下地美人TOP > オールインワンジェル > オーガニックのオールインワンを使ってみたい!おすすめ商品はどれ?

オーガニックのオールインワンを使ってみたい!おすすめ商品はどれ?

2019.07.19

肌に優しいと言われている商品の中に『オーガニック』のオールインワンがあります。

肌が弱い人もそうでない人も、できる限り肌への刺激が少ないオールインワンを使いたいところ。

今回は、オーガニックのオールインワンを選ぶときのポイントやおすすめ商品、使用時の注意点を説明します。

オーガニックの商品は、スキンケア用品だけでなくコスメや食料品にもあるのですが、一体どういう商品のことを『オーガニック』と呼ぶのか気になるところ。

肌に弱い人が使用するオールインワンに敏感肌用がありますが、どちらが良いのか迷っている人に向けて、オーガニックと敏感肌用の違いについてもお話していきます。

オーガニックのオールインワンを買うならコレがおすすめ!

「オーガニックのオールインワンが欲しいけど、どれがいいか分からない」という人のために、おすすめのオーガニックオールインワンをご紹介していきます!

リペアジェル

  • 価格8,640円(税込)初回限定 2,138円(税込)
  • 内容量8ml(約15~20日分)

リペアジェルは美容液タイプのオールインワンで、無農薬栽培米を使用していて、植物由来成分は100%配合されています。

さらに美容成分も100%配合。肌に優しく、たっぷり入った美容成分が健やかな肌に導いてくれます!

『乾燥小じわ』『くすみ』『ハリ不足』の3つの悩みに積極的にアプローチしてくれるのが特徴。

超微粒子成分が、肌のすみずみまで働きかけて肌トラブルの改善をサポートしてくれます。

クオン ビューティアクチュアライザー

  • 価格4,104円(税込)
  • 内容量50ml

クオンのビューティアクチュアライザーは、自然農栽培の『大和茶』を使ったオールインワンです。

肌馴染みがよく、化粧水、乳液、美容液の3つの役割を果たしてくれます!

日本人が好むお茶を使ったオールインワンなら、より肌に優しい感じがしますよね。

メラニン色素の生成を抑える茶葉の部分だけでなく、ハリと潤いをアップさせる茶実、そして酸化から肌を守る茶花を使っています。

お茶のいいところをふんだんに使ったオールインワンなら、長年抱えていた肌の悩みも改善できそうです!

ミックウエルヴァ
ハニービー&オーガニック ゲルクリーム

  • 価格1,080円(税込)
  • 内容量30g(約14日分)

ミックウエルヴァハのニービー&オーガニックゲルクリームは、ミツバチ由来成分とオーガニック植物エキスが配合されています。

オーガニック植物だけでなく、アンチエイジングのサポートをしてくれるはちみつも入っているんですね。

化粧水・クリーム・美容液・パックの4つの役割があり、普段のケアとスペシャルなパックケアが一度で済みます。

合成香料、合成着色料、鉱物油、パラベンが無添加のため、添加物が気になる人でも安心して使えますね。

オーガニックのオールインワンは敏感肌用とどう違う?

『オーガニックのオールインワン』というと、肌に優しいイメージを持ちますよね。
しかし、敏感肌用のオールインワンも肌への刺激が少ないので、「一体何が違うの?」と疑問に思っている人もいるはずです。

まずはオーガニックの定義と、敏感肌用との違いから説明していきます!

オーガニックってどういうもの?

オーガニックは食品でも使われる言葉ですが、今回はスキンケア用品とコスメでの定義を説明しますね。

オーガニック化粧品とは、植物由来の成分を多く使っていて、有機栽培されて植物から取れるエキスを使っているものを差します。

よく似たものに『自然派化粧品』がありますが、自然派化粧品も成分の多くが植物由来です。しかし自然派化粧品の場合、使われている植物は有機栽培されているわけではありません。

ただし、現在の日本にはオーガニックに対して明確な定義がないんです。そのため、有機栽培の植物が少しでも使われていれば『オーガニック化粧品』と呼べてしまうんですね。

とはいえ、自然派化粧品だったとしても、化学成分が多い化粧品よりは刺激が少ないので、肌に優しい商品だと言えます。

オーガニックと敏感肌用のオールインワンの違いって?

敏感肌用のオールインワンも肌への刺激が少ない化粧品ですが、こちらも明確な定義はありません。

そのため、どんなものを敏感肌用と呼ぶかは、化粧品メーカーごとに違っているんです。

つまり、自然派化粧品でも敏感肌用と呼ぶ場合もありますし、添加物が入っていない『無添加化粧品』を敏感肌用オールインワンと呼ぶこともあるということ。

敏感肌用の化粧品を購入するときは、

  • どんな成分が入っているのか
  • なぜ敏感肌用なのか

を細かくチェックするのがおすすめです。

それをもとに、オーガニック化粧品が魅力的なのか、それとも敏感肌用化粧品なのかを判断しましょう!

オーガニックのオールインワンはどんな人におすすめ?

オーガニック化粧品は有機栽培された植物からエキスを取っていることが特徴です。

そのため、

  • 有機栽培された植物のエキスがいい
  • 「肌に優しい」と言われる化粧品で合うものがない

という人におすすめ。

敏感肌用の化粧品や無添加の化粧品でも、肌に合わない場合もあります。

そのため、これまでなかなか自分にぴったりな化粧品が見つからなかった人は、一度オーガニックの化粧品をお試ししてみるのアリです!

オーガニックのオールインワンを選ぶときのポイント

先ほど説明したとおり、オーガニックの定義は少し曖昧なところもあるんです。自分の希望どおりのオーガニックオールインワンを購入するには、『選び方のポイント』を知っておきましょう。

肌質に合っている商品を探す

オールインワンは商品によって、どんな肌質に向いているかが違います。肌質に合っていないと、肌への刺激が少なくても肌トラブルが起きる可能性も…。

そのため、

  • 乾燥肌→保湿効果と油分・水分のバランスを整えてくれるもの
  • 混合肌→保湿タイプとさっぱりタイプを使い分ける
  • 脂性肌→使い心地がさっぱりしたもの

という基準で商品を探してみましょう!

植物の成分ができるだけ多めに入っているものを選ぶ

先ほど説明したとおり、有機栽培された植物のエキスが『少し』でも入っていれば、オーガニックのオールインワンと呼べます。

そのため、「オーガニックって書いてあるからこれでOK!」と思わず、植物エキスがどれくらい入っているかを必ずチェックしましょう。

植物成分が何種類入っているか、割合は全体の何%なのかをチェックして、オーガニック成分が多いものを選ぶとより肌にいいオールインワンを選べますよ。

point

海外のものなら『オーガニック認証マーク』があるかも忘れずに!

海外には『オーガニック認証』というものがあります。

つまり、一定の基準を満たした商品には、オーガニック認証のマークがついているということ。

そのため、海外のオールインワンを購入するときは、このマークがあるものを選ぶと本物のオーガニック商品を購入できます!

オーガニックと書いてあるのに認証マークがない商品は、オーガニックではない可能性もあるので注意しましょう。

オーガニックのオールインワンを使うときの注意点は?

オーガニックのオールインワンでしっかり効果を得るために、使い方の注意点を知っておくのも忘れてはいけないポイント。

しっかり頭に入れて、オールインワンの効果を最大限に引き出しましょう!

オーガニックで肌に優しい=誰でも使えるわけではない

オーガニックは有機栽培された植物エキスを使っているので、肌への刺激が抑えられていることは確かです。

でもだからと言って、どんな人でも問題なく使えるというわけではないんですね…。

オーガニックかどうかにかかわらず、どんな化粧品でも肌質によっては合わないことも考えられます。

いきなり顔全体に使うのではなく、まずは腕などで試して、肌に異常が出ないか確認してからにしましょう。

海外製のものはレビューをしっかりチェック

海外製のオーガニックオールインワンは、日本人の肌に向いていない場合もあるんです。

海外で作られているので、アレルギーテストなども海外の方の肌で試しています。

そのため、日本人の肌質でも合うのかどうか、口コミやレビューでチェックしておくのがおすすめです!

日本で購入できる商品なら「全然合わない」という可能性は低いですが、実際に使ってみないと分からない部分もあります。

そんなときは口コミとレビューが参考になるので、念のためいくつか見てから購入しましょう!

使用量の目安はしっかり守って

「肌に優しいからたっぷり使っちゃえ!」と言って、オーガニックのオールインワンを目安量よりも多く使う人もいます。

でも、目安の量より多く使ったからと言って、効果が倍増するわけではないんです。

むしろつけすぎてベタつくことで、毛穴にジェルが詰まったりする可能性もあるので、肌トラブルが起きるかもしれません!

肌質によって多少は量を調節する必要がありますが、塗りすぎてしまわないよう注意してくださいね。

保湿力が足りないなと感じたら他のアイテムもプラス

オールインワンの種類によって、美容液の役割もあるのか、それともパックの役割まであるのかが違います。

どの役割を果たすかで保湿力も違うので、商品によっては「保湿力が足りないかも?」と感じる場合もあるでしょう。

そんなときは美容液や乳液、クリームなどをプラスするのがおすすめ!
ただしその場合、できれば追加するアイテムもオーガニック化粧品を選びましょう。

ここで肌への刺激が強い化粧品を使ってしまうと、オールインワンに入っているオーガニック効果が半減してしまいます。

オーガニックのオールインワンで肌に優しいケアをしよう

オーガニックのオールインワンは肌に優しいケア用品のため、敏感肌の人やナチュラルな素材を好む人に愛用されています。

肌は毎日紫外線やメイクなどで刺激を受けているので、ケア用品での刺激も抑えると、ずっと悩んでいた肌トラブルも緩和するかもしれません!

オーガニックのオールインワンを使って、肌に優しいケアに心がけましょう。

こんな記事も読まれています