下地美人TOP > CCクリーム > 1本でベースメイク完成!ピディット CCクリームの使い方を検証!

1本でベースメイク完成!ピディット CCクリームの使い方を検証!

2018.10.22

CCクリームというとカバー力がない印象がありますが、ピディット クリアスムース CCクリームは1本でベースメイクが完成するほどのカバー力です。

カバー力がある半面、厚塗りにならないように使いたいですね。

気になるところをしっかりカバーしつつきれいな仕上がりになる使いかたを下地美人のスタッフが実際に検証してみました。

ピディット クリアスムース CCクリームの使い方を詳しく検証!

ピディット クリアスムース CCクリームは、公式では真珠大(1cm)と推奨されています。

しかし真珠大だと多すぎて、厚塗り感がでてしまいます。

テクスチャが固く指だとクリームが伸ばしにくいので、オールインワンゲルを混ぜるとのびやすくなります。

 

20代だと米粒大(5mm)、30代だと小豆大(7mm)がおすすめです。

かなりしっとりめの使い心地。乾燥肌の方にぴったりのCCです。

しかし、オールインワンゲルと混ぜるとカバー力は若干落ちます。濃いシミを隠したい場合は重ね付けをしましょう。

重ね付けをする時、CCクリームが多すぎると厚塗りに見えてしまうので注意。

少量のクリームをパフにつけて少しずつ伸ばすと自然にカバーできます。

出しすぎてしまったと思ったら、量を調整してください。余ったCCクリームは、もったいなくても使わないほうがきれいに仕上がります。

ピディット クリアスムース CCクリーム

使い方、塗り方のコツ
  1. オールインワンゲルなどをまぜて顔全体に広く伸ばす
  2. 濃いシミやクマなどカバーしたい場所に少量のクリームをパフにつけて少しずつ伸ばす
  3. 出しすぎても、全てのCCクリームを重ね付けに使わない

こういう使い方には不向き!
  1. 乾燥肌だと化粧崩れが早い
  2. マットな仕上がりになるのでツヤ顔メイクにはならない
  3. 色が濃いので色白さんが使う際は注意

ピディット クリアスムース CCクリームの使用感

ピディット クリアスムース CCクリームは、カバー力がありますが量や塗り方に注意しなくては圧塗り感がでてしまいます。

マットな仕上がりなので、ツヤ感が欲しい場合はパール感のあるパウダーを使いましょう。

保湿成分が高いとの評価が多くありましたが、肌が乾燥しているときは塗った後にひりつく感じがすることがありました。

使用の際には、肌をしっかり保湿してからの使用をおすすめします。

塗った後ベタつかずサラッとした肌ざわりになるので、オイリー肌の方にはおすすめです。

また、塗り広げた瞬間独特の香りがします。色も濃いので、肌色によっては色が合わないことがあります。テスターなどで事前に色と香りを試しておきましょう。

ピディット クリアスムース CCクリームは、オイリー肌のしっかりメイク向け!

マットな仕上がりでしっかりしたメイクがつくれる!ベタつかないのでオイリー肌におすすめ!

ピディット クリアスムース CCクリームはCCクリームの中ではカバー力があります。

量や使い方に気を付ければ、気になるシミやクマを隠して1本でマットな仕上がりのきちんとしたベースメイクを作ることができます。

塗ったあとの肌触りがベタつかないので、オイリー肌の方におすすめです。慣れれば時短メイクにも重宝します。

CCクリームらしく軽いつけ心地ながら、きちんとしたメイクにも使えるアイテムです。