下地美人TOP > BBクリーム > BBクリームとファンデーションの違いを徹底比較!併用のコツも紹介

BBクリームとファンデーションの違いを徹底比較!併用のコツも紹介

2018.10.18

ベースメイクのアイテムといえばファンデーションが主流でしたが、最近ではBBクリームを使う女性も増えてきました。

下地美人スタッフのベースメイク事情をアンケートしたところ、なんと8割のスタッフがBBクリーム派!

TwitterやInstagramを見ても、特に若い女性はファンデよりBBクリームの支持率が高いんですよね。

ただBBクリームが人気なのは「手軽だから」「時短になるから」という理由がほとんど。

BBクリームとファンデーションの違いがわからないまま、なんとなくベースメイクアイテムを決めている女性って多いみたいです。

またBBクリームとファンデーションの役割や使い方がわからないという人も。

BBクリームとファンデーション、違いを理解して自分に合った商品を見つけることで、もっと自然なベースメイクが作れるはず。

BBクリームとファンデーション、どっちが良いのか悩んでいる、より美肌に見せる使い方が知りたい、そんな人に向けて、それぞれの違いと使い方のコツをまとめてみました。

BBクリームとファンデーションの違いを徹底比較

BBクリームとファンデーションの役割は次のとおり。

BBクリーム

ファンデーションの効果だけでなく、美容液や日焼け止め効果、化粧下地の役割も兼ねたオールインワンのベースメイクアイテム。

もともとは肌の炎症を抑える保護クリームとして開発されたもの。

最近ではBBパウダーといったタイプも販売されているが、基本はクリームタイプ。

ファンデーション

肌色補正のほか、シミそばかすなどのカバーを行うベースメイクアイテム。

肌に色を付けて綺麗に見せることが目的なので、色展開が多いのが特徴。

大きくわけて、パウダーとリキッドがある。

BBクリームとファンデーションは、もともとは開発された目的が違っていたんです。

抗炎症効果や保湿効果がある成分を含むものをBBクリームと呼んでいました。

現在はこういった成分が含まれていなくても、ツヤ感があってうるおい効果の高いクリームタイプのファンデーションをBBクリームと呼ぶことも多くなっているんですよね。

 

BBクリームとリキッドファンデーションの違いは?
BBクリームは1本ですべて完結できるアイテムなので、美容液や下地の効果を持っています。そのためBBクリームの方が美容成分が多く含まれていることが多いです。
リキッドファンデーションを使う際は、基本的には下地が必要になります。
ただ、最近では美容成分や下地効果のあるリキッドファンデーションも増えてきているので、BBクリームとの差はなくなっているといっても良いかもしれませんね。

BBクリームがファンデーションの分類に入るかと言われると微妙なライン…。

ただ、@コスメのリキッドファンデーションのランキングにBBクリームがランクインしていることを考えると、大きくわけたらファンデーションの分類に入ると言っても良いかもしれません。

BBクリーム、ファンデーションともに日焼け止め効果のあるUVカット機能を持ったものや、肌に優しいミネラル成分配合のものなど、いまでは垣根なく多種多様な商品が登場しているんです。

BBクリームとファンデーション
どっちが良い?項目別に比較

そこで出てくるのが「BBクリームとファンデーションどちらが良いの?」という疑問。

下地美人では、BBクリームとパウダーファンデーションを実際に使って、それぞれの特徴を比較してみました。

BBクリーム、ファンデーションはどちらもメリット・デメリットがあるので、一概にどちらが良いとはいえません。

人によっても合う合わないがありますし、好みもあるので、自分がなりたい肌と照らし合わせて見てみてくださいね。

メイクの崩れにくさや保湿力は、下地効果や美容液成分を兼ねているBBクリームの方が優勢。

実際に手に塗ってみても、BBクリームは肌がしっとりしているのに対し、下地+ファンデでは乾燥してガサガサに…。

手のシワが目立つ結果となってしまいました。

BBクリームは化粧下地や美容液を別で使う必要がないので、価格も抑えられてコスパも良いのがメリットですね。

なにより1本でベースメイクを完結できて時短メイクできるのがBBクリームの一番のウリ。

一方、ベースメイクに重要なカバー力はファンデーションの方が圧倒的でした。

画像を見ていただくと、下地+ファンデは浮き出た血管の色もしっかりカバーできているのがわかります。毛穴もしっかり隠すことができました。

BBクリームはカバー力というより透明感を出すのに優れているといえます。

またカラーバリエーションが豊富で、自分の肌の色に近い色を選べるところも、ファンデーションならではのメリットだといえます。

下地美人なりにBBクリームとファンデーション、それぞれおすすめできる人をまとめてみました。

BBクリーム

  • とにかく手軽にコスパよくベースメイクがしたい人
  • 乾燥肌の人、ベースメイクでカサカサになりがちな人
  • ナチュラルメイクが好きな人
  • ベースメイクをツヤ感のある仕上がりにしたい人

ファンデーション

  • 普段からしっかりめのメイクを行いたい人
  • シミやくすみ、毛穴などカバーしたい肌悩みがある人
  • ベースメイクをマットな仕上がりにしたい人

BBクリームとファンデーション両方はいらない?併用ってアリ?

BBクリームには下地とファンデーション機能があるので、基本的にはBBクリームとファンデーションの両方を使う必要はありません。

ただ、BBクリームだけではカバー力が物足りない、もう少しマットな仕上がりにしたいという場合は、BBクリームとファンデーションを併用するのもOK。

実際にBBクリームとファンデーションの併用で「肌悩みをカバーできる」「夕方になっても化粧崩れにくい」という声もあり、うまく両方を使いこなしている女性も多くいました。

BBクリームとファンデーションを
重ねるときの使い方のコツ

下地美人スタッフがBBクリームの上にファンデーションを重ねて、使い方のコツを探ってみました。

BBクリームとファンデーションの重ね付けは思ったよりも難しく、まだらな仕上がりになってしまいました。部分によっては厚塗りになってしまうところも。

濃い色のBBクリームと明るい色のファンデーションで、色の調整をすることはできましたが、練習しないと色ムラができてしまう可能性があります…。

BBクリームの上にファンデーションを使うときのポイントとしては、どちらも塗りすぎないこと!

BBクリームを塗りすぎると、肌質によってはファンデーションが浮いてカサカサの肌になってしまうので注意しましょう。

うまく肌なじみできていないと、メイク崩れの原因にもなります。

また、ナチュラルメイクがしたい!という人には、BBクリームとファンデーションの重ね付けはおすすめできません。

 

仕上がりをマットにしたい人には、BBクリームの上からフェイスパウダーをのせると、ファンデーションほど濃くなりすぎず、自然な仕上がりになるのでおすすめ!

BBクリームとファンデーション、違いを知って正しい使い分けを

BBクリームとファンデーションは、似ているようで、用途も特徴も違います。

理想の肌づくりのためには、両方の違いを理解して自分に合った方を使うことが大切です。

「普段、なんとなくファンデーションを使っているけど、BBクリームも気になる…」
「BBクリーム使ってるけど、カバー力があるものを探している」
そんな人に向けて、下地美人ではカバー力のあるBBクリームのおすすめランキングもご紹介しています。

この記事で、「おすすめのBBクリームを知りたい!」と思った人は、BBクリームのおすすめを厳選!年齢肌のカバー力が優れているのは?の記事も合わせてチェックしてみてください^^