とすだけでなく、毛穴に詰まった汚れや角栓をオフすることもできるクレンジングが多く、毛穴悩みのある人の救世主としても注目され続けていますよね。

そんなクレンジングオイルですが、手軽にメイクが落とせる一方、洗浄力が高いことで肌負担が大きい、というコメントや口コミも多く見かけます。

クレンジングオイルを上手に使いこなすにはどういうクレンジングを選べばいいのか?
おすすめのクレンジングオイルは何か?

下地美人がクレンジングオイルについて知りたい人のために分かりやすくまとめてみました!
ぜひ参考にしてみてくださいね◎

クレンジングオイルの特徴と選ぶときのポイントは?

クレンジングオイルはその名の通りオイル状のクレンジングで、様々な種類があるクレンジングの中でもトップレベルで洗浄力が高く、濃い色のカラーメイクや重ねたベースメイクもするりと落としてくれます。

クレンジングオイルのメリット

  • 洗浄力が高いので、強くこすらなくてもメイクを落とせる
  • 濡れた手でも使えるクレンジングが多い
  • 毛穴の汚れや角栓も落とすことができる

クレンジングオイルのデメリット

  • 洗浄力が高いので、必要な油分も落としてしまい乾燥を引き起こすものもある

クレンジングオイルのメリットとデメリットを簡単にまとめると、このような内容になります。

洗浄力が高く肌を必要以上にこすらなくてもさっとメイクが落ちるため、毛穴の詰まりや乾燥の原因となる肌のこすり過ぎを防ぐことができるのが嬉しいポイント。

また、クレンジングオイルで毛穴のザラつきが気になる部分を優しくくるくるとなでていると、角栓が浮き上がって毛穴をスッキリお掃除することも◎

クレンジングオイルは肌に悪そう…というイメージがありますが、実はそんなことはないんです。

ただ、肌を洗いすぎると必要な油分が奪われてしまい、お肌が乾燥して突っ張ってしまうように感じる人もいます。

その場合はクレンジングにかける時間をなるべく短くしたり、クレンジング後のスキンケアで保湿ケアをしっかり行いましょう。

極度の乾燥肌さんはサンプルなどで肌に負担がないかを確認してから使ったほうが良いかもしれませんが、スキンケアをしっかり行い、乾燥が起こりにくいクレンジングオイルを使えば乾燥肌さんでも負担なく使用できます。

クレンジングオイルはたっぷり使える価格帯のものを選ぼう

クレンジングオイルはプチプラからデパコスまで様々な価格帯の商品が販売されています。

シュウウエムラのクレンジングオイルなど、高価格帯ながらその使用感の良さから話題になり続けているクレンジングもありますよね。

高いクレンジングを試してみたい!という気持ちももちろん分かりますが、クレンジングで大事なのは「もったいないと思わずたっぷり使える価格帯のアイテム」であること!

クレンジングを使うとき、もったいなく思って少なめに使ってしまうと十分にメイクを落としきれない可能性もあります。

メイクが肌に残ってしまうと、毛穴の詰まりやニキビなどの肌トラブルに繋がってしまうことも…。

しっかり汚れを落としきるために、たっぷり使ってもいい!と思える価格帯のクレンジングを選びましょう。

3種類のクレンジングオイルで1番おすすめなのは?

ひとくちにクレンジングオイルと言っても、実はその中で3種類のクレンジングオイルがあることはご存知ですか?

クレンジングオイルを使ってみたいけど、肌トラブルを起こしたくない…!という人は、自分の肌質やメイクに合うクレンジングオイルの種類を覚えて選ぶのが◎

クレンジングオイルを種類ごとに簡単にまとめてみました。

鉱物油系オイル

オイルクレンジングの中でも特に洗浄力が高いのが鉱物油系オイルです。
一般的にはミネラルオイルと呼ばれることも多いですね。

鉱物油と聞くと肌に悪そうなイメージがありますが、実は肌への刺激が高いわけではないんです。

ミネラル系オイルは洗浄力が高いため乾燥を引き起こしやすく、そのせいで肌に悪い、というイメージがついてしまいがち。

乾燥肌の人や一部の敏感肌の人は避けたほうが良いですが、逆に皮脂を取り除きたい脂性肌の人や、普段からウォータープルーフのコスメを使うことが多い人にはおすすめのクレンジングオイルです。

また、薬局などで1,000円以下でかなり手頃に購入できるので、経済的負担もなくたっぷり使えることも魅力です。

エステル系オイル

エステル系オイルは肌なじみがよく、鉱物油系オイルに次いで高い洗浄力があるクレンジングです。

ダブル洗顔不要のクレンジングが多いので、クレンジングを洗顔を一緒に済ませたい人、鉱物油系オイルは避けたい人などにおすすめ。

酸化しにくいので毛穴の詰まりや黒ずみなども対策しやすく、価格帯も含め使い勝手が良いところがポイント!

こちらもクレンジング後はスキンケアでしっかりと保湿ケアを行いましょう。

油脂系オイル

クレンジングオイルは肌に良くない、というイメージを一気に覆してくれるのが油脂系オイル!

人気のシュウウエムラのクレンジングも、この油脂系オイルクレンジングです。

オリーブオイルや馬油など自然由来の動植物性油のことで、人間の皮脂に近いと言われています。

スキンケア時に使用するオイルなども、この油脂系オイルです。
スキンケアに使えるほどのオイルなので、肌負担も少なく済みます。

油脂系オイルクレンジングは人間の皮脂に近いためクレンジングをしても必要な皮脂を落としすぎることなく、保湿成分として機能してくれることも。

乾燥肌や敏感肌の人も非常に使いやすいクレンジングオイルです。

今知っておくべきおすすめのクレンジングオイルはこれ!

ファンケル マイルドクレンジングオイル

  • 価格(税抜)120mlサイズ:1,700円
    60mlサイズ:500円
    ※公式サイト通販限定価格
  • 内容量120ml(約60回分)
    60ml(約30回分)

下地美人のおすすめクレンジングはファンケルのマイルドクレンジングオイル!

エステル系オイルなので洗浄力が高く、毎日のクレンジング時に角栓を浮かせてオフすることができます!

実は下地美人スタッフも乾燥がひどく、マイクレを使うのが少し不安だったのですが…。
プチプラのスキンケアアイテムと併用しても特に乾燥や毛穴の詰まりの悪化は起きませんでした!

がっつりメイクもしっかり落としたい人、ついでに毛穴の詰まりや黒ずみもケアしたい人にはおすすめのクレンジングです。

約2ヶ月分が2,000円以下で購入できるので安心のプチプラ価格でこのクオリティは正直すごい!と思えるルベル。

まずは使用感を試してみたい!という人のためにハーフサイズがあります。
薬局など店頭でも購入可能ですが、ハーフサイズは公式サイトの通販で購入するのが断然お得!

送料無料500円で約1ヶ月分のお試しができちゃいます◎

マイクレのハーフサイズは旅行など持ち運びにも向いているサイズなので、1本持っておくとかなり便利ですよ!

アテニア スキンクリアクレンズオイル

  • 価格(税抜)1,700円
  • 内容量175ml

アテニアは多くの美容系SNSアカウントなどでもおすすめされている知る人ぞ知る大人気のクレンジングオイルです。

価格帯が安いのに加え、クレンジングで肌のくすみを取り、肌を明るくしてくれるという魅力的なアイテム!

どんなスキンケアを使っても、メイクで隠そうとしても、どうしてもくすみが気になる人にかなりおすすめです。

ローズオイルやイモーテルオイルなど、植物油が含まれているので比較的肌なじみもよく、使用後も突っ張った感じがしません。

エイジングケアアイテムとしてももちろん、20代の人でも十分使えるアイテムなので、長期的に使い続けることができるところが嬉しいですね。

お気に入りを見つけて使い続けたい!という人にぜひ使ってほしいクレンジングです。

公式通販で購入すると、今ならSNSアカウントでの情報シェアを条件に300円OFFで購入できるキャンペーンも開催中!
お得なうちにチェックしてくださいね◎

dプログラム ディープクレンジングオイル

  • 価格(税抜)2,500円
  • 内容量120ml

敏感肌でも使えるdプロのクレンジングオイル。

1番多く含まれているオイルが植物性の油脂系オイルなので、普段からdプロを使っている、気になっている敏感肌の人はもちろん乾燥肌の人にもかなりおすすめのクレンジングオイルです。

クレンジングオイルを使ってみたいけど、自分の肌に合うか不安、なんて人は、低刺激のdプロクレンジングオイルから使ってみると良いかも◎

ダブル洗顔不要なので、必要以上に肌を擦ったり洗った英する必要がなく、とにかく肌に負担をかけずに使用できるのが下地美人スタッフのおすすめポイント。

さっぱりした洗い上がりですが保湿力があるのでツッパリも感じません。

ただ、ファンケルやアテニアと比較すると洗浄力は少し劣ってしまう印象があるので、ナチュラルメイクの人のほうが使い勝手が良いと思います。

デパコスでおすすめのクレンジングアイテムは?

シュウウエムラ
アルティム∞スブリムビューティクレンジングオイル

  • 価格(税抜)150ml:4,600円
    450ml:11,500円
  • 内容量150ml、450ml

デパコスのクレンジングオイルと言えば、やはりシュウウエムラ。

下地美人スタッフも、これならその価格でいいのかも…と思ってしまうほど納得の使用感です。

テクスチャはなめらかなオイルで肌に滑りやすく、少し撫でるだけでもすぐに落ちます。

オイル感が強く感じたので本当にダブル洗顔無しでいいの?と思ってしまいますが、むしろ洗顔しないほうが肌が保湿されてもちもちに。

こちらも油脂系オイルが1番多く含まれているクレンジングなので、どんな人でも使いやすいクレンジングオイルです。

ただ、いくら良いクレンジングとは言え価格が高いから…ともったいなく思って使用量を少なくしてしまっては肌に負担がかかる可能性があるので、自分のお財布と相談して購入するのが良いと思います◎

point

薬局などで買える安いプチプラのクレンジングオイルは使ってもいいの?

薬局などで購入できる市販のクレンジングでも、もちろん使い勝手が良いクレンジングもあります。

ただ、価格を安く販売するために1番洗浄力が高いミネラルオイル系を主成分に作っていることが多いです。

まだ皮脂分泌が活発な10代~20代前半の方であればあまり負担を感じず使えるかもしれませんが、乾燥肌さんや皮脂分泌が少なくなり始める30代付近の方は避けたほうが良いかもしれません。

特に35歳を超えると、急激に皮脂分泌量が減り、乾燥が起こりやすくなります。

市販のクレンジングを購入する場合でも、1番多く含まれているオイルがエステル系か、油脂系オイルであることを確認して購入するのがおすすめです。

おすすめのクレンジングオイルから自分にあったものを選ぼう!

メイクが落ちやすければいいか…と存外適当に選びがちなクレンジングですが、お肌のコンディションやアンチエイジングにはかなり重要なアイテムです!

クレンジングオイルは特に、メイク落としとして優秀なクレンジング力を誇るアイテムなので、正しい使い方をマスターして上手に付き合っていきたいですね。

自分の肌にはどんなクレンジングオイルがいいのか?
どうやってクレンジングオイルを選べばいいのか?
少し意識しながら購入するだけで、理想の肌に近づく1歩になります。

下地美人おすすめのクレンジングオイルを参考に、クレンジングオイルを使いこなしましょう◎

こんな記事も読まれています