下地美人TOP > BBクリーム > BBクリームは日焼け止め代わりに使える?併用で効果は上がるの?

BBクリームは日焼け止め代わりに使える?併用で効果は上がるの?

2018.09.04

今販売されているほとんどのBBクリームが、ベースメイクとしてだけでなく、日焼け止めの効果を持っています。

実際に下地美人で検証しているBBクリームの9割の商品には、パッケージに日焼け止めの効果を表す数値であるSPF値とPA値が記載されていました。

中には、日焼け止め効果の高い「SPF50」や「PA++++」と記載されているものも!

そこで気になるのは、BBクリームだけで日焼け止めと同じくらいの紫外線カット効果があるかどうか。

BBクリーム1本で日焼け止めも兼ねることができたら、時短メイクにもなるし、肌への負担も少なくなりますよね。

BBクリームを日焼け止め代わりに使うことはできるのか、調査してみました^^

BBクリームは日焼け止め代わりになる?効果はどれくらい?

BBクリーム1本で日焼け止めの代わりになるかどうか…
下地美人の出した答えはYES!

BBクリームには化粧下地やファンデーションなどで、いろいろな成分や色素が配合されているので日焼け止めの効果が薄れるんじゃないか…と思ってしまいますよね。

現在、日本で販売されている日焼け止めで最も日焼け防止効果が高いのが「SPF50+」と「PA++++」。

BBクリームでも、この表記がされていれば、日焼け止めの同じ数値のものと同じ効果を得ることができるんですよ^^

そのため、基本的には日焼け止め効果のあるBBクリームを塗っておけば、日焼け止め代わりに使うことはできます。

日焼け止め代わりになるおすすめのBBクリームを紹介

セパルフェ ザ ブライトアップ BBクリーム

  • 価格(税込)2,808円(税込、送料別途500円)
  • 容量30g
  • SPF・PASPF50+ PA+++
  • カラー展開ナチュラル オークル

BBクリームを日焼け止め代わりに使いたいという人におすすめの1本がセパルフェのBBクリーム!

セパルフェのBBクリームはSPF50+、PA+++と紫外線防止の数値はBBクリームの中でも高めの設定。

そうであるにもかかわらず、紫外線吸収剤を使用していないノンケミカル処方!

紫外線吸収剤は紫外線を防ぐ力は強いのですが、紫外線を吸収したときに化学反応を起こすので、人によってはそれが刺激となって肌荒れを起こしてしまうんですね。

日焼け止めによってトラブルを起こしてしまうといった肌悩みを抱える女性も多いんです…。

セパルフェはその心配がなく、紫外線対策する効果は高いながらも、素肌に優しいBBクリーム^^

カバー力が高く、色づきも良いので、ファンデーション代わりでもかなりおすすめできるBBクリームなのですが、日焼け止め代わりに探しているという人にはさらにおすすめできます!

トーンアップ効果もあるので、日焼けで焼けてしまった肌も明るく見せることができて人気なんです♪

美容液成分配合で日焼け後のスキンケア効果もあり、シミやそばかすを防いでくれるのも魅力ですよ。

BBクリームと日焼け止めは併用すると効果アップ

通勤や、洗濯物を干すときなど、日常生活においては、BBクリームだけでも十分日焼けを防止することは可能です。

しかし!海やプール、野外フェスで長時間日光にさらされるという場合は、日焼け止めを併用するのがおすすめ!

BBクリームと日焼け止めを併用することでさらに日焼け防止の効果を高めることができるんです。

特にSPF30程度のBBクリームしか持っていないという人は、SPF値やPA値の高い日焼け止めも合わせて持っておくと良いですね。

BBクリーム(SPF50)と日焼け止め(SPF50)両方合わせてSPF100になる…ということはありませんが、併用することでBBクリーム単体よりも効果が上がるのは間違いありません。

 

ここで気をつけたいのが、BBクリームと日焼け止めを併用することによる肌への負担。

BBクリームや日焼け止めにかかわらず、SPF値・PA値は高ければ高いほど日焼け防止の効果が高いです。

しかし、その分肌への負担が大きくなるので注意しましょう。

敏感肌の人ですと、肌荒れを引き起こしたり、肌が乾燥してカサカサになってしまいます。

日焼け止め単体でも肌がかゆくなったり、カサカサになってしまった経験がある人は、併用にあたって肌への負担を十分考慮して商品を選ばなければいけません。

BBクリームと日焼け止めどっちを先に塗るのが正解?

BBクリームと日焼け止めを併用するときは、次の順番で塗りましょう。

 

日焼け止め→BBクリーム

日焼け止めをBBクリームの前に塗ることで、顔全体にまんべんなく伸ばすことができ、しっかりと日焼け対策ができるんです!

実際にどちらの順番も試してみると、仕上がりに大きな差が出ました。

BBクリームを先に塗ってしまうと、せっかく綺麗に塗ったBBクリームが浮いてしまい、色ムラができてしまいました…。

やはり、BBクリームと日焼け止めを併用するときは、日焼け止めから塗ってあげるのが綺麗に仕上げることができる方法ですね!

ちなみに、この検証では先ほどおすすめしたセパルフェを使っているのですが、日焼け止めを塗った後でも厚塗り感のない自然な肌を作ることができました。

日焼け止めを塗った後のムラが気になっていた人や、重ね塗りしてもナチュラルメイクにしたい人には、セパルフェはぜひおすすめしたいBBクリームですね^^

日焼け止めはいわばスキンケア化粧品の一種。

洗顔後、化粧水・美容液・乳液・クリームで肌のコンディションを整えたあと、仕上げの日焼け止めで外の刺激から肌を守ってあげるものだということを覚えておいてください^^

BBクリームと日焼け止めに関する疑問解決Q&A

BBクリームは日焼け止めの機能も持ち合わせるアイテムなので、使い方で迷っている人がたくさんいらっしゃいました。

その中でも多かった疑問にお答えしていきます^^

BBクリームと日焼け止めは混ぜても良いの?

混ぜるなら重ね塗りする方が良い!

BBクリームと日焼け止めを混ぜたら、日焼け防止効果が高くなるのでは?そんな質問をよく見かけました。

下地美人の見解としては、BBクリームと日焼け止めを混ぜるのであれば、重ね塗りする方が良いとの結論です。

BBクリームと日焼け止め、もともと混ぜることを目的として作られたものではないので、商品によっては混ぜたあと分離してしまう可能性があります。

実際に下地美人スタッフが混ぜてみても、うまく混ざらず微妙な感じに…。顔に伸ばしてもヨレてしまいました。

透明感とは程遠い仕上がりになってしまい、下地美人としてはBBクリームと日焼け止めを混ぜるのはおすすめできません。

BBクリームの上から日焼け止めを綺麗に塗り直しする方法は?

UVカット効果があるパウダーを使うのがおすすめ

BBクリーム、日焼け止めを塗る順番とも関係してきますが、BBクリームとメイクを施した顔の上からさらに日焼け止めを重ねるのは、色ムラや化粧崩れを起こしてしまうので、あまりおすすめできません。

日焼け止めは何回も塗り直すのが鉄板ですが、BBクリームの上から何度も重ね塗りすると毛穴づまりを起こしてしまうことも。

日焼け止めを塗り直したいのであれば、顔の上からでも吹きかけられる日焼け止めミストを使いましょう。メイク崩れを防ぐことができます。

綺麗な仕上がりを求めるのであれば、UVカット効果のあるフェイスパウダーを軽く顔にのせてあげると自然なツヤ肌を作ることができます。