下地美人TOP > BBクリーム > BBクリームでも崩れない!選び方とコツ

BBクリームでも崩れない!選び方とコツ

2018.09.10

メイク崩れは、きれいでいたい女性の大敵!でも日常の中で、メイクのコンディションが悪くなる場面はたくさんあります。

  • 夏やスポーツシーンでの汗
  • 屋内でのエアコンによる乾燥
  • 午後になると出始めるテカリや皮脂崩れなど

こうしたシーンでも、メイク崩れを気にせず過ごすには自分にあったBBクリームを選び、正しく使うことが大切。

例えば、ミネラルコスメは肌に優しいけれどスポーツには向きません。一方、洗顔で簡単に落とせるBBクリームの中には汗や皮脂には弱い傾向があるように、選び方のポイントがあります。

メイク崩れのお悩み別におすすめのコスメを紹介していきます!

BBクリームで崩れないメイクはできるの?

BBクリームは1本で基本のメイクが済むメリットがある一方、メイクが落ちた時にすっぴん状態に戻ってしまうというデメリットもあるコスメです。

これはBBクリームが崩れやすいというよりは、ごく一般的なBBクリームの密着力だけでは汗や皮脂には負けてしまうから。

毛穴から出た汗はメイクの隙間から表面に出ます。これはメイクの上から水をかけるのと同じようなもの。

なので、崩れにくいと言われるBBクリームは、そもそもメイク自体が流れにくくなっています。

また、パウダー系のメイクを重ねれば、汗は出ても上手に弾いてくれます。

BBクリームで暑い時に出る汗でも崩れない

マキアージュ パーフェクトマルチベース BB

日常使いで崩れないBBなら、マキアージュ。10時間化粧持ちがデータで検証されているBBクリームで、ヨレ、薄れ、毛穴落ちに対応してくれます。
マキアージュというブランド力やパッケージの可愛さはもちろんですが、化粧ノリやUVカットも高評価の商品となっています。

20代には保湿力も十分。30代以降の乾燥肌の方で使用感が気になった場合は保湿クリームでしっかりとケアをしてあげると、つっぱり感も抑えられます。


FASIO BBクリーム ウォータープルーフ

ファシオは、ウォータープルーフが流行った時に出てきたブランドです。通常のメイク落としでは落とせないほど強力な崩れない商品は健在です。

カバー力がありながら、汗をかいた時にタオルで抑えても色が付かないという口コミも多かったです。

ただ保湿力は少ないので、お風呂でしっかりとメイクを落とした後、たっぷりの化粧水とパックや保湿クリームを使ってしっかりお肌を回復させましょう。

エアコンの乾燥でも崩れにくいBBクリーム

エアコンで崩れる原因は乾燥による皮脂の分泌にあります。

もともとBBクリームには水分が配合されています。これがエアコンにより室内が乾燥していると、肌表面の水分も一緒に奪ってしまいます。

結果、肌が潤いをキープしようとして皮脂を出し、その皮脂がBBクリームを崩れやすくしてしまうんです。

特に油はBBクリームとなじみやすい傾向があるので、汗より少ないとはいえ、皮脂はやはりメイク崩れを起こしやすくなります。

この場合は、BBクリーム自体が乾燥しにくいものを選ぶのがおすすめ。

皮脂崩れしにくいBBクリームもちろんですが、肌の乾燥を予防しないと堂々巡りになって、いつまでたってもメイクが崩れる肌のままになるからです。

皮脂が出るけれどつっぱり感を感じる場合は皮脂防止より、保湿効果が高いBBクリームを選びましょう。

そしてスキンケアには保湿はもちろん、ビタミンC配合の美容液を追加すると、不要な皮脂が自然と抑えられるようになります。

おすすめの商品を紹介していきます。

ランコム UVエクスペール BB

ベストコスメにもなんどもランクインしたランコムのBBクリーム。こっくりした使い心地で、デパコスらしく保湿力もしっかり持っています。カバー力も強い点も人気の理由です。

ナチュラルメイクをしたい時は単体でも十分綺麗な肌になります。


アテニアBBクリーム

伸ばし心地が気持ちよく、カバー力もしっかりのBBクリームです。

2000円とお手軽な値段ながらとっても優秀。BBクリーム自体のテカリが気になる時は、スキンケアのあとに一度軽くティッシュオフをして塗ると綺麗に見えます。

午後になると出るテカリ、皮脂による崩れは合わせ技で崩れない肌を作る

テカリは完全に回避するのが難しいのですが、ポイント使いで化粧下地を使ってあげるのがおすすめです。

最近はツヤ肌が流行りの傾向があるので、全顔のテカリを抑えなくても大丈夫。

特に抑えたいのは小鼻、鼻筋の上の部分、眉間とその周辺の額、顎です。

この部分を抑えると、油っぽい顔と、つやっぽいとの違いが出てきます。

化粧下地をあらかじめ使っておくとお直しの手間も減るので便利ですね。

赤みを予防するなら、やはり肌荒れしにくいBBクリームがおすすめです。

BBクリームはよく伸びるタイプがおすすめです。

セパルフェBBクリーム

セパルフェBBクリーム

ノンケミカルBBクリームとも呼ばれる商品。あまり有名なメーカーではないのですが、使ってみたら下地美人内で思わぬ高評価を得た一品です。

程よいカバー力で、するりと伸びて使いやすく、何より肌に良い処方となっています。塗り心地がとにかく軽いです。

そしてパッケージがかなり細いスリムチューブなので、ポーチに入れていつでもメイク直しに使えると口コミでも好評価を得ています。


dプログラム アレルバリアエッセンスBBクリーム

程よい保湿力とカバー力、そして肌荒れを起こしにくい処方のBBクリームになっています。

クリームといっても液体にかなり近いタイプなので、肌に負担をかけずに伸ばすことができるのもポイントが高いです。

赤みはそもそもメイクが肌に合っていない可能性もあります。年齢による肌悩みが増えてきたと感じる場合は、あまりプチプラを選ばず、配合している成分に安心感があるブランドを選ぶと良いでしょう。

BBクリームでどうしても崩れてしまったときのメイク直し方法

鏡に近寄ってみると、明らかにメイクが崩れてしまっていることがあります。

BBクリームの場合、特にムラになっていたり、上に重ねたファンデーションやフェイスパウダーがヨレていることも。

特に脂性肌(オイリー肌)の方に多い悩みですよね。

そういう時はやはりある程度メイクを落とす必要があります。

メイクを落とす時は、まず最初にティッシュオフをします。ただのティッシュでOK。トイレットペーパーでも大丈夫です。

顔全体の皮脂を抑えてから、明らかに崩れている箇所は専用のシートで抑えて表面のメイクを薄く撮ってしまいます。

完全に取れなくても、再度メイクを重ねた時にムラが見えなければ大丈夫です。

メイクを軽く落とした後は、顔が少し濡れた状態になっているので、少しだけ待ちます。急いでいる時はティッシュオフを。

改めてメイクを重ねる場合は、指やスポンジを滑らせないようにしてください。

BBクリームを載せる場合は、手の甲に軽く出してなじませるようにして伸ばした後に、トントンと叩くようにして載せていきます。ちょっと時間がかかりますが、こすってしまうと更なるヨレが生まれてしまうので、注意してくださいね。

BBクリームの崩れない使い方に関するQ&A

日焼け止めを塗った方が崩れにくい?

その時の直接的な予防にはなりませんが、日焼けのダメージが溜まった肌は当然崩れにくくなります。

また、BBクリームはだいたいUV効果がありますが、満遍なく濡れていないことも多いですし、日差しは思っているよりも強いので、重ね塗りはしておいて絶対損はありません。

保湿効果のある日焼け止めであれば、BBクリームと混ぜて塗ることもできます。

やっぱりファンデーションを重ねた方が崩れない?

一概にそうとは言い切れませんが、BB単体よりは崩れにくくなることはあります。

ただメイク直しをすることも考えるとフェイスパウダーくらいの方が扱いやすいです。
もしくは普段はフェイスパウダーで、夜にしっかりしたメイクが必要な日は直しの時にファンデーションを使うのもおすすめです。

BBクリームが崩れてしまった時にうまくお直しできない!

お直しの練習をしてみると◎

一つは1度練習をしてみることです。早く帰れた夜、メイクを落とす前に一度お直しをしてみると、それほど時間もかかりません。

シートでどのくらい落ちるのか、どうしたら自然に仕上がるのか、1日だけそうした練習の日を設けるのがおすすめです。

後は潔く落としてしまうと楽ですね!

眉とアイメイクを残し、ベースメイクを取ってしまいます。際メイクの時間は必要ですが、仕上がりの綺麗さは違います。

最近はお手洗いにもしっかりしたメイクスペースがついているので、こうした方法も検討してみてください。

最近SNSで流行っている崩れないメイクってどうなの?

毎日続けると肌の負担に…

化粧水のスプレーとパウダーを重ねるという方法がSNSで注目されていましたね。

多少肌質との相性はあるものの、汗による崩れには確かに効果はあります。

どうしてもこの日1日だけ!という時に使うのは良いのですが、毎日続けると、どんどん肌荒れしやすい状態になっていきます。

実際に試して肌がボロボロになり、通常のメイクができなくなったという方もスタッフの友人にいました。

肌の表面の水分を奪う方法ですし、続けることにより、どんどん肌が披露し、皮脂が出るか、一時的な敏感肌になってしまうのでしょう。

本当に崩れないメイクのために必要なのは美肌です…!流行っていたとしても、逆方向を行く方法には注意を。