下地美人TOP > BBクリーム > 敏感肌でもBBクリームで妥協しない!

敏感肌でもBBクリームで妥協しない!

2018.09.10

BBクリームで、敏感肌用の商品もたくさん出ています。一般的にはノンケミカルのミネラルBBなどがよく知られていますね。

敏感肌用は肌に優しい反面、カバー力が弱い、汗に弱い、カラーバリエーションが少ないという傾向があります。

でも、ちゃんとカバー力は欲しいし、汗や皮脂にも負けたくない!というニーズもあります。

もちろん、落ちやすくてとにかく優しいものを探したいという方もいますよね。

タイプ別のおすすめ商品はもちろん、敏感肌の方向けの上手なBBクリームの塗り方もご紹介してきます。

敏感肌におすすめブランドのBBクリーム

まずは、敏感肌にも使いやすいBBクリームを紹介します。

  • 崩れにくさ
  • 落としやすさ
  • ノンケミカル

今回は知恵袋などでも質問の多かった、敏感肌でも妥協できない3つのポイントに絞っておすすめブランドのBBクリームを調べてみました!

崩れにくい敏感肌におすすめブランドのBBクリーム

カバー力ありで化粧崩れしにくい!
資生堂の敏感肌定番ブランド、dプログラムのアレルケアエッセンスBB

  • カバー力あり
  • 最長10時間化粧持ち
  • 色白さんOK!
  • 2色展開

SPF40、PA+++、40ml入りと1本で4ヶ月使用できるdプログラムのBBクリーム。敏感肌用の中ではオールシーズン使いやすいですね。

ウォータープルーフではありませんが、10時間化粧持ちするというデータがあります。できるだけ化粧崩れを避けたい人には使いやすいでしょう。

手についたdプログラムのBBクリームを石鹸で洗っても取れない時がある、との下地美人スタッフの感想あり!この点からも崩れにくいと言えるかもしれません。

dプログラムは敏感肌用の化粧品ブランドです。肌への優しさにこだわって作られています。外部刺激である花粉やちり、ほこりなどから肌を守ります。


肌の水分を保ちたい人へ
ミネラルコスメブランド、ヤーマンの
オンリーミネラル アクアリフトBBクリーム

  • 水分量保持力あり
  • ミネラルBB
  • ウォータープルーフ
  • 2色展開

崩れにくく使いやすい機能的なBBクリームです。

一部夏に崩れてしまったという声もありましたがウォータープルーフですし、肌に優しいBBの中では汗に強く崩れにくいと思います。 SPF25、PA++で、カバー力あり。薄いシミは隠れます。

ニキビができなくて使いやすいとの口コミがちらほら見られました。敏感肌の人が使っても、肌荒れしにくいと評判です。

肌の水分量をキープしやすい処方。紫外線吸収剤や石油系界面活性剤、エタノールなどを含みません。 潤いが欲しい乾燥性敏感肌さんの普段使い用にピッタリです。

オンリーミネラルのBBクリームは、使いやすいポンプ型!朝1プッシュでベースメイクが出来上がるから、時短アイテムとしても◎です。


レジャーにおすすめ!汗に強いBBクリーム
ファシオ BBクリーム ウォータープルーフ

  • ウォータープルーフ
  • 紫外線予防重視
  • 3色展開

SPF50+、PA++++のBBクリームです。海用のBBを探している人におすすめ。敏感肌さんからの評価も高めです。

UVケアもできますし、ウォータープルーフなので水には強いです。海用に購入し、多少濡れたものの夕方まで崩れなかったという口コミがありました。 しかし肌質によっては昼前に崩れてしまったという声も。 皮脂が出ると多少崩れやすいのかもしれません。

口コミ評価は悪くないものの、特別良い訳ではないので、普段使いというよりは海やプールへ行く用のアイテムとして活用するのがおすすめです。

ファシオは崩れないメイクアイテムを展開するブランド。レジャーの時など上手に利用すると良いですよ!

洗顔で落ちる、敏感肌に使いやすい肌負担少なめのBBクリーム

紫外線から肌を守りたいならラロッシュポゼ
UVイデアXLプロテクションBB

  • 紫外線予防重視
  • 石鹸で落ちる
  • 2色展開

SPF50+ PA++++と紫外線対策したい人におすすめのラロッシュポゼBBクリーム。 ラロッシュポゼはもともと敏感肌におすすめのブランドなので、安心して使用できます。

シミ、シワ、たるみなどの原因を作るとされる紫外線、ロングUVAをブロックしてくれます。 また、PM2.5や花粉からも肌を守る効果が期待できるBBクリームです。

薄いシミは隠れますから、カバー力もそこそこ。それなのに洗顔料で落とせます!

ただし水には強くないため、汗で化粧が落ちやすい夏場のメイクとしては△。 するっと落ちてしまうため、汚い崩れ方はしませんが、崩したくない人は選ばない方がいいかもしれません。


パソコンやスマホを使う人へおすすめ!
天然由来原料にこだわった ナチュラグラッセ メイクアップクリームN

  • ブルーライトカット
  • 石鹸で落ちる
  • ツヤ重視
  • 2色展開

ナチュラル系コスメが好きな敏感肌の人へおすすめなのが、ナチュラグラッセ!SPF44、PA+++です。

色はツヤ感を出せるシャンパンベージュと、色白さんにも使いやすいナチュラルベージュの2色。ナチュラルベージュは色白さんでも違和感のない仕上がりになるので使いやすいとの口コミがありました。

ナチュラルメイクが好きな人におすすめ。カバー力はあまりありません。 化粧下地として使うのもありだと思います。

肌の老化やくすみを引き起こすと問題視されているブルーライトをカットしてくれるので、パソコン作業などが多い人オフィスワークの敏感肌さん向き。

石鹸で落ちる仕様のため、汗で崩れますのでその点は要注意です!

ノンケミカルのBBクリーム!敏感肌だからこそナチュラルな成分にこだわりたい人におすすめ

小さな子供のいるママに人気、ナチュラル成分配合のママバターBBクリーム

  • オーガニック成分配合
  • 紫外線予防重視
  • 2色展開

子供に触れる可能性があるから、できるだけ優しいベースメイクを選びたい。そんな敏感肌ママに人気なのがママバターBBクリーム。 開封後の期限は6ヶ月です。

紫外線吸収剤不使用なのにSPFは50、PA+++!シアバター配合なのでしっとりとした使用感です。 少し固めのテクスチャなものの、肌の上でなじませるとそこまでの伸びにくさもなく使えます。

BBクリームですがナチュラルめな仕上がりが特徴。価格も手ごろで購入しやすいのが魅力。

シアバターが多めに入っているからか、時間とともにテカリを気にする人が多かったです。 長時間メイクというよりは、短時間のちょっとしたおでかけにおすすめです。


カバー力高めのノンケミカルBB、セパルフェBBクリーム

  • カバー力高め
  • 紫外線予防重視
  • 肌タイプに合わせた4種類を展開

セパルフェはノンケミカルで肌を疲れさせないBBクリームです。 SPF50、PA+++なので紫外線をしっかり防ぎたい人にも使えます。

ノンケミカルの割に、薄いシミなどは目立たなくなる程度のカバー力があるので、肌をきれいに見せたい人にもおすすめ。

また、色の展開ではなく、肌タイプに合わせた4種類(トーンアップ、エイジングケア、毛穴カバー、最強UVブロック)のBBクリームを展開しています。

敏感肌でも、自分の肌タイプに合わせて購入できるのが嬉しいですね!

BBクリームを販売している、敏感肌用として有名な化粧品ブランド紹介

上で紹介したBBクリームの他にも、有名な敏感肌用化粧品ブランドのBBクリームがあるのでさらっと紹介しておきますね。

  • キュレル BBクリーム
  • アベンヌ デイプロテクターBB
  • ファンケル ビューティブーケつや美肌持続 BBクリーム
  • ディセンシア アヤナス AS BBクリーム

ほとんど薬局や店頭で手に入るブランドですが、ディセンシアは通信販売限定となります。

敏感肌用のBBクリームの特徴

敏感肌用のBBクリームのよく表示されている特徴には以下のようなものがあります。

  • 紫外線吸収剤フリー
  • パラベンフリー
  • 防腐剤フリー
  • アルコールフリー
  • 鉱物油フリー
  • 石油系界面活性剤フリー
  • 無着色
  • 無香料
  • ノンケミカル
  • ミネラル成分配合
  • 美容液成分配合

敏感肌用のBBクリームは「〇〇フリー」という肌に負担を与えやすい成分を含まない処方が多い傾向があります。

保湿成分や美容成分に関しても、どれだけ肌に負担が少ない成分を配合しているかがポイント。 また余分な成分を省いたほうが肌に優しく仕上ります。

敏感肌でどんなものが肌に合うか分からず心配なら、敏感肌で有名なブランドから探すと比較的安心です。

敏感肌用BBクリームを販売しているブランドについては上で紹介していますので、参考にしてくださいね!

敏感肌用のBBクリームの使い方のコツ

敏感肌用のBBクリームに対する質問で最も多かったのが、崩れないための使い方でした。

次いでカバー力が欲しいとの声が多かったので、今回はこの2点のコツを重点的に紹介しますね!

できるだけ崩さない、敏感肌用のBBクリームの使い方

敏感肌用のBBクリームは、皮脂や水分に弱いものも多く、どうしたら化粧崩れしないのか、という質問が多いのもうなずけます。

敏感肌で化粧崩れしないためには、3つのポイントがあります。

保湿をしっかり、肌のコンディションを整える

オールシーズン言えることですが、敏感肌はふとした刺激により肌調子が崩れてしまうもの。肌荒れや肌の水分バランス、オイルバランスが悪いことで、化粧崩れしやすくなってしまいます。

難しいことですが肌の調子を崩さないというのも化粧崩れを防ぐための1つの方法です。
自分にあったスキンケアを行うことで、BBクリームによる化粧崩れを防ぐことができます。
BBクリームを塗る前、顔がひたひたになる位の化粧水+クリームを使ったしっかり保湿は敏感肌さんにとてもおすすめです。

化粧崩れしやすい場所には厚塗りしない

敏感肌用BBクリームのカバー力が低いからといって、ベースメイクを塗り重ねすぎるのは✖!
時間がたち皮脂が出て来た時に、厚塗りした部分は化粧崩れが目立ってしまいます。

だから毛穴やしわの溝ができてしまっている部分はできるだけ薄めに仕上げるのがベスト!
化粧が落ちてきたら、お直しすることできれいに保ちましょう。

化粧直しが出来ない人は、化粧持ちの良い敏感肌用BBクリームがおすすめ!
その場合も厚塗りは厳禁です。

夏はパウダー必須

敏感肌用のBBクリームは、肌に優しい処方のため、落ちやすさを感じてしまうことも多いです。

1品でベースメイクが終わるBBクリームもありますが、皮脂を抑えたいならやっぱりパウダーは必須。
夏はパフにパウダーをとったら押さえるようにつけていくのがおすすめ。フェイスブラシでさっと塗るよりも、崩れにくく仕上がります。

冬は逆に、パウダーを使うことで皮がむけているのが目立つようなら、パウダーを控えても大丈夫です。

敏感肌用のBBクリームで上手にカバー力を出す使い方

使用するBBクリームによりますが、薄いシミが隠れる程度のカバー力があれば、重ね付けによりBBクリームのカバー力を増すことができます。

目の下から頬にかけての部分に重ね塗りすることで、肌をきれいに見せられます。

肌が敏感になり頬の皮がむけている時などは、逆にしっかり塗らないようにしましょう。しっかり保湿した後、BBクリームを薄く塗った方が皮がむけているのは目立ちにくいです。

敏感肌用BBクリームに関するQ&A

敏感肌の人がBBクリームを使う時に出る悩みをまとめました!

敏感肌用のBBクリームだけで、濃いめのクマやシミは隠れないでしょうか?コンシーラーを塗るとニキビが出るのですが、どうにか隠したいです。

BBクリームだけで濃いシミやクマを完全に隠すことは難しいかもしれません。

BBクリームにはある程度のカバー力はありますが、完全にクマを隠せる敏感肌用のBBクリームとなると難しいです。

敏感肌で肌に合うコンシーラーを探すのは難しいかもしれませんが、オンリーミネラルなどにはパウダータイプのコンシーラーもあります。スリーのスティックタイプのコンシーラーイエローは肌負担が少なめだった印象です。

もし試したことがないなら1度チェックして肌に合うものを探してみると良いかと思います。

目の周りが乾燥しています。もともと敏感肌なのですが、BBクリームを目の周りに塗ってもいいですか?

敏感肌で目の周りが乾燥するなら、BBクリームを塗るよりアイクリームなどで保湿するのがおすすめです。

BBクリームはメイクアイテムになりますので、敏感な目の周りに塗るにはおすすめしません。 ましてや敏感肌なのであれば、コンディションが崩れた目元にBBクリームを塗ることで肌荒れの可能性もあります。 まずは保湿し、肌のコンディションを戻しましょう。

目元のスッピンがどうしても気になるなら、軽くパウダーを付ける程度に。乾燥が酷い間はアイメイクもほどほどにしましょう。

もともと敏感で乾燥しやすい肌質です。日焼けが怖くて、BBクリームを塗る前にSPFの高い日焼け止めを顔に塗っています。最近肌がカサカサするのですが、BBクリームだけに戻しても大丈夫でしょうか?

BBクリームのSPFが30程度あるのなら、外出2~3時間程度の普段使いには十分。日焼け止めを塗らずBBクリームだけで仕上げましょう!

敏感肌だとSPFが高いことで肌にストレスを与える可能性があります。BBクリームだけで不安なら、肌負担の少ないパウダーを重ねるのがおすすめです。
長時間の外出時は塗り直しを行いましょう。