下地美人TOP > CCクリーム > SANA カラーキーCCクリームの失敗しない使い方が知りたい

SANA カラーキーCCクリームの失敗しない使い方が知りたい

2018.10.05

毛穴パテ職人が有名なメーカーから発売されているSANA カラーキーCCクリーム。

毛穴パテ職人はしっかりカバータイプなのに対し、こちらはナチュラルメイクが好みの方に人気があります。そんな話題のSANA カラーキーCCクリームの詳しい使い方を調査しました。是非参考にしてみてくださいね!

SANA カラーキーCCクリーム
使い方を詳しく解説!

まずは、SANA カラーキーCCクリームを使う上でどのくらいが適量か見てみましょう。

下地美人さん(@shitajibijin)がシェアした投稿

 

公式HPでは「真珠1粒大」と書かれていましたが、下地美人スタッフが調査したところ、白くなりすぎてしまいました。

テカりや塗りすぎ感が気になるので、20代は「小豆1粒大」30代は「小豆1粒大+コンシーラー」がおすすめ!透明感がでるので、下地としての使用もおすすめです。

SANA カラーキーCCクリームの使い方!

使い方、塗り方のコツ
  1. 下地としての使用がおすすめ!
  2. 白くなりすぎないために少量を五点置きしてからスポンジを使用!
  3. 濃いシミやニキビ跡はコンシーラーでカバー!
  4. 透明感がアップするのでハイライトゾーンの仕込みにも!

ピンクラベンダー色で毛穴や色ムラを飛ばしてくれる設計。
白くなりすぎないように薄づきにするのとナチュラルな印象に。

カラーキーCCクリームの残念ポイントはココ!
  1. カバー力がないのでコンシーラーが必要。
  2. 大き目のパッケージなので持ち運びが面倒。
  3. 黄色みの肌は白浮きするとの口コミも。

SPFも高く夏でも使用できるCCですが、自分の肌色と合うかが問題です。色白さん向きの商品といえそうです。

SANA カラーキーCCクリームの使い方Q&A

SANA カラーキーCCクリームを実際に使ってみて、下地美人スタッフから出た質問をQ&Aにしました!

Q、SANA カラーキーCCクリームはパウダーはなくても良い?

これ一本だとかなりすっぴんに近い仕上がりに。
20代でもパウダーを重ねるのがおすすめ!

伸びが良い分ヨレやすいので、スポンジで塗ってパウダーを重ねるのが良いでしょう。

Q、カラーキーを塗る前はしっかり保湿が必要?

保湿効果が高いので普段通りのスキンケアでOK!だけど肌のコンディションに合わせて調整を。

冬でも乾燥しないという口コミを多く見かけました。特別に保湿をしなくても一日中潤いが続きます。
ただ、お肌は常に一定の状態では無いので、普段の保湿はちょっとしっかりめがおすすめ!

SANA カラーキーCCクリームの
基本情報

SANA カラーキーCCクリーム

  • 価格1620円
  • 容量30g
  • SPFSPF50+ PA++++
  • カラー展開 ラベンダーピンクカラー
  • 販売場所 Amazon、楽天、公式通販サイト

SANA カラーキーCCクリームの口コミ

パープル系の下地を探していました。色補正はありませんが、透明感がでます。(30代)
少しツヤ感がでます。乾燥もしません。(20代)

SANA カラーキーCCクリームの成分は?

SANA カラーキーCCクリームの全成分を紹介します!

SANA カラーキーCCクリームの全成分

保湿成分配合(ラベンダー花エキス、サクラエキス、エーデルワイスエキス、ソウハクヒエキス、プルーン分解物、ニームリーフエキス、アーチチョーク葉エキス)

ビタミンC誘導体配合でお肌のキメを整えてくれます。

赤と青のパール剤で色ムラやシミを補正します。

青みのある色白さん、透明感が欲しい方におすすめ!

カバー力はほとんどないので、
下地としての使用がおすすめです。

黄色みの肌の方は白浮きするという口コミを多くみかけました。色つきのパウダーで色味を調整が必要です。

紫外線対策として日焼け止めの代わりにの使用しても良いでしょう。

SANA カラーキーCCクリームは
下地としての使用がおすすめ!

白くなりすぎないようにスポンジを使用して!

ツヤ肌、透明感を求める方におすすめの商品。顔色が悪い日に塗ると青白くなってしまうので注意しましょう。

5点置きしてスポンジで塗り広げて、そのときの顔色に合わせて量を調節するのが良さそうです。