”魅せる”透明肌 CC Cream Ranking

自分史上最高の
美ツヤ肌を手に入れろ!

おすすめの
CCクリームランキング

簡単!5分で女優肌を作る
カギはCCクリーム

肌悩みは隠しつつ「きちんとメイク」を目指したい! けど時間をかけたくないし、厚塗り感が出ると可愛くない!

毎日のメイクに満足していない人におすすめなのが、CCクリームです。

今のCCクリームはすっぴん風のナチュラルメイクはもちろん、実はオフィスメイクのきちんと感や、結婚式のお呼ばれにだって使える優秀アイテムが出ています。

CCクリームは化粧下地の中でもテクスチャがなめらかで、するっと伸びるので塗りやすいのが特徴。つまり短時間でメイクが完了できるから、毎朝のメイクには是非取り入れたい、有能アイテムなんです。

CCクリームは
下地、UVケア、ファンデ
すべて1本で完了!

1日の始まりを決めるメイク。
「面倒くさいなぁ」から
「楽しいな!」に変えましょう!

時間の無い女性の朝。髪も服も決めないといけないのに、急いでメイクするのは意外と大変。「ただでさえうまくメイクできないし、どうせすぐ崩れちゃうし…」と、お化粧すること自体無駄だと感じたり、「メイクが無かったら楽なのに!」と時間が無くてイライラする朝、ありませんか。

そこで取り入れたいのがCCクリーム。

CCクリームを使えば、3つのメイク工程を1度で終わらせられるので、メイク時間が格段に短縮できます。

それどころか、クリームや日焼け止めなどを上に塗り重ねる必要がないので、化粧崩れしにくい肌に仕上げることも可能!

CCクリームで毎朝のメイク時間を楽しいものに変えてみませんか?

CCクリームだから
崩れないメイクが作れる

化粧崩れのポイントは
肌の保湿と重ねすぎないこと

CCクリームはもちろん、ベースメイクを塗る前に絶対に行ってほしいのは保湿です。

整った肌というのは、でこぼこが無くなめらかで、ベースメイクが密着しやすい状態です。なので、保湿は化粧ノリを良くするだけでなく、崩れを防いでくれるというワケ。

例えばファンデーションを使う場合、必須の日焼け止めと、肌をより綺麗に見せるための化粧下地を塗りますよね。

しかし、ここに落とし穴が。

実は化粧下地をうまく使えないと、本来はファンデーションを密着させるはずが、化粧を浮かして落としやすくしてしまうのです。

一方、CCクリームは保湿のあとほぼ1本でベースメイクが完了するので、下地や日焼け止め、ファンデーションを重ね塗りで失敗しにくくなります。
また、塗り重ねるものが最低限なので、お化粧が肌に密着しやすくなります。

事実、下地などを使わずCCクリームだけで仕上げた方が簡単で崩れなかった!という意見がも多いのです。

大人女子の希望を叶える
CCクリームの選び
3つのポイント

CCクリームなら、どれでもオフィスメイクにもカジュアルメイクにも使える万能な商品か、と聞かれると残念ながら違います。
オンオフどちらにでも使えるCCクリームを選ぶ上で、押さえておきたいポイントをピックアップしてみました!

肌をきれいに見せたい!
だけど塗りすぎもイヤ!

大人女子の肌の本音。シミやニキビ、
赤みを
自然に隠せるカバー力が欲しい!

ベースメイクで重視したいのは、なんといってもカバー力。全く塗ってない程に薄付き、なんて大人女子としてはNG。

本当に万能なCCクリームを塗ると、光の力で肌を美しく見せてくれます。ですからカバー力をある程度そなえていても、厚塗りには見えません。マットで塗った感がでるBBクリームとは違い、透明感やツヤ感も出せるんです。

つまり、メイクをしているのに素肌が美しいんだろうな、と思わせるカバー力を持ったCCクリームがベストです。

重い&息苦しいメイクは脱ぎ捨てる!
ナチュラル肌が今どき女子

「すっぴんもきれいだろうな」と
思せたいなら
脱!厚塗りメイクを目指すべき

綺麗になるために、嫌々メイクを塗り重ねるなんてナンセンス!ナチュラルでいていい!

今のメイクには自然な美しさが求められています。

BBクリームやファンデーションは肌表面に色がしっかりと付きます。だからこそカバー力が高いと評価されるのですが、使用感はどうしても重たくなってしまうのです。

一方、CCクリームは美容液成分が豊富でスキンケアに近いので、肌も呼吸がしやすく、見た目も付け心地も軽いんです!

肌にも自分にも無理をさせないメイクが、CCクリームなら簡単に出来上がります。

シミは一生欲しくない
5年後も綺麗でいたい人が
選ぶCCクリームとは

ポイントはUVと美容成分!
肌ケアを考えたCCクリームは肌への
投資です。

なんとなく肌に優しそうだから、という理由でCCクリームを選ぶ女性が増えています。

肌に優しい成分を選ぶ理由は、肌荒れを起こしたくないから、これから将来も美しい肌で居たいからでしょう。

3年後、5年後に美肌で居たいのなら、CCクリームはきちんと美肌機能を持ったものを選びたいです。

・シミの原因、紫外線から肌を守る
・塗っている間も肌の乾燥を抑える

つまり、できるだけ適切なUVカット率で、肌負担の少ないCCクリームがおすすめです。

普段使いならSPF30、PA++程度が目安。肌への負担をなるべく減らし、日常の紫外線はカットするのにちょうど良いですね。

乾燥を抑える美容成分については、人によって求めるものが違いますが、アンチエイジング成分配合はおすすめ!
入っていて絶対に損はないです。

決定版!CCクリーム
おすすめランキング!

カバー力があって、ナチュラルな付け心地、美肌効果もあって、UVカットもきつすぎない。そんな理想に近いCCクリームのランキングを紹介します!

老化予防できる!肌を錆つかせない!
LAUDi(ラウディ)
BB&CCクリーム

ひと塗りで分かる、まるでデパートコスメみたいなカバー力!驚きのコスパがうれしいCCクリーム

  • カバー力   
  • のびの良さ  
  • 美容成分   

カバー力と素肌感両方手に入る!
長時間メイク崩れの心配なしのラウディ

化粧品のテレビCMなどでおなじみのヒト型セラミドとヒト型コラーゲンを配合しているのが、ラウディ。

セラミドとコラーゲンは保水力、浸透力が高いことが特徴。さらにもともと体内にある形に近いヒト型にしたことで、肌刺激は最小限、抜群の保湿力を実現します。

肌の水分量が上がれば肌に透明感が出ますし、水分を保持した肌はファンデーションが均一に付きますから、なめらかでムラのない肌に仕上がるという嬉しい効果も。

ラウディ自体が肌にしっかり密着しますから、長時間化粧崩れにくくなります。

また、ラウディは無酸化発想のコスメ。
酸化した化粧品が肌へ触れないように作られていますので、長時間の化粧が原因で肌荒れしたくない人にはおすすめです。

もちろん、SPF35、PA+++だから、紫外線もカット!普段使いにはちょうど良いSPFも良いですね。

デパートコスメのCCクリームに負けないクオリティでこの値段は素晴らしい!
と思ったので文句なしの1位です!!

  • SPF35
    PA+++
  • 初回
    20%OFF!
  • いつでも
    解約可能

ラウディのおすすめポイント

  • ナチュラル美肌がつくれるのにカバー力抜群!
  • 肌老化を防ぐから、10年先も美しい肌に!
  • 手頃な価格で試しやすい!

とろりと柔らかいテクスチャ
LANAREY(ラナレイ)
CCクリーム

ヨレが気になる人に伸びの良さで選ぶならラナレイ

  • カバー力   
  • のびの良さ  
  • 美容成分   

塗りムラでイライラしない!
楽チンな付け心地と崩れなさを両立

ラナレイは少しの傾斜でも流れる位の柔らかいテクスチャ。塗りやすいのはもちろんフィット感があり、崩れないのが魅力のCCクリームです。

柔らかいテクスチャで、するする伸びる付け心地が好きな人にはラナレイがおすすめ!

ただしカバー力ではラウディに軍配があがります。実際、頬にあるシミが隠れなかったので、コンシーラーを合わせて使った方が良いですね。

SPF50+、PA++++でUVケアは強め。夏のレジャーでは活躍してくれそうです!

ラウディをほどのカバー力、コスパの良さを感じられなかったので3位ですが、十分優秀なCCクリームです!

  • SPF35
    PA+++
  • 初回
    *15%OFF!
  • いつでも
    解約可能

*CCクリーム+パウダーのセット

ラナレイのおすすめポイント

  • 伸びの良いテクスチャで、軽くてよれない
  • 長時間崩れない独自のオイルセパレート技術
  • ナチュラルな仕上がり+くすみも目立たない

フェイスパウダーも兼ねる?
maihada 澄肌
CCクリーム

簡単にベースが作れる澄肌。けど肌の凸凹カバーには弱い

  • カバー力   
  • のびの良さ  
  • 美容成分   

朝の時短メイク向きCCクリーム
フェイスパウダー必要なし
だけど オイリー肌だとテカるかも

濃いシミは難しいですが、ファンデーション代わりにもなる位のカバー力が嬉しいCCクリームです。

通常はCCクリームの上にパウダーが必要ですが、澄肌CCクリームはパウダーなしでベースメイクが完了。

べたつかず、サラサラが長続きするというのがセールスポイント。

ですが、実際はパウダーが欲しくなる印象でした。

乾燥肌の方は1本でいけるかもしれませんが、オイリー肌だとパウダー無しはだとテカるかもしれません。

ラノアは重いクリームという感じのテクスチャでしっかり付きます。

重めなので、あまり厚く塗ってしまうと毛穴に入り込んで凸凹が目立つので注意。

薄めに塗るのがおすすめです。

  • SPF50
    PA+++
  • 残念ながら
    割引なし
  • カバー力
    高め

澄肌のおすすめポイント

  • 重めのテクスチャで、カバー力高めを求める人におすすめ
  • 長塗りすぎると毛穴が目立つ恐れあり
  • 万人にパウダーが必要ないわけではないので注意

時短で羨望を感じる肌になる
ラウディBB&CCクリーム

肌に優しい、無添加は当たり前!
肌老化にまで着目したCCクリーム

ベースメイクを簡単に、しかも美しく仕上げられるのがラウディBB&CCクリームの魅力。

あの子、肌綺麗だな、と羨ましく思った経験はありませんか?
ラウディでそんな肌に自分がなれるとしたらどうでしょう?

ラウディは薄付きなのに、色ムラを目立たなく、なめらか肌にしれくれるCCクリーム。
まさに、羨ましいと思ったなめらかで、透明感のある肌が、手に入ります。

デパートコスメに匹敵する仕上がりには本当に感動します。

そして驚くべきはその価格。
初回定期コースは2,000円以下です。
そして注目したい無酸化発想。

酸化した化粧品が肌に直接触れない設計なので、肌荒れしにくいのもポイントです。
肌の刺激を最小限に抑えながら紫外線を防ぐことで、将来できてしまうシミを予防してくれます。

紫外線吸収剤や、鉱物油も無添加で肌に優しい設計。パラベンも無添加だから、パラベンアレルギーの人でも使えます!

1度試す価値のあるベースメイクです。

ラウディ公式ページへ

世代別おすすめCCクリーム!

どの年代にも合う優秀コスメ!ラウディ

20

すっぴんに見えるようなメイクが流行りの20代。
まだまだ肌自体が綺麗な時期だけど、ニキビができやすいから、隠したいというニーズも。
カバー力のあるラウディがおすすめだが、ニキビが気になる、さらっと仕上げたいというなら、つむぎも使いやすい。

30

年齢に見合った美しさ、ナチュラルさを求める30代。
徐々に乾燥やシミなどが気になり始める傾向あり。メイク自体はツヤ感を追及するのがおすすめ。
カバー力がすぐれたラウディや、瑞々しさが手に入るラナレイが人気。

40

いつもするメイクが決まっている、何年も前から同じという人が多いのが40代。
ファンデーションをしっかり塗り肌ムラを隠す傾向あり。
塗りすぎない今時メイクを目指すなら、ラウディや澄肌が使いやすい。上からファンデーションを重ねるならラノアもあり。ただし塗りすぎに注意!

CCクリームメイク
Q&A

CCクリームについてのよくある質問を
まとめました。

CCクリームで肌を明るく見せるポイントを教えて

自分の肌にあったCCクリームを選ぶことが一番ですね。

一般的にですが、ピンク系の色合いのものを使用すると、肌が明るくみえる、とは言いますが、ピンク系を選んでもくすんで見えてしまう人もいます。

もうこれは、肌の色との相性という他ないです。
ただ、CCクリームに関してはファンデーション程、肌色がおかしくなるようなことはないので、初心者にも選びやすいとは思います。

あち手持ちのメイク道具を使うのなら、おすすめは、元の肌を整えておくこと。
透明感があり、整った素肌は、ベースメイクを重ねた時、明るく綺麗に見えます。

肌を整えておくには毎日のケアが重要ですが、明日の朝綺麗に見せたい場合、すぐにできるメイク法があります。

朝、したたる位の化粧水を3度くらいに分け、じっくりと抑え込むように肌になじませます。
そのあと、さらにジェルを肌にしっかりとなじませ、上からクリーム。
その後10分ほど時間を置いてから化粧をすると、とても化粧ノリが良く、肌が明るく見えます。

良かったら一度試してみてくださいね!

CCクリームだけでメイクを終わらせてもいい?

例えばCCクリームを日焼け止め代わりに使いたい!というのであれば、できるだけ薄付きのものを、基礎化粧の後に塗っておしまいもOKです。

この時カバー力のあるものを塗ってしまうと、お化粧していないことが不自然になってしまうので、できるだけナチュラルに仕上げるのがおすすめです。

まぁ、アイブロウくらいは使ってもいいかもしれませんね。

CCクリームが乾燥する。どうやって使ったら乾燥しない?

ベースの肌をしっかり保湿してみましょう。それでもダメなら潔く買い替えをおすすめします。

状況によりますが、CCクリームに美容液成分が入っているから、といって、塗る前の保湿をさぼってはいませんか?

普段の保湿もどうでしょう?
肌がそもそも乾燥していれば、もちろんそれだけ乾燥しやすくなります。

もちろん、普段保湿をしっかりしているのに、乾燥を感じる人もいるかもしれません。
その場合は、CCクリーム自体がさらっと仕上がるものかのかも。
ちょっとだけ確認してみてください。
肌に合わなければ買い替えするのも手です。

現在使っているCCクリームが乾燥するけれど、どうにか使い切りたいという人は、しっかり肌の保湿を行ってから、CCクリームを塗るようにしてください。

CCクリームは洗顔だけで落ちる?

洗顔だけで落とせるものもありますし、逆にウォータープルーフなどで、洗顔だけだと落ちないものもあります。

もし、洗顔だけで済ませたいなら、洗顔だけでOKと書かれているCCクリームを選びましょう。

私自身は、お化粧したらどんなに洗顔だけで大丈夫、と書いていてもメイク落としを使います。
その方が肌荒れしないからです。

面倒で洗顔だけで終わらせると、次の日の朝、肌ががさがさになっていてコンディションが悪く、メイクノリもいまいちになってしまうので、必ず後悔します。

他の人がどうなのかは分かりませんが、やっぱりメイク落としは使った方がいいと思いますね。

CCクリームのありがちな
失敗&克服法!

ポイントを抑えたCCクリームの使い方

メイク悩みを聞くと、惜しい使い方をしている人が沢山います。

間違っていなくても、ちょっとした使い方のポイントを押さえることで解決できることもあるんです。

ズバリ失敗メイクになる理由3つ

  • point 1
  • どんなCCクリームを使っても、夕方には化粧が崩れる

お化粧が崩れやすくなってしまう原因は、まず水分が肌に足りないこと。

一番簡単な対策としては、お化粧前に、顔がひたひたになる位の化粧水を重ね付けすること。クリームや乳液も忘れずにお願いします。

その後は、手の甲の部分に出したCCクリームを指の腹になじませてから、薄く伸ばすように塗っていきます。この時、必ず少量から付けていくように心がけましょう。厚塗りは化粧崩れのものとです。

万一、皮脂などが原因で崩れてしまった時は、ティッシュオフしてから、プレストパウダーを軽く塗るだけでOK。化粧直しも簡単です!

  • point 2
  • メイクが厚塗りに見える!

鏡を少し遠めに置くだけで厚塗りを防げます。

CCクリームを使ったベースメイクは、鏡を少し遠めに置くだけで厚塗りを防げます。

シミをどうしても隠したい場合は、ピンポイントで軽くコンシーラーを使うか、CCクリームを重ね塗りしましょう。

コンシーラーを使う場合は、あまり塗りすぎると、浮いてしまうことがありますから、注意してください。

チークを使えば、シミはほとんど隠れますから、神経質にならなくてもOK!

  • point 3
  • CCクリームの色が自分の肌色に全く合わなかった

色の合わないCCクリームは無理に使わない。

明らかに肌色が合わない場合は、購入した商品が返品または交換が可能か調べてみましょう。

ラウディやつむぎは、公式ページからの購入のみ、返品保障があります。

もし交換不可能で、どうしても使い切りたい場合は、同メーカーの他の色と混ぜて使う、など工夫が必要になります。

色が合わないことが無いよう、事前にコスメカウンターやドラッグストアで試しておくのがおすすめ。
購入する色がオークル系なのか、ピンク系なのか、だけでも見極めておきましょう。

季節ごと、日焼けなどが原因で肌色は変わりますから、その都度合う色に合わせたいもの。
最低でも夏と冬に首をチェックして色を合わせましょう。

  • point 4
  • ムラになってしまう、毛穴が目立つ

CCクリームが固いくて合っていないのかも

CCクリームのテクスチャが固すぎませんか?
固いテクスチャのCCクリームだと、どうしても肌に付きづらくムラになりますし、毛穴の凸凹にたまりやすいので毛穴が目立ちます。

柔らかく、伸びの良いテクスチャを持つCCクリームに変えると、均一に塗りやすく、ムラや毛穴が目立ちにくくなります。

少量ずつ使うのもポイント。
いきなり多量に塗ってしまうと、余分なCCクリームが毛穴などの凸凹に入り込みやすいです。

塗りすぎてしまった場合は、スポンジで伸ばすと、ムラを直しやすいので、試してみて!

結論!
CCクリームにカバー力はマスト!

目指すは透き通るようなつや肌 みずみずしさを生むヒミツは美容成分!

CCクリームにカバー力があるのは当然。

・キレイって言われる美しい肌を作りたい!
・流行りの透明感のあるツヤ肌を作りたい

わがままを叶えるポイントは配合された美容成分の種類。

保水力の高い美容成分は、肌を乾燥させにくく潤いを保つので、ツヤ感アップにも通じます。だから水分や美容液成分を肌にしっかり与えることが大切です。

旬の白桃の皮をむくとみずみずしくて、つやっとしていて、果汁がしたたりおちそうですよね。

その桃を長期間放置すると、水分は抜け濁ってかさかさの状態になります。

子供の頃は、みずみずしくておいしそうな桃の状態です。ハリがあってみずみずしいですよね。

しかし年齢とともに、どんどん水分を保つ力が衰えるので、肌は濁ってかさかさの状態に近づいてしまいます。だから肌に水分を与え、潤いをキープすることが大切。

保湿をするとべたつくのでは?と不安を覚える人もいるでしょうが、美容液成分は水分がメインです。べたつきの原因は油分なので、水分メインならべたつきは少ないです。

また美容液成分は、肌荒れ対策やアンチエイジングなど様々な肌に対応できます。

・毛穴が目立つ
・ニキビやニキビ跡がある
・肌がかさかさでファンデーションが溜まった部分ができる

こんな肌荒れが気になる人は美容液成分に注目しましょう!

少し余談になってしまいますが、たまに芸能人が肌荒れしているのを見ると、私は気になってしまいます。雑誌で修正されていると肌もつやつやであんなに可愛いのに、と少し残念に思っちゃうんです。

逆にすごく肌が綺麗だと、本来の何倍も綺麗だと感じることも多くあります!

そう考えると肌ってすごく重要なポジションですよね。

メイクは毎日するもの。少しでも可愛くきれいに見せられるメイクをしたいです。

だから、カバー力があり、美容液成分が豊富なCCクリームがおすすめ。肌を美しく保ちながら、メイクが出来るから、簡単きれいが手に入ります。

ぜひ自分にピッタリのCCクリームを見つけてみてくださいね。わたしは今のところラウディが一押しです!